おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 09. 01

第5回ケモ入院

  
写真1枚目:今回服用のイメンドカプセル
写真2枚目:補液の点滴
写真3枚目:ステロイドのデカドロン5錠と制吐剤プリンペラン



先月8/27(水)~8/29(金)、IRIS療法2-1トポテシン点滴治療のため、2泊3日の入院をしてきました。


8/27(水)、入院1日目。

朝一番で旦那さんと病院に向かう。
今回の入院は欠食にしてもらい食事は全て持ち込みだったので、事前に用意した食べ物&飲み物で、いつも大荷物なのにさらに荷物が一杯でした(笑)。(ちなみに、たかだが2泊3日でも枕持参派です(笑)。快眠優先!)

診察前の血液検査。珍しくあまり混んでませんでした。例によって寝て採血してもらい…、無事終了。外科外来の待合いへ。
この日は病院の受付ロビーで、ヴァイオリンコンサートがありました。10時のおやつを食べつつ診察を待ちつつ、演奏会を楽しむ事ができました。
おやつを食べ終わり、外科外来へ移動する時、演奏会を観てる主治医発見(笑)。あれっ先生こんにちは、と声をかけると、そろそろ診察に呼ぼうかと思って探しに来たよ、と主治医。おやつ食べながらコンサート楽しんでたんですよ、と話すと…やっぱり食べられるのが一番だね、としみじみ。じゃあそろそろ呼ぶから、と、診察室に戻って行きました。

ちなみに、演奏会は最高でした!!
やっぱり生演奏は素敵だ~素晴らしい企画ですよコレ。次回も楽しみです♪♪


えー、診察。
今回、血液検査の結果がかなりギリギリラインとの事…。難しい表情でパソコンを見つつ…、ギリギリだけど…まぁやろうか、と、主治医。治療入院決定。
IRIS療法2コース目スタートです。

まず、今回使う薬の説明。

トポテシンは減量…と聞いてたけど、結局前回と同量で。

吐き気止めは、シスプラチンの時と同レベルの最強布陣を用意。
内訳は…
・点滴の制吐剤「カイトリル」を「アロキシ」に変更。
・飲み薬のステロイド「デカドロン」を追加。トポテシン投与翌日から、1回5錠を朝昼夕、5日間服薬。
・飲み薬「イメンド」を追加。点滴投与前に1錠服薬。翌日、翌々日の朝、それぞれ1錠服薬。
この3種類。
結局イメンドも使う事になりました。ホントに最強(笑)。ちょっとやり過ぎだけどね、と主治医も苦笑いする程の最強布陣。そこまで吐き気は酷くないはずだけど…とにかく今回は念には念を、という吐き気止め対策です。
とりあえず、イメンドが院内薬局から届き次第服薬し…イメンドが効き始める頃から抗癌剤を開始、との事。

あと、入院中の点滴補助の話。
使う点滴は「ビーフリード輸液 500ml」。これを入院中ずっと投与。
希望してた高カロリーの点滴じゃなくてごめんね、と主治医。ホントに食事が全然食べられない患者でないとそういう点滴は使えないから、との事。まぁ…一応私は自力で食べてるからなぁ~。
それでも入院中の安心材料が増えて良かったです。多少食べられなくても点滴あれば安心だわ~。

そういえばワイパックス(抗鬱剤)の事聞くの忘れてました…と控えめに尋ねる(笑)。すると、あれは事前に飲む薬で、当日飲んでも意味ないから…使うならまた次回かな、と主治医。ラッキー!と心の中で安堵(笑)。今回は使わない事になりました。
でも一応、前日寝不足だった事も伝える…。緊張してなかなか眠れなくて夜中の2時まで起きてました、と。すると…やっぱり次からはワイパックス使おうか、と主治医。。。うーん、どうなる事やら。( -_-)

で…何気なく相談した、親不知抜歯の件。入院中、院内歯科に受診というめんどくさい話になりました…。
えー親不知の話は、また別記事にて。
(別記事はこちらからドウゾ。「親不知その後」)

とりあえず診察終了。また後で様子を見に行くから、と主治医。

欠食なので病院内のカフェでお昼ご飯を済ませ…、入院手続きをし、病棟へ。

いつもの病棟、いつもの看護師さん達。すっかり顔馴染みです(笑)。入院は通算6回目だもんなぁ~…(-.-;)
病室に着き、既に届いているイメンドを早々に飲む。…このカプセル、喉に詰まりそうな程デカい(笑)。めちゃ飲みにくかったです…。

荷物を片付け、入院スタイルに着替え、点滴投与の準備。今回からCVポート使用です。
初・CVポートの使い心地は、せっかくなので別記事にて。
(別記事はこちらからドウゾ。「CVポートの使い心地」)

点滴はCVポートのお陰でスムーズに進みました。
生食~アロキシ~トポテシン~流す用の生食。
で、その後は輸液の点滴を入院中ひたすら投与。大体6時間1パックくらいで投与されたかな~。めちゃめちゃ助かりました。

トポテシンが終われば後は自由(笑)。
晩ご飯食べる頃、友人と旦那さんがお見舞いに来てくれました。おしゃべりしながら晩ご飯をつつく…半分ほど食べられました。
面会時間が終わり、2人を見送り…病室でおやつを食す(笑)。とにかくお腹が空くので、お菓子類も山ほど持ち込み…入院中もひたすら何か食べるようにしてました。

その後は病棟で知り合った患者さんと談話したりと、何となくダラダラ過ごす。

お腹が空いたので、寝る前にお菓子を食べる。23時。時間が遅いのでうるさくないよう談話室で歯を磨き、病室に戻る途中…様子を見に来たよ、と、主治医とばったり(笑)。こ、こんな時間にまだ病院いるのかよ~びっくりした(笑)。
今日もめちゃめちゃ忙しくて…なかなか様子見に来れなくてごめんね、と、かなりお疲れ気味の主治医(笑)。いやぁ、来てくれただけでも嬉しいですよ~。調子はどう?と聞かれるが…、正直明日からが勝負なので分からない、と伝える。ご飯は食べれてる?と、やっぱり食事の事を心配する主治医。晩ご飯がちょっと微妙だったけど、お腹は空くのでお菓子食べたりしてますよ、と言う私に、とにかく何でもいいからたくさん食べてね、と主治医。頑張って食べま~す。
明日は歯科もあるし、もう1日様子見だね、ゆっくりしてって、と、私の肩を叩きながら笑い…主治医は帰って行きました。

夜は入院のせいか、あんまり良く眠れませんでした~…。いかんいかん。


8/28(木)、入院2日目。

朝から微妙な調子。
寒かった?緊張した?寝不足?とにかくあまり食欲もなく…、ちょっとムカムカ感あり。いつものトポテシンの副作用の感じだと、翌日ではなく翌々日に最高潮なので、変な感じでした。
とりあえず、この日からデカドロンが服用開始なので、イメンド&TS-1と一緒に忘れず飲み…ベッドでしばらく休憩。

朝の回診で主治医。
調子はどう?朝ご飯食べた?と聞かれるが、うーんイマイチ…としか答えられない私。微妙な調子の私を見…、まぁ今日は歯科もあるし、退院じゃなくてもいいよね、ゆっくりしとって、と主治医。
入院続行決定っす~。

回診後も微妙で、ずっと寝てました…。
しばらく寝てると、院内歯科から診察の呼び出し。でも調子が微妙過ぎるし点滴もあるしで、移動は車椅子…。さらに歯科の待合いで吐き気が襲い、急遽プリンペラン(制吐剤)を病室から持って来てもらう羽目に(泣)。とにかくしんどかったです。。。
とりあえず歯科の診察は無事終了。病室に戻ってまたしばらく寝る…。

寝て起きると、プリンペランが効いたお陰か、ちょっと調子が戻り…、お腹が空く(笑)。せっかくなので院内のカフェまで出掛け、サンドイッチとアイス珈琲を楽しむ。…って、あんまり食べられなかったけど…f(-_-;)気分転換にもなったし、多少でも食べられたので満足でした。

病棟に戻り、同室の患者さんと談話。私より5歳下、かな。翌日手術だそうで…たくさん話をしました。いやぁ…ホントいろんな病気があるし、みんなそれぞれの苦労があるんだなぁ~…。大変なのは自分だけじゃない、と分かるだけでも勇気をもらえます。ありがとう。お互いお大事に…。

その後病棟内をブラブラ散歩してると、山ほど資料を抱えた主治医とばったり。歩き回ってる私を見、だいぶ調子良さそうだね、と嬉しそうな主治医。さっき下のカフェでサンドイッチかじって来ましたよ、と伝えると、食欲も戻ってきて良かった、いい感じだね、と微笑み…ちょっと今日もまだ忙しいから…ごめんね、と、足早に去って行きました。…相変わらず忙しいな主治医(笑)。お疲れさまですホント。

病室に戻り、晩ご飯までちょっと寝る。寝てると、仕事上がりの友人が来てくれ…さらに、また別の友人がお見舞いに来てくれました。その友人は、手術入院の時知り合った、私の命の恩人。いやホントに(笑)。普段は手紙のやり取りで交流してますが…突然のお見舞いにびっくり!でも久し振りに会えて嬉しかったです(*^o^*)♪
で、女子3人で何となくおしゃべり。めちゃ楽しかったですよ~。

晩ご飯、おやつ、寝る前のおやつを順調に済ませ…、就寝。そこそこ良く眠れました。


8/29(金)、入院3日目。

ステロイドが効いてるお陰か、吐き気は無し。すげえ。朝からなかなかいい感じでした。
でも調子良かったのに、朝ご飯食べたら激しいダンピングに襲われ…グッタリ。多分ダンピングだけど、念のため看護師さんにも報告。

そこそこ落ち着いた頃、朝の回診で主治医。
調子良さそうだから退院で大丈夫だね、と微笑む主治医。昨日はホント忙しくて…様子見に来れなくてごめんね、と言う主治医に、仕方ないですけど…せっかくの入院なのでもう少し先生とゆっくり話がしたかったです、と、正直な気持ちを伝える。それならもう1泊してく?今日は比較的時間ある方だし、と主治医(笑)。いやいや、今日帰りますよ…、でも、せっかく入院だし…例えば治療のもっと突っ込んだ話とかをゆっくり話したかったですね、と告げる。すると、急に目つきの変わる主治医。他の患者さんの手当てが終わったらすぐ戻って来るから、ちょっと待ってて、と、回診を急ぎに一旦去る。
…やはり「治療」の話が絡むと、医師としては見逃せないようです。ホント真面目だよなぁ主治医。

で、素早く戻って来た主治医から、今後の詳しい治療方針の説明を受けました。もう外来のタイムリミット、とか言いながら私に付き合ってくれました。有り難い。
これは長くなるので、別記事にて。
(別記事はこちらからドウゾ。「今後の治療方針」)

ゆっくり話が出来るように、次の外来はちょっと多めに時間取ろうか、と言い、主治医は帰って行きました。…ホント、いつも気にかけてもらえて嬉しいです。ありがとうございます。

請求書が出たけど、補液の点滴がなかなか終わらないので、終わるまで病棟でダラダラ。
点滴も無事終了し…着替えて片付けて、無事退院。また2週間後にお世話になります~、と病棟師長に伝え(笑)、病院を後にしました。


こんな感じでした。

今回は思ってた程吐き気がなく、意外にいい感じです。食事もそこそこ食べられてます。
最強布陣が効いてる…かな。特にデカドロン。

でもTS-1も微妙に効いて来てますね~。まぁダルいダルい。
とりあえず、水曜日朝までは服薬期間なので…あと数日耐えます(笑)。
早く終われー(ノ><)ノ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。