おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 03. 15

シスプラチン副作用あれこれ

やっと、何とか落ち着いて来ました。
水~木曜日あたりからぼちぼち食欲戻ってきて、少しずつ食べ始めてます。
しかし、いきなりそうは食べられないですねぇ…。そもそも胃がない食事にまだそんなに慣れていないし。
そして食べてないので、体力落ちてきてヤバいです…。かなりげっそりしてきました。体重も30kg代突入してからもみるみる減少。小学生並みだ!ヤバいー食わねばー;;


以下、シスプラチン投与後の副作用メモ
==========
嘔気の兆候
・投与当日よりも、翌日以降に嘔気が出る
・強い嘔気は、投与2~3日後、特に食後に出やすい
・ダメな時は水分補給でも嘔気あり

嘔気を誘発するにおい
・温かい食事(油っこいものだけでなく、海苔や味噌汁、魚もダメ)
・タバコ
・冷蔵庫
・化粧品
・汗(場合によっては自分の頭髪のにおいもダメ)

嘔気を誘発する味
・ゼリーなどの人口甘味料
・歯磨き粉

★全体的に落ち着くのはほぼ1週間後
==========

覚えている限り、こんなところ。
次回の参考資料(笑)。
これを踏まえて…予防できるものは先に手を打つ!
…何が出来るだろ……うーん。考えるのだ。



あ、3/12(水)は診察のため病院行って来ました。
今回、診察前にがん相談支援センターも行きました。

相談室では、シスプラチン後の副作用と、今後やって来るであろう脱毛について聞いて来ました。
嘔気については、何と外来化学療法室の主任さんにも聞いてくれ、その主任さんが『吐き気に生姜が効く』という資料をわざわざ届けてくれました。


ほほう…生姜か~。
何となく、ではなく、キチンと科学的根拠に基づいた話なので、試す価値はありますな。
毎日の食事に取り入れられるといいなぁ。

まぁあとは、自分なりに副作用と付き合っていくしかない、という感じ。
ちょびっと先の目標、というかご褒美(笑)目指して、今をがんばる、と。
夜勤明けの看護師さんの、リラックス&リフレッシュ方法など、いろいろ教えてくれました。
何か参考になるかな…。

脱毛に関しては、帽子だけは今から準備しておいた方がいい、との事。
シスプラチン投与後、早くて1ヶ月で脱毛するそうです。でも個人差があって、2コース目後からという人もいるし、いきなりばっさり行かないかも、でも準備はしておくべき、と。
で、ボランティアさんが作った、タオル地の手作り帽子を1つもらいました~。かわいいし、何より手触りが良い。寝る時とか家用に使おうかな~。


外用も早く用意せねば…。

シャンプーやウィッグは、高いのを揃えても使わない事が多いので、あまり気張って用意しない方がいい、と。
お~、じゃあネットでウィッグ購入したけど大正解?(笑)確かに医療用ウィッグはかなり高額だからなぁ~…。そもそも手が出ん(笑)。


…と、まぁ、こんな感じ。
いろいろ参考になる話を聞き、とても助かりました。やっぱり話をするだけでも違うなぁ~。
頼りになります、相談室。


そして診察。
主治医はシスプラチンにやられて辛そうな私を心配しつつ…、これで止める、はないからね、と(笑)。ええ、ええ、分かっていますとも(笑)。
退院後は、吐いてはいないけど、吐き気がひどかった、というと…吐く吐かないではなく、吐き気を抑える、要は辛さを緩和する、というのが主治医の治療方針のようで…、次回は、さらに吐き気を抑えられるよう、万全の体制を取るから、との事。
そして、次回のシスプラチンも入院決定しました(笑)。…まぁ正直、自分的にも入院の方が安心かなぁ…と。で、また様子を見て、外来で可能かどうか判断する、と。
食欲不振に関しては、いきなり戻るものではないので、今は食べられるものを食べて、徐々に増やしていくしかない、と。さすがに食欲増進の薬とかはないみたいです(笑)。少しずつ、ね。って、まぁ少しだけど、何とか食べているしなぁ(笑)。

こんな感じでした。
主治医は相変わらず冷静な対応だった…当たり前か(笑)。
何か不安はないか、と聞かれたりもしましたが…不安なんて、ない訳ないだろ~!(笑)と心の中でつっこんだり(笑)。
まあね…漠然と考えると不安なんか止まらなくなるので(笑)、あまり先まで考えず、目の前にあるやれる事を少しずつやるだけなんですけどね結局。

なので今は食事と体力、なんだけど…なかなか思うように行かなくて歯がゆいです。
胃がないなりに、食べるしかないからなぁ~…。くそう。

それから仕事…マジでどうしよう…はぁ。






にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。