おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2016. 01. 01

12/9診察メモ&XELOX療法2コース目外来ケモ

12/9水曜日は、外科の診察と、XELOX療法2コース目のオキサリプラチン点滴治療日でした。


XELOX療法、2コース目。
点滴治療のレジメンがIRIS療法の隔週から3週間(21日)置きになり、久し振りの、ケモ室での治療日でした。

えーこの日も前日採血を済ませてあったので、病院に着き次第、外科外来に直行。あの血液検査での待ち時間を短縮出来るので助かります。…だがしかし、座る場所が無いくらい、朝から既に混み混み度満点状態。師走で日にちが押し迫るから、かなあ…、血液検査やらなくてもかなり待ちました。ううん。


やっと呼ばれて、診察。
それなりに元気そうな私の姿を確認しつつ、ずいぶん調子良さそうだけど、どう?と尋ねる主治医。毎日の様子を書き留めてある手引きとノートを見せつつ、自分でもびっくりするくらい落ち着いてます、とにかく吐き気が少なく食べてるのでいい感じですよ、と伝える。やっぱりTS-1が合わなかったんですかねえ~、とボヤくような感じで話す私に、TS-1が、というか、オキサリプラチンやゼローダはそこまで吐き気が顕著に出る薬ではないから、と話す主治医…、とにかく食べる事が大事だから、このままの治療で行けそうな感じだね、と、XELOX療法を継続する旨も話してました。

とりあえず採血結果は問題無いので今日の治療はやれるから、と、パソコンを見ながら話す主治医。
そういえば今回、XELOX療法になってから初めての腫瘍マーカーもあったはず…と思い出し、マーカー結果を尋ねました。そしたらじゃあ結果の紙を出すから、と、結果表をすぐにプリントアウトしてくれました。

CEAは、相変わらずの数値。でも、前回スゴい桁だったCA19-9が、一桁減ってましたた。
数値がばっちり下がってました…!

おおお~…、XELOX療法、効いてる。
オキサリプラチンとゼローダ、キチンと効いてる!

良かった!

…そのお陰か、この日は主治医の口からシスプラチンのシの字も出ませんでした(笑)。良かった(笑)。…いやホントに。マジで良かったですよう。。。


えー、ノートを開いて、色々と順番に、確認。

まず、3ヶ月毎のB12(メチコバール)接種。
前回9月中旬だったので時期的にちょうどいいタイミング。で、注射をお願いすると、出しておくので、治療の時にケモ室で一緒に打ってもらって、との事。
無事、B12、補給完了。

次に、CT造影検査の日程。
次回3コース目は1/6水曜日。前日採血のため、1/5火曜日も出掛ける感じ。で、治療の合間に撮ろうか、と、予約の空いてる日と照らし合わせ…、年明け最初の効果判定、決定。

CT造影検査は、1/15金曜日15時半に決定。

…PET検査後、XELOX療法を始めて、初めてのCT検査。
ドッキドキです(∋_∈)
マーカーは下がったけど、実際効いてるかどうか、CTでもしっかり主治医にチェックしてもらいたいです。

あと、次回診察の事。
診察自体、次回点滴治療の年明けになるとかなり間が空くので、年内に診察したりしますか、と尋ねたけど…、何だか調子良さげなので次はもう年明け治療の時でいいでしょう、との主治医の判断。そんな訳で、いきなりこの日が2015年最後の診察になりました。

足りなくなりそうな薬&いつもの薬の処方を頼み…、診察終了。
ちょっと早いけど、今年も色々お世話になりました、また来年もよろしくお願いします、良いお年を、と挨拶し、診察室を出ました。


ケモ室での点滴治療も、この日で今年は最後。
治療はいつものように、制吐剤~オキサリプラチン~流す用の生食。
特に問題無く、で点滴治療は終わり、その後、注射でB12投与。

無事、治療完了。
看護師さんや受付事務さんにも年内&来年の挨拶をし、ケモ室を後に。

そして、年明けまでの大量の薬を受け取り…、病院を後にしました。



こんな感じでした。
治療が終わってからの、自宅での有り様は、先日の日記の通りでした。がっくり。



えー…、こんな時間にこんばんは。

明けましておめでとうございます。
年内更新、とか言ってましたが、ぼやぼやしてたら明けてしまいました(笑)。ゴメンナサイゴメンナサイ。


とりあえず、ホント、用が無ければ毎日こたつ待機な感じです。寒い寒い。
まあでも、比較的落ち着いていると思います。落ち着いてる時は食欲ありますしね。

次回XELOXスタート予定日まで、1週間多い休薬期間中。
寒いので自宅待機多めですが…、身体に気をつけて、ぼちぼちいきます。


それでは、また~。


今年もよろしくお願いします!( ̄▽ ̄)☆♪




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。