おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 09. 06

親不知の虫歯治療、完了

今日、かかりつけの歯医者へ、例の左下親不知の虫歯治療に行って来ました。


えー、虫歯自体は、削ってセメント詰めて終了。
あっさり終わりました。…ちょびっと痛かったです(笑)。


それよりも、親不知について、歯医者の先生との話し合いの方が重要。

面倒なので(笑)個人的には早く抜きたい、と相談してみる。

先生の意見としては…
せっかく虫歯の治療をしたんだし、しばらくこのままで大丈夫。むしろ抜歯はすごく負担になるので、大丈夫なら急いで無理に抜かない方がいい、と。
胃がないならそんな食べれんでしょう?今すぐ抜かんでも…、と、体調も心配してくれました…。

で…、
抜く時には入院を絡めて抜歯の方がいいですか?とも尋ねる。
すると、私の親不知はまっすぐ生えてるので、抜歯自体は簡単に出来るからわざわざ入院で抜歯なんてしなくても大丈夫、との事。
その時はやってあげるよ、という、とても嬉しい事も言ってもらえました。
わ~やった~。先生にお願いできるのね~~(*^^*)


そんな訳で虫歯も治り、とりあえず親不知の件は終了。
どうにかなるまで、このままにしておく事になりました。

まぁいずれどうにかなって抜歯するにしても、かかりつけの歯医者で抜く事に決めましたよ~。
先生ありがとう~~やっぱり大好きっす(^O^)☆

面倒な話が片付いてスッキリ!
良かった良かった。


…まず、虫歯が進まないように、しっかり歯磨き、だな(笑)。
歯は大事、噛める喜びいつまでも、ってね。

歯を守りつつ、美味しく楽しく食べていきたいです。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。