おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 04. 26

第2回ケモ入院

2コース目のシスプラチン投与のため、4/23(水)~4/25(金)と、2泊3日の抗癌剤治療入院に行って来ました。



4/23(水)。

朝一番に旦那さんと病院へ。いつも朝からめちゃ混みなんですが、この日は道中も空いていて、駐車場までスムーズに着けました。

受付を済ませ、早速血液検査。…車は空いていていたのに、血液検査はめちゃ混み。30分以上待ってましたが、待っている間にちょっと疲れてしまいました…。前々回の迷走神経反射の事もあるし、これから入院なのに倒れてたらまずいよなぁ(笑)、といろいろ心配なので、寝て採血してもらいました。結果、大正解(笑)。寝てたのに採血後クラクラしました(笑)。検査室のベッドでそのまま10分ほど休憩させてもらい…、検査終了。忙しい朝から面倒かけてすんませんでした~…。まぁ、倒れるよりマシ、という事で…。

外科外来に受付表を出し、呼ばれるまでひたすら待機。途中、10時の間食で一旦席を外しました。家から持参したバナナ(笑)を食べ、外来に戻るが…主治医の診察の電光掲示板が全く進んでない!!一体入院は何時になるんだ…。。。旦那さんと2人で、何かあって今まさに処置的な何かをしてるのか…、といろいろ勘ぐっていると、座っていた椅子の真後ろにある出入り口にこっそり主治医(笑)。あれっ!とびっくりしてる私らを見て、お待たせしてごめんね、と苦笑しつつ中に入って行きました…。って、今まで外来にいなかったんかい!そら進まんわ(笑)…緊急で病棟に呼ばれたのかしらん…相変わらず忙しいなぁ主治医…。
そのまま待っていると、いきなり順番を飛ばされ(笑)、急遽呼ばれました。まぁ…私は入院の兼ね合いもあるのでなぁ~(笑)。
診察では、血液検査の結果は問題なし、体調もまずまずとの事で、予定通り治療入院決行。
しかし、TS-1服用から吐き気止め何回か使ってます、と伝えると、先週はあんなにハツラツとしてたのにねぇ…、と、ちょっと心配そうな主治医。TS-1もじわじわと攻めてきております(笑)。
で、今回は主治医&薬剤師最強の布陣、『プロイメンド』+『アロキシ』に、さらに『デカドロン』というステロイドを、点滴と飲み薬で投与、との説明を受けました。
飲み薬は24日から、朝6錠、昼5錠、夕方5錠、と1日3回、3日間服用。吐き気をかなり抑えられるそうです。
また夕方様子を見に行くから、と言われ、診察終了。急いで入院手続きを終え、病棟へ。

病棟に着くと、顔見知りが減ってました。4月に異動があったらしく、新人さんがちらほら。でも以前お世話になった看護師さんは何人もみえたので安心でした。

病室に案内され、荷物の片付け。今ちょうど先生がいないので、点滴開始はちょっと遅くなるかも…と 言われて待ってましたが、ホントに結構待ちました(笑)。お昼ご飯を食べた後、着替えてゴロゴロしながら待つ。
待っていると、何と点滴の道具を持って主治医が登場(笑)。午前中の診察が終了した所を呼ばれた模様…主治医自らルート確保してくれました。…が、かなり痛い……(笑)(笑)。
最初の補液1本分は我慢しましたが、内出血もあり(!)、これから抗癌剤投与するのに痛くて耐えられなかったので、ルートを替えてもらうよう看護師さんにお願いしました(笑)。…主治医、実は血管注射あんまり得意じゃないかも…?(笑)手術は上手いのに(笑)(笑)。まぁ、痩せて血管も細くなっただろうから、打ちにくかったんだと解釈しときますわ(笑)。
一旦点滴中止で、新たに先生が来るのを待つ…ひたすら待つ。結局15時くらいまで待っていたような…?同室の患者さんとお話したりして待ってました。
そしてやっと別の医師登場。オペ帽被っていたので、手術終わったばかりの所を捕まえられた模様(笑)。お疲れの所申し訳ない…。で、新しくルート確保してもらいましたが、この先生もかなり苦労されてました(笑)。左2回試され、最終的に右で確保。ホント無駄に緊張させてごめんね先生~f^_^;

後から看護師さんに聞いたのですが、ここの病院は、手術前と輸血と抗癌剤のルート確保は医師じゃないとダメ、というルールなんだそうです。ルート確保なら看護師さんでも一緒なのに…と思ってたけど、病院ルールで決まっているので、看護師さんにはお願いできないそうです。ちなみに他病院では、ルート確保は必ず医師がやる所もあるとか。いろんな病院ルールがあるのね~。

無事ルート確保完了し、点滴再開。補液と同時にプロイメンド投与。次にアロキシ投与。そして、今回の制吐剤の主役(笑)、デカドロン投与。
点滴中、薬剤師さんが飲み薬のデカドロンを持って来てくれ、吐き気、食欲不振、ダルさを軽減する効果があるとの説明を受けました。

デカドロン投与が終わり…、補液を一旦ストップして、いよいよシスプラチン投与。前回と同じく、500mlを2時間かけて投与されました。

途中、晩ご飯。普通に食べられました。まぁ、前回も初日は問題なかったからなぁ。
晩ご飯後、仕事終わりに元同僚たちがお見舞いに来てくれました。その後、旦那さんも到着。みんなでおしゃべりして楽しかったです。
ここでちょうどシスプラチン終了。補液だけになりました。
おしゃべりしてる最中、主治医が様子を見に来てくれました。今回は新しい薬のおかげで吐き気はそこまで酷くないはずだから、と、微妙に緊張してる私をなだめてくれました(笑)。とにかくデカドロンを明日からキチンと飲んで様子見だね、と言われ…帰っていきました。
面会時間が終了し、みんなをエレベーターまで見送る。

この日は前回と同様、微熱程度で特に問題なく、夜も眠剤もらったおかげもあり、良く眠れました。


4/24(木)。

朝一番から微妙にムカムカ。でも、前回よりマシな気がしました。
しかし…朝ご飯が届いた瞬間、ホカホカの匂いでギブ。病棟に充満したご飯の匂いに耐えきれず、廊下の端っこで避難…。
しばらくしてから病室に戻り、冷めた朝ご飯と格闘。一品一口食べました…何とか食べられましたが、食べたらムカムカがとまらず、ベッドでぐったり。
ぐったりしてる所に、朝の回診で主治医がやって来ました。さっき廊下で見たから調子いいのかと思ったのに…、と心配そうな主治医。匂いでやられて避難してる所だったんですよ、と私。食事はそんなに無理しなくていいけど、吐き気がなぁ…と、考える主治医。
そして…ステロイド服用して様子見で、今日は無理に退院しなくてもいいよ、との判断。で、まぁ、前回のアレコレもあり…無理しないと決めたし…、結局、この日は退院しない事にしました。

とりあえず、食後にステロイドとTS-1服用。飲んだら何となく気持ち悪くて眠い…?少し横になったりしてました。
その後、同室の患者さんとおしゃべり。翌日手術との事で、不安と緊張で大変そうでした…。でも、歳の近い女子2人で楽しくおしゃべりできて、すごく助かりました。ありがとうございます。

で。
何がいかんかったのか分かりませんが…水分補給後、お昼ご飯が届いたら、匂いで一気に気持ち悪くなってしまいました…。
ご飯の匂いで充満してる病室には戻れず、廊下のベンチでぐったり。通りがかった看護師さんに報告し…点滴の差し口から、急遽、注射のプリンペランを投与してもらいました。
匂いが落ち着いてからベッドに戻り、横になると…そのまま爆睡(笑)。疲れてたのかなぁ…?でも寝て起きたら吐き気はだいぶ収まってました。やはり睡眠が最強の回復薬だね。

しかし、このドタバタで食後のデカドロンを飲み忘れるという大ポカをやらかす…。看護師さんに報告すると、今から飲むのはもう遅いから、寝る前の22時くらいに飲んでね、と。すんません…今回一番しっかり覚えておかないとダメなのになぁ…。。。まぁお昼食べなかったので、そのまま一緒に忘れてしまった、と…。

落ち着いた頃…同じ病棟にいる、手術入院中、同室だった患者さんに会いに行きました。こんな場所で再会するのは切なかったけど…知り合いに会えて嬉しかったです。たくさんお話して、ちょっとだけ泣いたりも(笑)。お互い辛いけどがんばろうね、と…元気を分け合ってきました。

晩ご飯。
やっぱり匂いでギブ。冷めるまで廊下で避難。しばらく放置してると…、偶然知り合いの手術室看護師さんに会えました。3ヶ月振りに会う私を見つけると、ずっと心配してた、と泣かれてしまいました…(笑)。手術直前に、がんばって、と手を握ってくれた彼女。今でもしっかり覚えてます。点滴片手に話をする私と、ずっと心配そうな顔でお話してました。面目ない…。今は抗癌剤治療中で辛いけど…また職場で会えるよう元気になりますよ、と伝えました。無理しないで…でも待ってるから、と、笑顔で答えてくれました。会えて良かったです。

元気をもらい…病室に戻り、晩ご飯を食べる。やっぱり一品一口でしたが…何とか食べる。
食事が済んだ後、旦那さんがお見舞いに来ました。結局2泊でごめんね。

旦那さんと話をしてると、主治医が様子を見に来てくれました。調子はどう?自分としては前の時と比べてどう?と聞かれ…昼間プリンペラン使ったりしたけど、前回よりは吐き気や気持ち悪さはマシな方かな、と。主治医も、この前みたいにずっとぐったりしてる訳ではないのでいい感じだよ、と安心した様子。でも昼間デカドロン飲み忘れた…と伝えると、ちゃんと飲まなきゃダメじゃん、と怒られました…(笑)。す、すんません…マジ余裕なかったんですよ…。
このままの調子だったら明日退院でも大丈夫かな、もちろん退院後もいつでも対応するから、と、主治医は帰っていきました。

旦那さんを見送り、看護詰所を横切ると、手術入院中に受持でお世話になった看護師さんに会えました。異動したかと思ってたので、めちゃめちゃ嬉しかったです。げっそり痩せた、抗癌剤治療中の私を心配しつつ…たくさんたくさん励ましてくれました。

…いろんな人たちに、日々支えられてます、ホント。
ありがとう。

デカドロン、眠剤を服用し、就寝。何度かトイレに行きましたが、それなりによく眠れました。


4/25(金)。

朝ご飯が届く前、7時くらいに主治医が様子を見に来ました。は、早い…。
調子はどう?と聞かれ…、朝ご飯はまだだけど、たぶんこのまま入院してても調子は一緒かなぁ、と伝える。主治医も、顔色もそんなに悪くないし、デカドロンをキチンと飲めば大丈夫なはずだから、との事。そんな感じで、退院決定しました。
主治医が帰った後、朝ご飯が届く…が、やっぱり匂いでギブ。何故か朝はほとんど魚…匂いが…なぁ。何となく一口二口つまみ、終了。でも食べました。
少し休憩した後、エレベーターの近くで日向ぼっこ。すると偶然主治医がやって来ました(笑)。贔屓目に見なくてもこの前より全然いい感じだから、自信持ってね、と励ましてくれました。先生もお仕事がんばって~、と手を振る私(笑)。笑ってエレベーターで下りて行きました。

退院決定したものの、まだ点滴は残ってたので、荷物を片づけながら終わるまで待ってました。
結局点滴は11時くらいまでかかりました。
着替えて化粧してると、病棟の師長が様子を見に(笑)。今回もお世話になりました。

旦那さんに迎えに来てもらい、無事退院。
院内の喫茶店で、軽くお昼ご飯を食べ、帰宅~。


という訳で…2回目の治療入院も何とか終わりました。



副作用の吐き気は、全然ない訳ではありませんが、前回よりはまだマシな方です。
一応、かなり微妙ですが、食欲あるし。ちょっとでも、食べたい、という気持ちがあるので、ね。

しかし、今回は水分補給後の吐き気が多いです。これには参ってます…食事がダメでも、水だけは飲まないとなのになぁ~…。

やはり、なかなか手強いです。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。