おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2016. 05. 12

卵巣腫瘍増大と抗癌剤変更

こんばんは。

えーと、、、、昼間に思わせ振り過ぎるブログ更新でご心配お掛けしております。面目無いです。
ちょっと頭の中の整理を、と思って時間を置いたのですが、やっぱりまだボーッとしております。色々と突然過ぎて、考えが追い付いてないです。

何があったのかといいますと、まあ、タイトル通りなんですが…、本日の新・主治医の診察で、色々な現状が判明しました。びっくりしました。


まず、先月末4/25に受けたCT検査の結果。
胃癌の卵巣転移の、卵巣腫瘍が大幅に増大しておりました。
悪化、です。

腫瘍が増大…つまり、ゼローダ、オキサリプラチン、どちらの抗癌剤も効いていないという事。
なのでXELOX療法は終了。本日の治療も意味が無いので中止。

抗癌剤は変更。新しい治療法を考える事になりました。

あと、予後の事。
予想より早めで、何だかかなり雲行きが怪しいです。



* * *



えー、今日の診察から主治医変更。前の主治医から新しい先生に引き継がれ…、初めての診察、でした。
診察室に入り、初めまして、と挨拶すると、先月ケモ室で見かけたので初めましてじゃないかも、との事。どうやら先月の治療の時、ケモ室で既にチェックされてた模様…(笑)。まあ、私くらいの年代の患者ってほとんどいないので、ケモ室に出入りしてるってだけで目に付くのかなあと思われます…。とにかく、向こうはコチラを既に知っておりまして、初対面の挨拶は何だか間が抜けてました(笑)。

で。
椅子に座ったと同時くらいに、早速ですが、と先月末4/25に受けたCT検査の結果を話し始める主治医。画像を開き、どんどん説明を進める…。ちょ、待て待て、と思いつつ…、やっぱ素人なのでよく分からんけど、画像を一緒に見つつ、説明を受けました。

胃癌の卵巣転移の、卵巣腫瘍。大幅に増大しておりました。

前回3/4のCT画像と比べると、倍以上の大きさとの事。かなり大きい、らしい。どれが卵巣ですが、と聞いたら、これ全部そうです、お腹張って痛かったり苦しかったりしませんか、と逆に聞かれる。。。特に感じた事無いです…、何となくチクチクするような気もしますが、正直良く分かんないです、と答える私。うーん、ホント、よう分からんのですわ(笑)。

で…、前回の検査から数えて、2ヶ月弱でこの大きさ。かなり早いスピードで増大してる、との事。。。マジか。そうなんだ。スゴいスピードなんだ。そうか…。

話を続ける主治医。転移が増大してるので、今の薬が効いてないと判断せざるを得ない、もう使えないので、次の治療方法を考えてもらう事になります、と…。うっはー…そうなんだ、、、。オキサリプラチンも、ゼローダも、もうここまで。XELOX療法は終了ですか。。。
で、次ってもしかしてサイパクですか、と尋ねる私。すると、よくご存知ですね、そうです、サイラムザとパクリタキセルの2つを使う治療法が最善です、と主治医。おおおー、きましたサイ+パク!私の治療方法にもトレンド到来ですよ。

一応、次の治療薬の選択肢は、
【1】サイラムザ(ラムシルバム)+パクリタキセル(タキソール)併用
【2】サイラムザ単独
【3】ドセタキセル(タキソテール)単独
このうちのどれか。

主治医のオススメはこの中で一番切れ味の良い、1番の「サイラムザ+パクリタキセル」併用療法。
でも、とにもかくにも脱毛の副作用・完全100%のパクリタキセル。使いたくない!と前の主治医に訴え続けていたので、「本人は嫌がってます」的な事をカルテにバッチリ書かれていた模様(笑)(笑)。ゴメンネ前・主治医。。。で、今の主治医もその話をキチンと知ってて、この場でも話題に登りました。でも、まあ…、、、色々考慮した上でも、やはり脱毛は容認してもらって新しい治療をやるのが望ましい、と話す主治医。そらそうだ…、髪の毛と命…天秤に掛けるまでもない。でも、やはり、脱毛は怖い。すんなり「はい、じゃあサイ+パクやります!」とは決められんです。。。
なので2番も有りだけど、サイラムザ単独では効き目がイマイチだし、サイラムザを選択するなら…、せっかくサイラムザを使うなら、パクリタキセルを一緒に使うのが望ましい、との事。
3番は3番で、副作用の脱毛が100%発症。脱毛の事を考えるなら…同じような副作用が出るなら、その中で一番効く治療薬を選択するべき、との事。

現状では、腫瘍の増大スピードを考えると、一番効くと言われてる薬を使ってなるべく早めに新しい治療に入りたい。次の治療は一番早くて、来週5/18水曜日にスタートしたい。今後の治療方法は来週水曜日の診察までに…、土日もあるのでご家族とよく話し合って、来週までに決めてきて欲しい。でももしそれまでに治療方法が決まらなければ、その次…5/25水曜日まで延ばしても大丈夫。
でも、やはり早めに決めて早めに治療を始めた方が良いので、なるべく早めに…と。

そうか…、、、
…、、、正月明けのCTでも、2月の婦人科のエコーでも検査結果は良好だったので、これはイイ感じ、このままXELOX安定だな、と思っていたんですけどね…。

ちなみに今日の治療はどうなりますか、と尋ねると、効いてない薬を使う意味は無いので、今日は中止、治療はやらないです、と主治医。ま、そうか。そうだよな…。
意味が無いといえば、、、と思い付き、手術、の選択肢はありますか、とも尋ねる。すると、また転移が出ると予想されるので意味が無い、やらないです、と主治医。やっぱり…。。。でもまあ、これは前の主治医に懇々と説明された話だし、私自身でも納得済みの話、だからね…。すんません、今更な話で。。。
あと、治療薬の事。
以前使用していたシスプラチン。効かなくなって使うのを止めた訳ではないのでまた使える、と前の主治医に聞いたのですが…、と、シスプラチンの事を持ち出す私。すると、制吐剤を目一杯…アロキシ、イメンド、デカドロン、と最強布陣を使用してたにも関わらず、吐き気が酷く、体重激減、体力悪化…、そんな実績があっては使えない、もう使わない、と、あっさり却下する主治医。シスの話は一瞬で取り下げられました(笑)。まあね…、、、未だにあの吐き気を思い出すだけで背筋がゾッとする。ホントに怖い、強烈な抗癌剤。今の痩せてる状態からさらに体力落としてまで無理に薬を使う意味は無い。体力あっての治療。やっぱシスは無い、よなあ…。。。

えーと、そして…、、、
卵巣腫瘍の増大スピードがかなり早いので、予後がさらに厳しくなると思われる。今のうちに、やりたい事をやっておいた方がいい。治療方法変更、現状、予後の事、などなど、今後の話は重要な話が多いので、本人だけでなく家族にも直接説明がしたい。。
新しい治療を始める前に一度家族を連れて来てもらって診察時に同席してもらい、一緒に話を聞いて欲しい。と話す主治医。

…ん?んん???
えーと、、、どういう意味???
…これは告知的な、そういう話、という解釈でオッケーなのか?????

ううむ…、マジですか。


と、いう訳で。

あさって5/13金曜日、私と旦那と主治医、3人でお話…だったのですが、ちょい色々ありまして、ケモ室主任さんも同席してもらえる事になり…、4人でお話、になりました。
で、自分から申し出ましたが。
一応、あさってのお話の時に先生に伝えられるよう、なるべく、新しい治療法を決めてきます、と…、、、一応、善処する、と、伝えました。

選択肢はもうすでに決まっているとは思うけど。一応、金曜までにはそれなりの覚悟を決めておきたいなあ、と。


とりあえず。
またあさって、インフォームド・コンセントのため、病院へ行きます。

あさって金曜日、色々決定する予定です。



こんな感じでした。





えーと。


ちょっと早いですが、来るべき時が来たっぽい?ですわ。


えー。
何だか色々急な話過ぎてビックリで、ホント、頭が追いつかんです。放心状態。ボーっとしたまんまです。
こういう時は涙も出んのですなあ。はー、。


…まあ自分としては、卵巣転移があるままなのでいずれ来る事、想定内、と思っていましたが、、、うーん、ちょーっと早いかなあ(笑)。3年が再発の目安、くらいに思っていたんだけどなあ…早いなあ。

ていうかね…、おいおいおい、XELOX効いてなかったんかい、マジかよ!っていう。。。これにもビックリですわ(笑)。
主治医から増大の話を聞いた時、
「効いてない!?Σ(゚Д゚)ウソーン」
って顔してたと思いますヨ私(笑)。
本格的な夏を迎える前にまさかのXELOX終了…、ほぼ半年、たった7コースでおさらばとはなあ…早ええよホント。。。
抗癌剤変更、フォースラインかー、、、しんどいのう(笑)(笑)。



あ。
ケモ室主任さんが同席云々ですが。
どうにもこうにも頭の整理が付かなかったので、診察後、がん相談室の担当看護師さんに時間を取ってもらい、…当日、すぐに話を聞いてもらいました。
この話は長いので、まあ、書けたら、明日にでも。



あー。
しっかし早いなホント(笑)。

何だか色々考えてしまいます。でも、涙は出んのです。



ちょっとだけ、しんどいです。

でも、意外と元気。冷静です。
何でだろ。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: サイパクさん

○○さん、初めまして、こんにちは。
お互い色々ありますね…しんどいですね(笑)。
(今度そちらのブログへ伺います~)

○○さんも良い方向へ向かいますよう、祈っております。
どうぞお大事に!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。