おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 03. 21

食欲不振は続く

シスプラチン投薬から2週間経ち、飲み薬のTS-1も19日朝で飲み終え、現在休薬期間に入っております。
休薬期間は2週間なので、とりあえず、4月2日まで、何もなし。
体力の回復に努めるのみです。

しかし…ぼちぼち食べてる、とはいえ、なかなか食事の量が戻らなくてしんどいです。
16日(日)まではいい感じだったのですが、17日(月)からまた調子が悪く…食べては吐き気止めに頼る、みたいなかんじでした。食事は、1食分を1日かけてやっと食べてるかどうか…、な量。その状態からなかなか抜け出せません。
果物は食べられるけど、いわゆる食事が進まない。
いかんなぁ…でもあんまり食べたくないんだよなぁ…。

吐き気もまだ襲ってきます。
ただの水分補給でも吐きそうになることもしばしば。ホント、吐き気止めの薬が手放せないです。
で、何となく気持ち悪いのもあるので、ゴロゴロ寝てばっかで…かなり筋肉も落ちてしまいました。ちょっと歩いただけで筋肉痛(笑)。ヤバイヤバイ。やばいよーー。



えー、19日(水)は診察日でした。

診察の前に、職場に顔を出し…、上司と仕事の件について話をしてきました。
今の状態だと仕事に復帰するには体力的に厳しいし、休職期間&私の契約が3月いっぱいという事もあるしで、一度退職する事を決めました。
休職届は3月31日まで出してあったので、このままだと4月1日からいきなり復帰…こんなに体力落ちているのに、どう考えても無理かなぁ、と。4月上旬は、ケモ入院の予定もあるし…。
もう少し治療のペースが掴めるようになって、さらに体力もしっかりついて、それからまた仕事の事を考えたい、との旨を話してきました。
でも戻れるならどんな形でも戻りたいので復帰そのものはあきらめたくない、とも伝えたら、枠を残しておく、と言う保障はできないけど、いつでも大歓迎だからゆっくり治して、と嬉しい事を言われました…。(まぁ、いつでも人手不足な職場だしね…)
とりあえず、来週また出向いて、退職の手続きを取る予定です。

まぁでもこれで、心配事の1つが片付きましたわ…気持ちの整理がついてちょっとスッキリしました。
仕事復帰…うーむ、目指すは半年後くらいが妥当かな…?またみんなと楽しく仕事したいので、目標にしたいですなぁ。



あ、この日は診察前に血液検査がありました。
実は…採血中、ちょっとクラクラしてしまい、検査技師さんたちに取り囲まれ、検査室のベッドで休憩するという事態が発生…。迷走神経反射なのかなぁ…うーん。とりあえず、ブラックリスト入り?(笑)次回は寝て採血しましょうね、と言われてしまいましたー…。

えー、診察。
主治医に食欲が戻らなくて体力落ちてしんどい、と伝えると…TS-1の服薬も終り、休薬期間に入ったので、とりあえずこれでまた1週間様子を見るとの事。この食欲不振は、シスプラチンが長引いてるかもしれないけど、TS-1の副作用が主だろう、と。なので、薬が終わったので、吐き気も徐々におさまり、食欲も戻ってくるだろう、と。
で、来週までにどうにもならなかったら、考える、じゃなくて対応する、とも言われました。…それって点滴で栄養注入かしらん。入院…ではないよな…といろいろ思いましたが、その場では確認しませんでした(笑)。だって入院だったら嫌だもん…。。。

吐き気止めを飲みまくっているので…これがもっと減るといいけど…とも。気持ち悪いのに無理して薬を我慢する必要はないけど、ちょっと飲みすぎかな…と。うーん、そうなのか…。
で、食べてる途中&食後に吐き気の兆候がよくあるので、試しに、食前に吐き気止めを飲んでみて、と提案。これは薬剤師さんからも提案されました。吐き気が来る前に、事前に飲む、と。なるほどなるほど。夕食が一番ヤバイので、晩には絶対飲むようにしますか。

そしてまた次回のケモ入院時の話。この前もいろいろな薬を使ったけど、今度は吐き気が出ないように、最強の布陣を敷く(笑)から、と。絶対吐き気が出ないよう事前に対応する、と強気の主治医(笑)。おー絶対ですか!と私が言うと、…いや、絶対は無理だけどなるべく最小限に、と(笑)。…そりゃそうだ(笑)。絶対なんてありえないからね~。

そういえば、検査部で倒れたという話をしたら、あぁよくある事だから…と、それ程意に介さなかった主治医(笑)。まぁ、迷走神経反射だろうからねー…別にいいんですけど(笑)。

あと、仕事の事が一旦けりがついた、という話もしたら、今は治療に専念するのが最優先だから、それがいい、と。まぁ、自分的にも気持ちがスッキリしたのでね…。


こんな感じでした。
さすがにあんまり食べてないと心配のようです、主治医も。そりゃそうか。
自分でもこのまま餓死してしまうんじゃなかろうかと心配ですもん。…まぁ、ちょびっとは食べてますけど。やっぱりね、量がね…。

体重計に乗るのが怖いです。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。