おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 05. 15

栄養補助飲料と今後の治療方針と、CT検査予約

  


昨日は診察日でした。

診察の前に、いつもの、がん相談支援センターへ行ってきました。
担当看護師さんに会うのは久し振りで、ちょっと雑談でも、な感じのつもりで行ったのですが、結局、1時間ほどがっつり話し込んで来ました(笑)。

抗癌剤治療がしんどくて点滴治療後に痩せてしまい、副作用も上手くコントロールできなくて、なかなか外来でケモ室にお世話になるレベルまで辿り着かない、と看護師さんに泣きつく私(笑)。胃がないと特に化学療法は辛いよね、うまく治療と付き合って行く方法が見つかるといいけど…、と、相変わらず話がすぐ通じる看護師さん。さすがだ~。

術後4ヶ月になるけど、治療しながらだと食事もなかなか上手くいかない、痩せてしまって困った、という話をすると…「プロシュア」という栄養補助飲料を持ってきてくれました。これを上手く活用して体力&栄養をつけるといいよ、と。
実は先日の治療中、外科外来の看護師さんから、食べられない時にこれを使ってみて、と、試供品をもらった事があって、ケモ入院の退院直後に飲んでみたんですが……はっきり言って、全然おいしくない!!(笑)

「プロシュア」は1パック280mlで300kcal、タンパク質、EPA配合の、キャラメル味の栄養補助飲料。
青魚に含まれている成分のEPAは、癌患者が持つ体内の炎症性サイトカインという物質を抑える作用があるそうです。炎症が長引くと筋肉組織の分解が進み、体重減少&体力低下に繋がるので、タンパク質の摂取で、筋肉組織の合成を促進。
なので、EPAとタンパク質、両方の栄養補給が癌患者には特に重要、と、パンフレットに書いてありました。詳しくはWebでドウゾ。
で、そのプロシュア。
カロリー高めで栄養満点、しかもタンパク質が入っている飲み物。市販のゼリー飲料などはタンパク質が入ってないものが多いので、かなり便利。
…しかし、おいしくない(笑)。魚油配合のおかげで、かなり匂う(笑)。この匂いが、副作用に完全にマッチ(笑)(笑)。とても飲める感じではなかったです…ホントに(笑)。

で、今回相談室で、プロシュアの使い方のアドバイスを受けました。
治療中、ではなく、調子が良くなって来て、食事がキチンと取れている今のような時期に補助として取り入れて、次の治療までに体力をつける、という使い方をするのがいい、と。治療中は匂いがキツい栄養補助飲料を無理して取っても辛いだけなので、その時は食べられるものを食べる、無理して取り入れなくても大丈夫、と。
な、なるほど~~勉強になる!
確かに、その方が取り入れ易い、かも。…いや、ホントに匂いがキツくておいしくないんですよ(笑)。まぁ、味覚は個人差があるので、おいしく飲める人も中にはいるかも…でも私にはちょっと、いや、かなり苦手な味です(笑)。キャラメル味は好きなのになぁ(笑)。

とりあえず3パックあるので、どうにか工夫して、今のうちに取り入れてみたいと思います。とにかく栄養つけないとだからね~。

やっぱり頼りになります、相談室。すげえ。
何より、話を聞いてもらうだけでも違いますなぁ。また来てね、と笑顔で見送ってもらって、ココロも軽くなった気がしました。感謝感謝。またお世話になります~ノシ


えー、診察。

食事もぼちぼち進んできて、何とか持ち直してきた私を見て、安心した様子の主治医。
改めて、今回2コース目の治療の良かった点を、主治医と2人で振り返る。

まず、今回の吐き気止め「アロキシ」とステロイド「デカドロン」の効果。
全く吐き気を抑える、というのは難しかったけど、入院中は前回よりそこまで酷くなかったし、飲み薬があった期間はそれなりの効果があったので、次回も同じ布陣を検討。
で、そのステロイドを増やす事はできますか?と提案してみると、うーん…と考え込む主治医。やはりステロイドは強くて、むやみに増量できる薬ではないようです。でも効果があったので、次回増やせるかどうか確認してみる、と。つまり薬剤師さんと相談して決める、かな。よろしく頼みます~。

次に、退院後の点滴補助。
今回水分補給もままならなかったので急遽点滴、だったけど、一週間の点滴補助のおかげで復活が早い気がする、というのが、私の感想。
なので、次回は、食べられようが食べられまいが(笑)、ケモ入院退院直後からいきなり点滴補助をやる、というのはどうですか、と相談。これには主治医も賛成。退院してすぐ、が、一番副作用が酷いので、その期間に点滴を入れて栄養補給&体力低下を防ぐ。これは…なかなかいい案だと思ってます。
前回も今回も、吐き気が酷くて絶えられない、という状態でも救急外来とかに駆け込まず、予約の外来診察日まで我慢してて、すぐに相談しなかったしなぁ。
たぶん、次回は点滴補助ありきの治療になるはず。通院は面倒だけど、これはちょっと期待大、だわ。

あと、抗癌剤の減量の事。
やはり、飲み薬のTS-1でも減量すれば副作用が軽くなるので、次回も同じように減量の方向で。ホント、TS-1も倦怠感がハンパないからねぇ~…。減量は嬉しい。
シスプラチンも、その時の体重に合わせた量を投与、と。まぁ…初回と比べたら8kgくらい違うから、体力的にも量を減らして欲しい所です。

振り返ると、これら3点が次回ケモの対策。良かった点をさらに活用して、いい感じにいくといいな~。

そして次回の話。
体力がいい感じに戻った、と判断してから、3コース目のケモをスタートしようか、と主治医。
それって体重が何キロになったら、とか目標がありますか、と尋ねると…、いや、自分でこれなら3週間治療がいけるなっていう自信がついたらかな、という、何ともアバウトな答えの主治医(笑)。ええぇ~(笑)(笑)。
…つまり、2週間後に3コース目スタートは難しい、まだまだ体力回復が最優先、という事…だなぁ(笑)。体力ないと治療できんからね。ってか、ケモ入院もまた延期になりそうな予感(笑)。まぁいいけどね…。

で、体力回復の件で、主治医も栄養補助飲料の提案。タイミング重なるなぁ(笑)。飲めるようなら治療中に栄養補助ができるから、ちょっと試してみようか、と。
で、主治医がオススメしたのは「エンシュア」という缶のドリンク剤。
おいしいですか?と尋ねると、うーん、おいしくはないかな、と主治医。うお~い!(笑)正直過ぎるわ主治医(笑)。
味が4種類あるけど何味がいい?とか聞かれたけど、おいしくないなら何でもいいわ…、と、心の中でツッコミつつ(笑)、無難なバニラとバナナをチョイス。残りはストロベリーとコーヒーでした。匂いがあまりない方がいいかな、という考えもありましたが、一応、好みでバニラとバナナ。でも後から薬局で、薬剤師さんに他の味も試してみてください、と、結局ストロベリーもゲット(笑)。しかし、薬剤師さんもおいしいとは一言も言わない(笑)。冷やしたり、牛乳で割ると飲みやすい、とアドバイスはもらいましたが…そんなにおいしくないのかよ、ってね…(笑)。皆さん正直だ(笑)。
まぁでも、これらも上手く治療中に取り入れられるといいなぁ。


えーそして。
先日、検査の頻度を尋ねた時に、2コース目が終わったらCT検査、と主治医が言っていたので、そういえば、と、CTの事を聞いてみました。
CT撮ったのが術前検査の12月だからそろそろ撮ろうか、まぁ何も写らないだろうけどね、と、笑いながら主治医は言い…検査予約を取ってくれました。

そんな訳で、来週、CT造影検査を受けます。

…正直、ドキドキです。ビビりまくってます。
主治医は笑ってたけど、マジ怖いです。

血液検査以外の検査はレントゲン以外、術後初だし…何より、検査案内パンフレットに「肺メタチェック」とか書いてあるし。
「メタ」というのは「転移」を指す医療用語。転移ですよ転移。そんな言葉、まだ聞きたくない。ゾッとします。

検査は診察日とは別なので、検査結果はその次の診察日に発表。今から2週間くらい審判の日々が続くと思うとちょっと憂鬱です。
キチンと抗癌剤治療が2コース終わっているし、主治医がああに楽観しているので、そんなに気に病むといかんのですが…やっぱり怖いです。


早く検査の日、来い!そして早く終われ!!





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

栄養補助食品、私は浸透圧のせいで
濃ゆい食品やドリンクを摂ると下痢します
栄養士さんからサンプルをいくつか頂いたのですが
どれも下痢して飲めなかったです。
不味くても飲めるなら良いことですね^_^
私も体重減少が酷くて、治療に耐えれるか分かりません。
胃癌の場合、他のガン患者さんよりも体力回復が難しいですよね
今は休薬中なのに、旦那にインフルエンザを移されて発熱中です(>_<)
来週からの抗がん剤治療ができるのか分かりません。
熱の為に、食欲もなく休薬中で体力をつけたい時期に弱ってるのが辛いです(>_<)

こんばんは!

rikoさんお久しぶりです!
インフル…免疫下がってるので移りやすいですからね…お大事にしてください。たくさん汗かいてウイルス追い出しましょう~早く良くなりますように!体調がイマイチなら、治療延期を相談するのも手ですよ。

栄養ドリンク剤、昼間、缶のバニラ味を開けてみましたが…ううーん…という感じでした(笑)。濃ゆくて匂いが…。。。凍らせて、別の口当たりで再チャレンジします…。たはー。

胃があれば、治療中でも無理して食べる事ができるので、その点やっぱり不利ですよね~…。なかなか難しいですが、焦らずゆっくりいきましょ~。少しずつ、少しずつ、ですよ~ノシ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。