おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 08. 23

毎回ずっと、治療入院!?

だから語呂が良すぎるってば…(笑)。


えー、水曜日はいつもの診察日でした。

今回は診察前に、がん相談支援センターも行ってきました。
担当看護師さんとは初回トポテシン投与の時にケモ室で話をしたっきりで、その日にあった倒れた事件についてを話してなかったので…ずっと気になってました。でもあの後、ケモ室主任さんから事情を聞いてたらしく…、私の顔を見るなり、大変だったね、と、声をかけてくれ…思わず号泣してしまいました。。。たはー。
泣きながら先日の不安を語る私に…、初めてのケモ室だったし、薬が替わったりして不安や緊張が大きくなるのも当たり前だから、この前のような事があっても仕方がないから、と…。背中を擦りながらなだめてくれました。
それからケモ室主任さんが、何で治療薬変更の初回という大事なポイントで入院じゃなかったのか、もっと考えてやらないとダメじゃん!と、こっそり主治医のダメ出しをしてた内緒の話とかも教えてくれました(笑)。相変わらず男前だぜ主任さん…さっぱりした性格で大好きです(笑)。
(実は倒れた当日、主任さんは偶然救急外来で夜勤シフトというものすごいタイミングで、無事帰るまで小まめに私の様子を見ていてくれたのです。ホントにホントにお世話になりました。。。)

あと、外来ケモに関しては、診察時の点滴前の患者しか診てない医師と、ケモ室で常に点滴中の患者の様子を見てる看護師とでは、患者に対しての接し方、労り方が違うから、それも仕方がないんだけどね、と、微妙な事情も教えてくれました。確かにね~。医師と看護師、の他にも、ケモ室と病棟、とか、部署の違う看護師さんでも対応がかなり違うからなぁ…難しい所です。ケモ室看護師は、やっぱりケモのプロですわ。

次回の点滴もまた入院で、なかなか前に進めない気がする…、という話にも…せっかくポートを作ったんだから、入院中に高カロリーの点滴を入れてもらって栄養補給、という考え方もありだよ、と。吐き気で食事が食べられないのであれば、最初から高カロリーの点滴を使うよう、主治医に頼んでみるといいよ、と。無理して美味しくない病院食に付き合う必要はないから、と。な、なるほどね~。確かに前回とか、食べにくいザル蕎麦とか出てきて困ったしなぁ(笑)。

とにかく、ダメだったからまた入院、ではなく、入院中にたっぷり栄養補給してむしろ安心、と、入院を最大限に利用し、入院を前向きに考える、と。
はは~~…さすがプロ。ちょっと目からウロコでした。確かに、せっかくのポートを使わない手はないよな。そんな訳で、忘れないようにノートにメモり…入院中にずっと点滴入れてもらえるよう主治医に頼んでみる事にしました。

しかし…やっぱりがん相談支援センター専任の看護師さんは違いますね。別に主治医がどうこう、他の看護師さんがどうこう、ではないんですが…、いろんな癌患者、その家族の「本音」を聞きまくってきた経験の差、でしょうかね。いろんな治療法の事とかも詳しいし。話をしてても、いつも、いつでも助けられます。ありがとうございます。感謝感謝。


えー、診察。

私が外来最後の予約患者だったのですが、対面した主治医は何だかそわそわしてました。どうやら緊急オペが入ったっぽい???(笑)診察中何度もピッチが鳴ったり、O部長に伝えて、と看護師さんにいろいろ指示したりと、ずっと落ち着かずバタバタ(笑)。い、忙しいなぁ先生(笑)。
でも忙しくても、診察は診察。
食事はどう?と、この前同様、いきなり食事の件から攻める主治医(笑)。最近は落ち着いてきて結構食べてます、との私に、それは良かった、食べられる時にたくさん食べてね、と嬉しそうに笑う主治医。でもたまに吐き気もありますけどね、と私が言うと…吐き気が出るの!?と、急に目つきが変わる主治医。こ、こえぇよ…「吐き気」というキーワードに敏感過ぎだ(笑)。で、吐き気というかたぶんダンピングですよ、と私が苦笑すると、まぁ胃全摘だからダンピングは仕方がないよね、とにかく良く噛んでゆっくり食べてね、とホッとする主治医。。。吐き気がなければ結構食べますよ、むしろ常にお腹が空いて仕方がないです、とも伝えると、いい傾向だね、たくさん食べてね、と笑う主治医。

とりあえず、忘れないよう、先に薬の話から。
来週からTS-1が始まるので、今までに飲み残した薬の数と合わせ…ピッタリの数を処方。
で、いつの日からかTS-1がOD錠というタブレットになっていたので…元のカプセルに戻せないか、カプセルならジェネリックあるし替えて欲しい、と相談してみました。そしたらあっさりカプセルに変更。戻りました。良かった良かった。OD錠はピーチ味が逆に不味いんだよ~~誰だあの味考えたのは(笑)。飲んでみてあの味かよー(笑)。

えーちなみに何でOD錠になっていたかというと、ここの病院事情でした。
実は病院内処方の場合はOD錠しかないんだそうです。前回のTS-1は入院した当日に院内で処方されたものだったので…当然OD錠だった、という事。
なので、院外処方…民間薬局で頼むとカプセル版もあるし、さらにジェネリックに変更もしてもらえる、というカラクリでした。
ジェネリックは所詮ジェネリックなので効果が微妙かもしれないけど、全然値段違うからなぁ…。。。治療を長く続けるためにも、負担の少ないジェネリックを選びたいです。

で、1回40mgでもいけるよね、と主治医が言うので…、いや、試してみないと何ともです、と正直に伝える。でも今度は1週間だけだからいけるよ、と、強気の主治医(笑)。
なので、8/27(水)夕方からカプセル(白色)20mgを1回2錠、計40mg服用。1日80mgです。
さて、どうなりますかねー。

点滴治療時の話も。
次は吐き気止めを強化するから、と、再度。
アロキシと飲み薬のデカドロンを使うから、と再度確認をしてくれました。

で。
次も入院でいいよね、と一応、来週の入院の確認もしてくれたのですが…
まぁ、とりあえず次も入院で、という私に、もうずっと入院でもいいんじゃない?入院だとゆっくり話もできるし、外来でなんて考えなくてもいいよ、と、サラリと発言する主治医。

!?

おいおいおい。

ずっと、って。マジか。


…とりあえずその場はそのまま話を流し…、がん相談支援センターで聞いた、入院中の工夫の事を話してみました。入院中の病院食は欠食にし、その時食べられるものを食べ、栄養的に足りない分を高カロリーの点滴で補給、と。すると、いいよ、それでやってみよう、とあっさり決定(笑)。さすが話が早いぜ主治医。

で、一通り確認をした主治医は私の肩をたたきながら…話半分くらいでごめんね、また来週ゆっくり話を聞くから、と、ピッチを持ってバタバタと慌ただしく診察室から去って行きました(笑)(笑)。診察室に取り残される私と看護師さん…。何だこの慌ただしさは、と苦笑いするしかなかったです(笑)。ホント笑っちゃうくらい忙しいな主治医…絶対緊急オペだわ(笑)(笑)。


こんな感じでした。


バタバタに誤魔化された感バリバリですが…えええ~マジかよ主治医。ずっと入院、って。
マジかよーーー。

入院だと何かあっても安心というのはあるけど、今後ずっと点滴治療毎、つまりほとんど隔週で入院するのかよ、っていうね。安心な反面、嫌な事だらけだった時もあるので(笑)、正直「ま、いっか」で済まない。
余分なお金もかかるし!ここ大事!限度額認定あるけど、それでも医療費高い!

うへーーー

何かもう、何をどう頑張ればいいのかよく分からなくなってきましたよ。
しんどいなぁ…。。。


…とりあえず、最近いつでもお腹が空くので、もっと間食をがんばるようにしようか…。実際お腹が空くと気持ち悪くなるし。
とにかく、量よりも回数を稼ぐのだ。飲み込んでしまえば絶対吐かないので、夜中も気にせず食べるのだ。蓄えがない分、どんどんブチ込まねば。


あ。
そういや、主治医が笑っちゃうくらい忙しくて診察が一瞬で終わったせいもあり、うっかりメモってなくて忘れてたのもあり(ホントにうっかりしてたんです)…例の抗鬱剤の話をしませんでした!!(笑)やってもうた!!(笑)

…ま、いっか(笑)。知らなーい(笑)。聞かなかった主治医が悪いんだぜ、と(笑)。
って、逆になんで聞かれなかったのか不思議…。
Σ(゜□゜;) ハッ!
どうせ入院だから緊張MAXで倒れてもどうにかなるでしょ~~って事か!?
西洋医学的な判断…さ、さすがだぜ主治医…。



とりあえず…毎日、美味しくご飯を食べます。
食べまーす。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

ポート設置してるんだから高カロリの点滴使わない手は無いと思います。
高カロリの点滴は粘度が高いから普通の留置針でも痛くなりました。
三回目の術後、原因不明の高熱で食事が遅れた時、
中心静脈からの点滴も外された後で腕からだったから、キツかったっす。
使えるものは何でも使って!それプラス間食で体力付けて下さいね!
くれぐれも無理し過ぎない様、ご自愛下さい。

せっかくだから

ぽいぽいさん、おはようございます~!

高カロリー輸液の件は、がん相談支援センターの看護師さんにも、ポートあるんだから最大限に利用すべきだ、と、めちゃ勧められました~。
逆転の発想で…入院を前向きに考えられるように気持ちを切り替えたいですね~( ̄_ ̄)。o〇

そう、手術後すぐの頃入れられてたヤツらは腕がパンパンに腫れてすごい痛かったですね~。特に白い生クリームのような点滴!あれは痛かった…いつもホットパック借りて、温めて痛みを散らしてました。

もう明日入院ですよ~早いなぁ。まぁ、今回もぼちぼち行きますよん。
いつもありがとうございます~o(^-^)o

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。