おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 08. 16

結局次回も治療入院

タイトル語呂良すぎて吹いた…(笑)。


水曜日はいつもの診察日でした。

退院後の調子はどう?と尋ねる主治医。ぼちぼちです…と言いつつ、最近の様子を綴ってあるイリノテカン治療の手引きをみせる。それを見て、どれが食事の事?食べれてるの?と、珍しく食事の件についてグイグイ攻めて来る主治医。いやぁ、そこに書いてある通りでぼちぼちですよ…、と、微妙な受け答えの私に、ちょっと難しい顔の主治医…。
治療の手引きには、◎~○~△~▲~×とかの簡単な記号と、備考欄に一言メモで記録を残してますが…とりあえず、退院初日の金曜日は『吐き気』『食欲不振』が違う意味での花丸(笑)。で、だんだん吐き気が落ち着き食欲も戻る感じだったのに、火曜日は朝から腹痛で『食欲不振』にしるし…。ほとんど食べてないです。
その食べてない前日を踏まえた水曜日だったので、そらアカン、微妙で当然だわ、っていうね…。微妙ですんません。。。

そのまま間髪入れず、次回点滴治療の確認の話に。
次はどうする?また入院にする?外来でやる?と主治医。

…え?

に、入院、ですか?また!?

私はてっきり、先日は、CVポート設置手術の関係でたまたま治療入院になってしまっただけだと思っていたので…
また入院の話が出てきてびっくり!!

でもまあ次は外来でいいよね、という主治医に、外来…ケモ室で…ですか…、と、微妙な反応をした私に気付き、カルテ入力を一旦止める主治医。

入院か…外来か…

迷い込んでしまい、話が止まってしまいました。

吐き気はあるけどトポテシンはシスプラチンの時よりかなり楽なので、わざわざ入院、っていうのも大げさな気がする。それに、入院しようがしまいが、食べられない時は食べられない。無理はしないし、無理してもいい事があった試しがない。
でももちろん、外来でやれるなら外来でやりたい。よっぽどの事がない限り、もう病棟にはお世話にならない、というつもりで先日退院した。てか、そもそもお世話になってはいかん。何より、入院は外来より遥かにお金がかかる。金銭面はホント、切実な問題。
でもでも、正直、ケモ室はあの独特な雰囲気が何とも言えない感じ…。しかも、先日の事件がちょいトラウマ。。。緊張MAX状態でまた倒れたら意味がない。
でもでも、焦るつもりはないけど、早くケモ室での点滴治療に慣れたい。
でもでもでも…。。。

うーん…。

どうするっていきなり言われても決められない…、と、主治医の目の前でめっちゃ悩む私(笑)。

すると…そんなに悩むなら次も入院にしようか、と主治医。はあ…、と、かなり歯切れの悪い(笑)返事をする私に主治医は…、
トポテシンに慣れて来て、私がこれならもう外来でも大丈夫、というタイミングで外来治療でいいから、と。入院なら様子が見れて安心だし、外来と違ってゆっくり話も出来る、と。そもそも、早く外来に慣れなくちゃ、外来でやらなきゃ、とか思う必要なんてないから、迷うならまだ入院の方がいいよ、と…。
かなり慎重姿勢の主治医です。慎重過ぎるくらいでした。

で。結局。

主治医に丸め込まれ(笑)、次回のトポテシンも入院で、という事になりました。どぎゃーん。

えーちなみに次回の治療の時、吐き気止めの薬をさらに強化する、との説明も受けました。
前回説明された通り…
・カイトリルをアロキシに変更
・デカドロンを追加
です。イメンド追加、は、とりあえず保留で。最後の手段?として取って置くみたいです。

ワイパックスはどうする?と言われ…、一応、ヤツも保留で。
自力で移動も出来ない程あんなにしんどいとちょっと、と、使いたくないアピールをしておきましたが…、主治医的にはどうなんでしょうねぇ~~あんま考えたくないわ。。。(∋_∈)

そんな感じで、次回IRIS療法の治療方針も決まりました。

来週も休薬期間。その間は体力回復最優先。
次回2コース目は8/27(水)スタート。
点滴のトポテシン治療は入院で。
TS-1は入院初日夕方スタートで、1週間服用&1週間休薬。

で、2コース目終了時に、CT検査&腫瘍マーカー判定を実施、も決定。
来ましたCT。

来週にしようか、と言った直後、いや、IRIS療法が2回キチンと終わってから判定の方がいいからそうしよう、と主治医。
その場でCTの予約も取ってくれました。来月、9月中旬実施予定。
うわーい、またまたCTです。緊張するぜー。
もちろんマーカーもドキドキですよ。あれは数字で出るのでマジ怖い。無駄にビビります。(>_<)

あ、とりあえずCVポートの傷口は、保護シールをペロリと剥がし、目視で確認、で終了。一瞬で終わりました(笑)。もう入浴も湯船入ってオッケーですってよ。すげえな。
CVポート関連の話はまた別記事にします。
(別記事はこちらからドウゾ。「CVポートその後」)

話が終わって診察室を出る時…、たくさん食べてね、と、ホントに食事に関して今回グイグイ来る主治医。。。た、食べま~す、と苦笑いな私に、無理せずでいいから…でも食べてね、と、にこやかに、でも厳しい主治医でした。


こんな感じでした。


なぜ今回、そんなに食事に関して主治医がこだわるのか?
なぜそこまで慎重なのか?

想像の域を越えないけど…旦那さんと一緒にいろいろ考え、私なりの答えが出ました。

先日の入院時の私の食事の状況は、主治医の目標レベル的に有り得ない。
完全にアウトライン、なんだと思います。

吐き気で苦しんで食べられないからシスプラチンを止めてトポテシンに替えたのに、入院してても結局吐き気が邪魔して食べてない。これではわざわざ薬を替えた意味がない。
何よりも、まず食事、なのに。
で、食べるために、吐き気ゼロ状態が大前提。なので、次回は念を入れた吐き気止めの布陣を用意、なのかなと。吐き気が酷くならないように、というよりも、トポテシンは軽いからと甘く見ず、食べるために、念には念を入れる、と。

CVポート設置手術時に、服を着てない時のガリガリ状態の私も実際に見ただろうしね…。とりあえず、開腹手術の時より痩せてるのは一目瞭然だし。てか、このアバラを見たら、別に主治医じゃなくても食べて体力回復最優先、と考えるのは当たり前かな、と…。


そんな訳で。
入院に向けて、いつものように、食べて体力作り?です。

うーん。


なかなかすんなり行かないですな、ホント。
急がば回れ、とは言え…どこまで回ればいいのやら。心配事の尽きない毎日です。

胃のない身体を気にせずバリバリ食べられれば、毎日たくさん食べるってなぁ。それこそ、毎日ラーメンやホットケーキやプリン食べるわ(笑)。むしろ食べたい(笑)。
でもダンピングはホント苦しい。まだまだ慣れない。吐き気があると、トラウマが蘇るし。。。この記憶は、どうしたら、いつになったら塗り替えられるだろうか?

はあ。
何でよりによって、胃、なんだろうなぁホント。
そして安易に、他の癌や病気ならまだ良かったかも、とか考えてしまう。それはそれで苦しむだろうになぁ…バカな考えですわ。


ホントに、もうちょっとでいいから、前に進みたいっす。。。(T_T)
はあ。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

治療、順調に進んでますね^_^
でも、吐き気とか大変ですね。
点滴治療が出来て羨ましい反面、吐き気で苦しいのは嫌だな〜って思います。
薬が効いて、吐き気が治まるとイイですね^_^

食事、本当に辛いですね
食後のダンピングを考えると、食べるのも嫌になってしまいます。
私は何故か、朝食と昼食のダンピングが酷いです。
夕方までグダグダとしてしまいますが、夕飯後は大丈夫なので
日中に仕事に出ている家族は
ダンピングで弱っている私の状況を知らずにいます(^^;;
アバラ骨が浮き出て、尾てい骨が痛くてガリガリの身体って
本当に悲しくなります。
知人に乳癌でステージの悪い方がいますが
食事の制限も無く、消化器官も切除してないので
モリモリ食べて元気に職場復帰されています。
こんな時は、消化器官の癌じゃ無かったら
もっと回復が早かったんじゃないかと悲しくなります。
癌に良いとされる人参ジュースも、飲むだけでお腹一杯になり食事が摂れません(^^;;
癌の転移の恐怖と身体の衰弱のダブルの不安が重なると辛いですね

でも、術後一年間経てば
消化器官が慣れて普通の食事が出来ると、いろいろなブログで拝見するので
それまで転移せずに頑張りたいです。

私もそろそろCT検査あります。
普段は考えないようにしてますが、CT検査の言葉をきくと
すごく不安になります。すごく怖いです。
お互い、無事に乗り越えましょうね^_^

お久しぶりです!

rikoさん、こんにちは!
お久しぶりです~お加減いかがですか???最近ブログ更新されてないのでどうしてるかなぁ、と心配でした。気が向いたらでいいので、ちょこちょこ近況報告してくださいな~ノシ

コメント…そうそう!!と、めちゃめちゃうなずきながら読んでしまいました。
食べる事へのストレス、なかなか拭い去れるものではないですよね…。もりもり食べたいのに!食べられるなら最初から食べてるわ!ってね。。。
焦ってもいい事ないの分かってるんですが…ガリガリになっていく身体を見ると焦る気持ちも止められない。難しいですね。

CTへの恐怖も、ね。。。いつもガッチガチで検査受けてますよ私(笑)。無駄に緊張しますよねー。ああーやだやだ!(笑)

まぁでも、いつものように…合言葉は「焦らずボチボチ」で!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。