おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 01. 30

●検査入院・1日目

2013/12/18。
検査入院初日。
朝から旦那さんが一緒に付き添ってくれました。

この日は、胸部及び腹部のCT検査、腹部超音波検査(腹部エコー)、経口胃内視鏡検査(胃カメラ)、心臓超音波検査(心エコー)でした。
ちなみに、検査のため朝から絶飲絶食。ずっとお腹が空いてましたよ…。


午前中に腹部エコーとCT。

まず腹部エコー。
待っていると、消化器内科の担当医に呼ばれ、薄暗い検査室へ案内されました。
横になり、エコーでお腹をグリグリ。
この時、胆嚢にポリープがあるのを発見。手術時に切除してもらうよう依頼をするから、と説明されました。
他は特にこれ、というのはなかったようで…検査終了。

次にCT。
検査着に着替え、造影剤を打つためのルートを確保。検査室へ。
寝てるだけだったので、そんなにきつくなかったですが、造影剤が身体に入ってる時は熱くて変な気分でした。
あと、CTの機械が「息を吸って…止めてください」「楽にしてください」といちいちしゃべるのが妙に面白かったです(笑)。笑うと検査できないので、ガマンしましたよもちろん(笑)。


そして、いよいよ本番(?)の、経口胃内視鏡検査。胃カメラです。
本当は午後からの予定だったのですが、時間があるので午前中にやりますのでと担当医に言われ、ずっと待っていたのですが…結局1時間以上待ち、呼ばれたのはもうほとんど午後でした(笑)。

まず肩に、胃の動きを抑える筋肉注射を打たれました。看護師さんを恨むつもりもないですが(たぶん誰にやってもらっても痛いと思うし)…筋注、めちゃめちゃ痛くて大嫌いです!(泣)ホントに涙が出る程痛かった…。
打たれた肩を揉んで痛みをほぐしていると、凍らせた麻酔薬が届きました。飲み込まず、喉の奥で塊が溶けるまで留めて数分…喉の感覚がぼんやりしてきました。名前を呼ばれ、検査室へ。

鼻からの胃カメラの時とても辛かった、と事前に担当医に話しておいたら、眠くなる薬を使うとそこまで辛くなく検査を受けられますよ、と提案され…薬を使ってもらうことになってました。
で、検査台に横になった時、点滴注入されました。おお、点滴がその眠くなる薬なのね、とちょっとビビりつつ待っていると、消化器内科の担当医登場。担当医自ら検査してくれました。当り前か(笑)。左向きに横になり、マウスピースをくわえて、検査開始。

今回はモニターは見れませんでしたが…もっと詳しい検査が必要、という事で、結構長い時間検査していた…と思います。ずっと苦しくて気持ち悪かったです。眠くなる点滴を打ってもらったのに、検査中全然眠くなかったし…。。。ずっと「早く終わってくれ~…早く~~…はーやーく~~~…」と、内視鏡の機械を睨みながら念じてました(笑)。
あ、でも、検査助手の医師が時折、がんばって、と声をかけ身体をさすってくれたのは覚えてます。ホントに辛かったので…嬉しかったです。手当て、とはよく言ったものです。さすってくれるだけでホントに楽になるんですわ。

そして検査終了。一気に疲れました。自力で歩く事もできないくらいフラフラだったので、車椅子へ乗せられました…。旦那さん曰く、顔面蒼白…血の気がなく、真っ青というか真っ白だったそうです。
病棟の看護助手さんが迎えに来て、入院先の病棟へ移動。やっと入院です。まさか胃カメラでここまでフラフラになると思っていなかったので…入院の予定で良かったです、ホント。

旦那さんに入院手続きを済ませてもらい、やっと、お昼ご飯。確か13時半くらいだったような。
しかも胃カメラ検査直後なのにカツ丼が出ました。マジか(笑)。でも朝から何も食べてなかったので、全部おいしくいただきました!

ご飯を食べ終わり、だいぶ落ち着いた14時半頃、次の心エコー検査に呼ばれました。

心エコーは、心臓の超音波検査。カーテンのある狭い部屋で、女性の検査技師さんが検査してくれました。思いの外あっさり終了。
この日の検査は全て終わりました。

病室に戻り、パジャマに着替えてゴロゴロ。
そのまま今日はもう終りかな、と思っていたら、晩ご飯を食べて落ち着いた頃、担当医が病室にやって来て、今日の検査の結果を説明してくれました。

内視鏡検査時に撮影した、胃内部画像を見ながら説明してくれたのですが、思っていた以上に癌の範囲が広い、胃の入り口付近まで癌があるので取り残しがあるとまずい、などなど…。こういった事から、胃を全部取ってしまう事になる、と言われました。

「total gastrectomy」胃全摘除術。

旦那さんと一緒に説明を聞いていましたが…全くピンと来なかったです。
は~全部取るのか~そうか~、くらいな、軽い感覚。

ちなみに手術してみないと実際は分からないけど、現時点では転移は見当たらないとの事。あと、腹部エコーの時に見つかった胆嚢のポリープは手術の時に一緒に取る、と言われました。
で、翌日の木曜日にカンファレンスがあるので、その時外科と相談して、今後の日程…手術日を決める、と伝えられました。
そして帰り際の担当医に、明日の検査もかなりつらいけどがんばって、とやんわり脅されました…(笑)。


とりあえずその日の晩、ネットで胃全摘を調べまくりました。
調べた所、胃の入り口付近に癌がある場合は、大体全部摘出する、という説明のページばかりヒット。食道と胃の後ろ方をくっつけても、食道は胃酸に弱いので重篤な逆流性食道炎になる確率が高い、とか何とか。
でも、正直よく分かりませんでした。まぁ、せっかくだから取れるものは取ってもらおう、くらいな。

検査で疲れた所為か、この日は病院だったのに、とってもよく眠れました。
のんきだったなぁ私…。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。