おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2016. 09. 13

入院中のアレコレと、近況

9/10土曜日に退院、その後、再び在宅&自宅療養中。

えー現在の様子ですが、体調、比較的落ち着いております。
CARTから数日経過経ったので、やっぱりじわじわと腹水戻ってきてます。が、お腹は触ってもふにふにと柔らかく、まだ圧迫感は無い感じ。呼吸も楽に出来てて、食事もそれなりに取れてます。
てか、苦しくないのでそこそこ動けてて、何と、大好きな縫い物も楽しめてます。…まあ、疲れちゃうのでずーっとは出来ず、作業よりも休憩の方が多いかもしれませんがf^_^;)、楽しくやれてます。嬉しいです♪♪
この落ち着いた状態が少しでも長く続くといいなあ…。そしたら料理も自分で作ったり出来ないかなあ〜……。

まあ、、、無理はしません。
体調優先で、のんびりゴロゴロ、ゆっくりします。



えーと、先週の、入院中のアレコレ。
実は結構色々ありました。たはー。

今回実施のCART(2回目)で4リットルちょい抜いたのですが…、実は抜いた翌日、いきなりまた腹水を抜きました…。
木曜日せっかく再静注したのに、トイレに行く度お腹を見てみると、結構丸い。。。息苦しさや圧迫感は無くなったけど、4リットル抜いたけど、腹水がまだまだたくさん残ってる。確かに今回は、腹水をそこそこ残した感じだった。それでもちょっとなあ…、、、とか、お腹を気にしつつ、寝て起きて迎えた金曜日の朝。お腹がかなり張ってる状態…。。。せっかく抜いたのに、痛い思いをしてちょっとだけ頑張ってみたのに、また元通りに近い感じ。。。朝の回診やバイタルチェックで病室に訪れる先生や看護師さんに相談すると、幸いまだ入院中、今なら抜くだけ、というのがやれる、と…、、、。とりあえず、処置する時間の関係もあるので、午後までにはどうするか決める、という事に。。。。
めちゃめちゃ悩む私。
自分としては、腹水を抜く時は抜くだけではなくCARTで戻したい、と考えていたが、今回は、前日に戻したばかりなので、完全に無理。抜くだけになる。でも、抜くだけだと苦しくなくなっても栄養分が損なわれてしまう。排出した分だけ食べて栄養を補えれば言う事ないけど、今はそうそう食べられない。。。
でも、この、丸く張ってるカエル腹。戻りが早過ぎる。この状態で家に帰っても、すぐに苦しくなるのが目に見える。どうしたものか……。
悩みに悩み…、、、でも、せっかくの入院の機会を最大限に活用、、、と思い、、、腹水を抜くだけ、を決定。決めました。
腹水をまた、抜きました。

前日にCARTをやったばかりなので、当然戻せず、ただ抜くだけ。で、抜くだけなのであまり勢い良く抜かず、身体に負担が掛からないよう、翌日まで時間を掛けて、ゆっくり抜く事に。お腹に刺す管もCARTの時の様なしっかりしたものでなく、先端が細く、翌日すぐに抜いて捨てられるものを使用してました。
処置が終わり、どんどん抜けていく腹水。これ全部捨てるのかー…。。。
排出されていく腹水を眺めながら、複雑な気持ちが巡る。でも、気持ちとは裏腹に、どんどん軽くなる身体と呼吸。やっぱり相当な量が貯まっているのだなあ。。。
土曜日。この日の朝まで時間を掛けて抜いたのは、計4900ml弱。もうほとんど5リットル。うはー。木曜日のCARTで抜いた分を合わせると、ほぼ9リットル抜いた事になる。9リットルって。…我ながらたくさん抜いたものだなあ。でもこれだけ抜いた甲斐があり、お腹はヘコみ、呼吸がとても楽。身体も軽い。
悩ましかったけど…、もっかい抜いて良かったです。

こんな事があっての退院でした。

で…、退院中、再び事件発生。

病棟から引き上げて旦那さんに車椅子を押されながら駐車場に向かう途中、数時間前に抜管した場所がパツン、と弾け、、、腹水が漏れ出すハメに。朝、先生に抜管処置してもらった時は漏れてこず大丈夫だったので、縫ったりせずテープを貼るのみ。その傷孔からどんどん溢れ出る腹水。せっかく着替えたのに、腹水でひたひたのベタベタ。。。慌ててティッシュの束を当て、急いで病棟に戻り、、、看護師さんにヘルプ。病棟処置室へ行き、、、ガーゼの束で溢れ出る腹水を押さえる。が、当然、止まらず、ひたひた。この状態を見かねた看護師さんは、たまたま詰所にいた外科医T先生を捕まえ、連れて来る。ちょうどお昼時だったので、空いた時間で患者さんの様子を見に病棟へ来てた模様…ラッキー。で、孔を塞ぐため、縫合処置…、しっかりと縫ってくれるT先生。お陰で何とか漏れは止まり、落ち着く。。。
まあ、何とか止まって良かったです。てか、家に帰る前で、病院にいる間で良かった…、、、不幸中の幸いでした。やっぱりお腹の圧のバランスが変わって漏れ易くなるようですわ。はー、びっくりした。ホント。


…こんな感じの事がありました…。はあ。
2泊3日の入院だったけど、バタバタで正直落ち着かなかったです(~_~;)
疲れた入院でした。。。


帰宅して土日でゆっくりして…、昨日は訪問診察、今日は訪問看護。
比較的落ち着いてたので、昨日は在宅主治医と今後の腹水の件についてがっつり相談。
今日の訪問看護では、看護師さんに介助してもらいながらシャワーに入りました。

はー。
やっと、落ち着きました。


一応、次回CARTの最短日は来週、9/23金曜日。

でもとりあえず、戻って来てはいるけど、まだ、いける感じ。夜も眠れている。
そこそこ元気で動けるうちに、色々やっておきたいですねえ〜。


9月も半ばになり、涼しくなってきた朝晩。まだ蒸し暑かったりもしますけど、だいぶ過ごしやすくなり、助かってます。
ゆっくりぼちぼち…、無理せずいきます。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

No Subject

おかえりなさい!
ほんと無理なくですよ
趣味ごとも休み休みでねー

おかえりなさい

いつも応援してます。頑張ってください。

おかえりなさい

お部屋のお写真拝見しましたが、お魚の絵があっていいですね。お魚全部なまえわかりましたよ(*^_^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。