おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 08. 01

2泊3日でケモ&CVポート導入、の予定

水曜日は例によって診察でした。

診察室に入るなり、どう!?とすごい目つきで(笑)尋ねる主治医。先週はすみませんでした…という私を見つつ、どう調子は!?と。何と…普通にご飯食べてます、との私の答えに、おぉ~~やったね!と笑顔になる、主治医と主治医の後ろの看護師さん。いやぁ…ホントに心配かけて面目無いです。たはー。
で、ご飯食べるどころか自分で作って食べてます、と伝えると…すごい進歩だね、前はそんなどころじゃなかったのに…と。吐き気は全くなかった訳じゃないけど、前みたいに吐き気でトイレから出て来れないとか、辛過ぎて動けない、という事もなく、家事も何とかこなしてます、と私が話すと…薬を替えた甲斐があって良かった、やっぱりシスプラチンは辛かったよね、と主治医。
ホント、ここまで劇的に差が出るとは思いもよらなかったです。シスプラチンが強すぎて私には合わなかった、そしてトポテシンは副作用的に良さげな感じ、という事が分かりました~。いやはや、ホントに心配しすぎでしたわ。


とりあえず…先日の、トポテシンの副作用の遺伝子検査…「UGT1A1遺伝子多型検査」の、もっと詳しい結果が出たので、その話からでした。
まず下痢。かなり出にくいタイプ。でも全く出ないという訳でもないので、注意はするように、との事。まぁ、脱水に気をつけて、という事ですな。
次に白血球減少。3タイプあって、私は出にくい~真ん中の、さらに真ん中くらい、だそう。出にくい方だけど、どちらかといえば、下痢よりもこっちを注意した方がいい、との事。でもこれはどうにもならないので、手洗いうがいをしっかり行う、と、むやみに人混みに行かない、という感じ。でも今は乾燥してる冬とかではないので、人混みはそこまで神経質にならなくても大丈夫、と。まぁ、日常レベルで清潔を保つ、で十分だと思ってます。神経質になり過ぎても、ね。

それから…次回ケモ、2回目の点滴治療の話。
次回は吐き気とかどうする?と主治医。そこまで酷くなかったけど、やっぱり点滴が終わって次の日かその明くる日あたりがしんどかったです、と伝えると…シスの時のような薬は全部使わなくても良さそうだけど、この前の事もあったし、ちょっといろいろ薬を足してみようか、と。とりあえず、点滴初日からまたステロイド「デカドロン」を飲むことになりました。

あと、きました。「気分を良くする薬」。。。処方されたのは「ワイパックス 1mg」。催眠鎮静&抗不安剤、です。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1124022.html
こういう薬はなるべくなら使いたくない…と主治医に訴えたんですが、とりあえず次の時に使って様子を見て、大丈夫そうならその次から使わないという事にしよう、と言われましたー。
いやぁ、前科(笑)がある私の訴えは聞いてくれませんでした!ああー…とうとう西洋医学的なメンタルの処置をされ始めたわ…とほほ。主治医の手に負えなくなったら院内紹介されそうだーー。…まぁでも、ここは、とりあえず、という事で。。。一応この薬は飲んでも後に残らないそうだし。依存の粋に達しないよう、何とか食い止めたいと思います。マジでマジで。


と、治療の話などはここまで。
何か話しておきたい事はある?と、主治医。ここで、ノートにしたためてきた(笑)、この前の時の原因、気になる事、今感じてる不安、などを見せながら、話し始めました。

まず、CVポートの話。
CVポートって何?という所から始めると長くなるし、別枠の方が内容的にも良さそうなので、次の記事に繰り越します。
(繰り越した先の記事はこちらからドウゾ。「CVポートを考える」)

とにかく、毎回の点滴の苦痛がどうにかならないものかと調べてたら、最終的にポート設置を考えるに行き着きまして。主治医に提案してみた所…ポートくらいいつでも作ってあげるよ、いつがいい?と、相変わらず話が早い主治医(笑)。作れるならすぐにでも!と私が言うと、じゃあ次のケモを入院にして、その治療の流れで翌日の木曜日に作ろうか、という話になり…その場ですぐに血管造影室の予約を取ってくれ、段取りが決まりました。

そんな訳で、来週は2泊3日の入院予定になりました。

8/6(水) 朝から来院して血液検査&診察。オッケーならそのまま病棟に上がって、トポテシン1-2の点滴治療入院。
8/7(木) 午後、血管造影室にてCVポート設置手術。執刀医は主治医です。
8/8(金) 退院。

…前回の事があったから最初からケモ入院なのか、単にCVポート設置が絡むのでついでにケモも入院なのか…主治医の思惑の真相は定かではありませんが(笑)、まぁ、ポート埋め込みは小さな手術みたいなもんだし、入院なら何があっても安心なので、今回はその思惑に乗っかることにしました(笑)。


ポートの話が終わり…、次に、前回のしんどかった気持ちを話す事に。

新しい薬に替わると、何もかも予測ができないので、不安だった。その不安の度合いが高過ぎた。先生からそこまでの薬じゃない、と聞いていたけど、シスプラチンの時の吐き気の恐怖が蘇って、怖かった。メンタル弱すぎですね私、と。
すると主治医は…、あんな酷い副作用の経験があったら治療が怖いと思うのは普通で、この前のような事が起きても仕方がない。メンタルが弱いとかは関係ないし、自分が悪いとか思う必要なんて全くない。でもこの前は、僕のケアが足りなかったかな…、とちょっと反省?してる様子。
あと、緊張はしてたけど診察の時は普通だった、でも、いざ、ケモ室へ移動して治療スタート、の時に、一旦外で泣いてからケモ室へ行った、という事も話しました。そしたら、そうだったんだ…、と主治医。その後ケモ室でも、主任さんの顔を見た瞬間に涙が止まらなかった、とか、がん相談支援センターの看護師さんと話をしてる最中もずっと泣いてた、とか、泣きまくってた話もしました。すると、やっぱりケアが足りなかったかな…、と主治医。この前はたくさんの人と連続で話し過ぎて疲れた、というのもありますけどね、とも伝える。疲れちゃった、というのはあるね、と主治医。人と話すのは気も使うし、結構疲れるので、これもあっただろうなぁ。

まぁ、そんなこんなで、主治医の笑顔を見ながら話をしてたら、何となく気が済みました(笑)(笑)。チョロいぜ私…。実際本当に気が済んだかどうか、はまた別の話ですが、とりあえず、『抗癌剤への恐怖』を伝えただけでも満足です。


主治医は、治療に関してはプロだけど、知らない事や実際自分が体験してない事は、きっぱり「分からない」という感じなので…、たぶんこの先も、理解はしてもらえないと思ってます。まぁ、そもそも他人の気持ちを完全に理解するなんて、主治医じゃなくても不可能ですしね。
なので、「理解してもらう」でなく、「知ってもらい、考えてもらう」。
知ってもらったその情報を元に、様々な治療&対応をしてくれる事を期待します。

まずは、きちんと伝える事。つまりは、主治医とのコミュニケーション、が大事。
これだな、やっぱ。


とりあえず、こんな感じでした。

は~~~
来週また入院ですわ~~~(笑)。
まぁ、でも今回は前向きな入院、と思っているのでそんなに心配してないです。たぶん(笑)。
空調完備なので、家より涼しくて快適かも~~(笑)。

入院までは、まぁ、夏バテしないよう適当に食事を頑張りますわ~~~ノシ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。