おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 09. 21

オキサリプラチンとタキソテール

『胃癌にオキサリプラチン(エルプラット)』
という記事を、最近あちこちのWebサイトで見かけるようになりました。


まさについ最近、2014年9月からオキサリプラチンが胃癌に対して保険適応された模様。

私がオキサリプラチンの事を主治医から聞いて、初めて知ったのは7月中旬。
そして先月の8月末、主治医から今後の治療方針の説明を受けた時に、オキサリプラチンの話をしたばかり。
何ともすごいタイミングです。

私がオキサリプラチンについてネットで調べていた時は7月。まだまだ使えるようになるのはさらに数年後とか、もっとずっと先かなぁ…、と、漠然と思っていました。

なので、まさかこんなに早く、しかも自分のIRIS療法中にオキサリプラチンが保険適応可能になって、治療薬のラインナップに出る事になるとは。ホントびっくりです。
グッジョブ医学会。ナイス胃癌学会。

そして、びっくりと共に嬉しいです。

何よりも嬉しい理由は…、タキソテール以外の治療の選択肢の幅が広がった事です。


抗癌剤・タキソテール、ドセタキセル。
http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00057463

私の治療方針ラインナップの最後に控えている、点滴注射の抗癌剤。

タキソテールは脱毛の副作用がトポテシン以上に高確率。確実に出ると思っています。
なので…、出来るなら、極力、使いたくない…。
現時点では、使いたくないと思っております。

とりあえず、今現在も、亜鉛不足というか栄養不足?で、毎日の洗髪で、そこそこ気になるレベルの脱毛があります。
そういう事もあってか、副作用の脱毛くらい…とか思う時もありますが…、正直、とても怖いです。

実際に副作用が出たその時にならないと分からないですが…、
ただでさえ骸骨の様なガリガリの今の自分の姿を鏡で見る度、うへぇと毎回嫌気が差すので、、、
髪形まで変化して、見た目が別人の様に変貌してしまう自分に、潔く諦めがつくのかどうか…。。。
一般的に、女子はバッサリいっても潔い、とか聞きますが、果たして自分もそうなのか…???
とりあえず、現時点では、今は…、想像するだけでゾッとします。
怖いです。

こんな心配、今からしてても意味などない事は分かってます。分かってますよ~(笑)。
命に関わる薬を使うんだから、副作用はある程度は許容すべき、というのも分かってます。てか、一応、私はそういうスタンスでケモ治療を受けています。…いるつもりです(笑)。こんな私でも(笑)(笑)。

でも、やっぱ怖いです。
色んな意味で、ホント、怖いです、タキソテール。

なので、タキソテールよりも先にオキサリプラチンが治療の選択肢になって、ホントに嬉しいのです。

オキサリプラチンはオキサリプラチンで、末梢神経障害の副作用とかが心配ですが…、もしかすると出ないかもしれないですし。

ちなみに私は今の所、TS-1の副作用は、吐き気、食欲不振、倦怠感、辺りで、幸い、他にある色素沈着、発疹、口内炎、などは出ていません。爪先とかもたまに二重爪になる程度で、形に変化があったりとか、真っ黒に変化とかないです。
副作用も個人差がありますからねぇ。かなりラッキーです、ホント。

なので…、
ホントはタキソテールの脱毛も個人差で心配する必要はないんですが(笑)。しかも今から!!(笑)(笑)まだ今はトポテシンやってんだから気が早過ぎるっつーの自分!ってね…。そもそもタキソテールも末梢神経障害の副作用あるし(笑)。脱毛ばっかり心配するものどうかという話で(笑)(笑)。


まぁ…、、、うん。。。

漠然とした不安は何時でもあるなぁ、というぼやきです(笑)。

失礼しましたm(_ _)m


しかし、やはり医学は日々進歩、ですなぁ、と。

主治医におんぶに抱っこは個人的に絶対嫌なので(笑)、キチンと自分でも勉強して、置いてかれんようにせねばなぁ~。
情報は武器だ~。切れ味悪くならないように、懐刀は錆びないよう常に研いでおかねば~。
そしてネットの海は潜り過ぎないようにせねば~。溺れたら海底から出て来れんくなるわ~。

たまには浮かんで、ゆっくり、深呼吸、深呼吸。
(_ _)スー \(-0-)/ハー

焦らんと、ボチボチいこま~。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。