おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 09. 02

今後の治療方針

8/29(金)の入院中、主治医から今後の治療方針について詳しい説明を受けました。


まず、点滴治療は今後も入院で。しばらくは、ほぼ2週間置きで治療入院です。

もうずっと入院でいいよね、と主治医はあっさり。まぁ…病棟だとみんなすっかり顔見知りで安心だし…私の想像だけど、入院なら主治医のタイミングでいつでも様子が見に来れていろいろちょうどいいのかな、と…。
入院の件は、しばらく深く考えないようにしますわ…。。。


今後の治療の話。

今使ってる点滴の抗癌剤、トポテシンは、実はあまり長期に使えない、との事。
検査の結果、私は下痢の副作用が出にくい体質だけど、出にくいとはいえ、トポテシンはかなり腸に負担を掛ける薬。長期間使うと負担が掛かり過ぎて、重篤な副作用…最悪、腹膜播種を引き起こしてしまう、と。なので、トポテシンはずっとは使えない、との事。
マジか…。
慣れてきたらもうずっとトポテシンなのかと思ってたけど…知らなかったわ。

で、トポテシンの次に使える薬はタキソテール、との事。
ここで思い出し…、例の大腸癌の薬・オキサリプラチンは使えないんですか、と尋ねる。すると、いや、使える、と主治医。おおっ?ついに保険適応されたか!
なので…
トポテシンの次はオキサリプラチンを使う事になりそうです。タキソテールはその後。

【1】シスプラチン

【2】トポテシン(←今ココ!)

【3】オキサリプラチン

【4】タキソテール

です。

薬の変更時にはCT検査などでキチンと判定。
もちろんその時の体調を考慮し、投薬量も判断。
TS-1も、体調を見てその都度判断、との事。


以上。
現時点で主治医が考える治療方針でした。


個人的には、オキサリプラチンにかなりの期待を寄せているので(笑)、使えるようになってめちゃめちゃ嬉しいです!
オキサリプラチンはシスプラチンと同じ白金系なので、副作用がどうなるかちょっと怖いですが…(-o-;)、ネットで調べたらシスプラチンと同様の効果があるっぽいし!
とにかく、治療の幅が広がって嬉しいです。

以下、オキサリプラチンに関して私が参考にしたwebサイトです。ご参考までにドウゾ~。

「SOX療法の有効証明で、広がる進行・再発胃がん治療の選択」
http://gansupport.jp/article/cancer/stomach/10682.html

「進行胃癌に対するファーストライン治療としてSOX療法はSP療法に対してOSの非劣性示す【胃癌学会2014】」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201403/535632.html

「Microsoft Word - 別添 [公知78]オキサリプラチン公知報告書(案)130411 - 0000044384.pdf」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000044384.pdf


でも、とりあえず今は、トポテシンで安定してくれるのが一番、かなぁ。
ご飯食べられる状態を維持するのが最優先だからねぇ。

…まぁ、治療に関してはまたその時に考える、ですかね。先の事考えても、結局は今をがんばるしかないのでね~。

でも治療方針をキチンと知る事ができて良かったです。時間を作ってくれてありがとう主治医~。感謝感謝。


てな訳で…

いつものように、焦らずボチボチ、で!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

先生と話し合えるって本当に素晴らしい事だと思います。
副作用もそこそこで、少しでも食べれてよかったですね!
まぁ、食欲はある様なので、もう少しって感じかしら?
でも、無理は禁物で、ゆるゆると!
ご自愛くださいw

ぼちぼち~

ぽいぽいさん、おはようございます~!

ホント、時間を作ってくれた主治医に感謝です。めちゃめちゃ忙しいのに(笑)。
完全なインフォームドコンセントは難しいですけど…(-.-;)それでも主治医から直接キチンと説明を聞く、という事は大事ですからねぇ。
今後も主治医とたくさん話して、意見や気持ちを知ってもらいたいです。
今回は吐き気止め対策の最強布陣がいい感じに効いております。吐き気がなければ結構食べられるので…ありがたいです。
今のうちにバリバリ食べま~す(^O^)

ご心配、いつもありがとうございます!ぼちぼち行きましょ~ね~o(^-^)o

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。