おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 11. 10

10/30ICにて、治療日&抗癌剤決定

先月末の10/30金曜日、再び主治医とのインフォームドコンセントがあり、今後の治療方針について、私と旦那さんと主治医、またまた3人でお話をしてきました。


まず最初に、先日10/23でのお話で、両側卵巣摘出手術をやらない事になったという話の再確認をする主治医。
手術は、よっぽどの事がない限り、今後もやらない方向で、と。
主治医と私と旦那さん全員で、認識&確認がキチンと出来たという事の再確認。

…承知、です。
今後ともよろしくお願いします、主治医。


えー、この日の主な議題は、食事と治療の話、でした。

食事について。

一時期は38kgまで体重が増えたのに、また35kgを切るほどに痩せてしまい、この日も微妙にダルダル&フラフラ。なかなか体力が付かない、体重が安定しないそんな私の現状に対して、分析&解決方法を探る主治医…。いろんな質問に対して、私なりの意見を話しました。

自分では食べてるつもりだけど、思ってる以上に全体的にカロリーが低かったり、食べる量が少ないのだと思う。朝ご飯を食べるとだいたいダンピングに襲われてそのまま昼くらいまで寝落ちしたりして、1食抜けてる事が多い。食べてない時間帯があるので、その分足りてないはず。あと、何かをやってたりするとそっちに注意が行ってしまい、小腹が空いても用意するのが面倒でそのまま食べなかったり、という事もよくある。
それから治療中はだいたい食事が微妙。。抗癌剤の副作用もあって、点滴治療後はだいたい3~4日くらいは調子が悪く、ご飯も食べずにずっとベッドで寝てる、というのはよくある事。TS-1服薬中は食欲不振や倦怠感が酷く、面倒で食べない事が多かった…、しんどいと起き上がる事すら面倒で、ずっと寝てた。すぐそこだけど、冷蔵庫のある台所まで移動するのも出来なくて、やっと動いて何とか食べるのは晩ご飯くらいとか、治療中は結構よくある。
さらに、しんどいと外出しない。する気も起きない。運動のため毎日散歩、とかほとんどやらない。1日家にいて家事程度だと、あんまり動かない。動かないのでお腹もそんなに空かない…あんまり食べない事の方が多い、かも。
あと、ここ最近は手術や病状、治療の話で色々精神的に不安定だったのもあって、あんまり食欲がなかった。1週間グダグダしてたらそのまま体力落としてしまった。。。
とにかく、自分でも分かっている。分かっているけど…、、しんどい時は面倒に勝てない。

…こんな感じの話をしました。

この話を聞いて、主治医は…、
今は休薬期間で治療やってないから抗癌剤の副作用の影響がない時。それなのに、食べられなくてこんなに体力落とすのは良くない傾向。とにかく、体力がないと治療が続けられない。抗癌剤も規定量が使えない。体力あっての治療だから、ある程度の体力維持は必要。散歩もしたらいい。治療中はしんどい、という話は分かる。分かるけど…、しんどい時に色々出来るわけないので無理しろとは言わないけど…、でも、食べないと。とにかく食べなきゃダメ。面倒だから食べない、という理由は良くない。事前に色々用意しておくとか、しんどい時でもご飯が食べられるような工夫をもっとするべき。やれる事はもう少し努力するようにしないとダメ、、、もう少し、やれる事はやるように…、やるべき事をやるようにしないと…。

という感じの、かなり厳しい意見…、怖い顔でめっちゃ説教されました。マジこええ主治医。でも、ゴメンナサイ。もっと努力します。。。m(_ _;)mゴメンナサイ

…まあ、主治医的には医学的に対応が出来るような理由なのか、という確認をしたかったのだと思います。薬で改善出来て食べられるなら話は早いからねえ…。でも私の話で、しんどいと面倒だから食べない事が多いという、まあつまりは本人の努力不足が食事に関する根本的な原因、と主治医的に分かったみたいで…。ううう、スンマセン。。。いやでもね、ホント、しんどいと面倒に勝てんのですよ。。。
でも、今度の治療は規定量でキチンとやりたい感じが言葉の端々に見える主治医…。まあね…、前回のIRISは体力落としまくりでほとんどのコース規定量使えなかったからなあ…。使えなかったから、キチンと治療出来なかったから腹水にある癌が抑えきれなくて転移が出てしまった、という結果になってしまったから、、、治療を施してる主治医としてはかなり悔しいだろうなあ、と。。。
で、今度も治療に耐えられないのでまた減量、とかいう話になってしまうと、今度もキチンと治療が出来ない状態になってしまう。そうなると、転移が出る確率が上がる…またどこかに出るかもしれん…。よろしくない。避けたい状況だと想像出来ます。

なので、キチンとした抗癌剤治療を少しでも長く続けられるような体力を維持するために、とにかく食べて食べて、食べ続ける、と。

食事に関してはホント、もうちょっと、頑張らなかんね。。。
…善処します。はい。食べます。


で。
ここ最近のダルダル&フラフラ加減を薬で補えないか、という事で、漢方薬「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」を処方してくれました。

この十全大補湯、詳しく調べてみたらなかなかいい感じ…今の私にピッタリな漢方ですわ。さすがだぜ主治医…外科医なのにこういう東洋医学の知識も幅広くあって、柔軟でホント凄い先生だなあ、とコッソリ感心してました(笑)。漢方は即効性はないけど東洋人的に身体に合うはずなので、じんわり効く事を願います。
あ、説明すると長くなるし、せっかくなので別記事で詳しく紹介します~。(別記事はコチラ「十全大補湯の威力とは」)

えーとりあえず、今飲んでる六君子湯はそのまま続ける方向で…、今後は48番・十全大補湯と43番・六君子湯2つの漢方を飲むことになりました。十全大補湯…略してタイホ(主治医がそう呼んでました)。ヨロシク頼むぜタイホ&りっくん!

ちなみにトポテシンの下痢予防のために、と自ら希望して服用してた14番・半夏瀉心湯は、トポテシンを止める事になったのでここで一旦終了でもオッケーとの事。おおう。あっさり飲むのを止める事になりましたよ半夏瀉心湯。…いやーこの漢方ねえ…めっちゃ苦くて飲みにくかったのですよ…とにかく後味が最悪でした(笑)。全然慣れなかった(笑)。自分で希望して飲んでたクセにねえ、、、ははは。でもお世話になりました…ありがとう、そしてサヨウナラ半夏瀉心湯。効いてたかどうかは…正直分からんかったです(笑)。とにかく苦かった(笑)(笑)。

あ、あとトポテシンをもう使わないので、副作用をさらに酷くするであろう乳酸菌の摂取も今後はオッケーになりました。おおーやったー!乳酸菌、復活!これで腸の調子を整えられるといいなあ。そしたらガス(笑)がもっとどうにか改善されるかも?そんな訳で、今後は乳酸菌を毎日積極的に摂っていこうと思います。早速飲むヨーグルトやマミーを飲みました。めっちゃ久し振りだったので美味しかったですよ~。乳酸菌で快腸を目指すのだ!ガンバレ善玉菌!


とりあえず、食事関連の話は終了。
次に、抗癌剤の話。

えーまず、サイラムザ単独での治療、という話は無しになりました。サイラムザを扱ってる製薬会社の営業さんに確認したら、治療方法はやっぱりタキソール(パクリタキセル)と併用でないと…との事で、単独では使わない、と話す主治医。タキソールは使いたくないです、とあからさまに拒否る私に、分かってる、とりあえず次に使うのはやめよっか、と主治医…せ、セーフ(笑)。とにかくタキソールは一番最後まで取って置いて欲しいです。。。
で、そうなるとオキサリプラチンだけど、次はTS-1を止めてゼローダを使ってみようか、XELOXでいこうか、と主治医。オキサリプラチンも怖いけど…、タキソールよりは全然いいので、とりあえず、次はXELOXですかね、と、私も、考えてきた結果を伝える。

…ここで、今まで使ってた抗癌剤および今後使う抗癌剤について、改めて詳細な説明をする主治医。今までのは、シスプラチン、トポテシン(イリノテカン)、TS-1。今後のは、オキサリプラチン、ゼローダ、サイラムザ(ラムシルバム)たち。
でもまあ主治医が話す内容は、独自に調べまくった副作用の内容とほとんど一緒でした。もう知ってるよー、という話ばかり(笑)。むしろ旦那さんに聞いてもらってた感じ、なのかしらん???

一応、主な副作用をさらっと紹介しておきます(なお詳細を知りたい方はご自分で調べてください。お願いします)。
==================================
【シスプラチン】嘔気・嘔吐、腎障害、骨髄抑制など
【トポテシン】骨髄抑制、下痢症状、嘔気など
【TS-1】嘔気・嘔吐、食欲不振、倦怠感、口内炎、色素沈着、発疹、流涙など

【オキサリプラチン】末梢神経障害、嘔気、骨髄抑制など
【ゼローダ】手足症候群、色素沈着、発疹など
【サイラムザ】高血圧、皮膚障害、下痢など
==================================
…つまり、XELOXは主に指先に色々副作用が出る感じ。。。
オキサリプラチンの末梢神経障害は寒くなると特に出やすいみたいだし、ゼローダの手足症候群は基本的に全身が乾燥する感じっぽいので、寒くなって乾燥する、これから訪れる冬は大敵な感じ…。
てか、指先…、、、ああー、趣味の縫い物に著しく影響があるなあぁー…(=_=;)


まあそんな感じで色んな説明も聞きつつ、主治医との協議の末、サードラインは「ゼローダ+オキサリプラチン併用療法」の「XELOX療法」に決定しました!!ちなみに「XELOX」は「ぜろっくす」と読みます。コピー機じゃないです。

治療レジメンはこちら。
xelox.jpg
3週1コース、点滴は隔週から3週間に1回、となるようです。
おお、病院へ行く期間が減る減る。嬉しいですなあ。


えー、オキサリプラチン治療初回は、11/18の水曜日に決定。


日程が決まると身が引き締まりますな…無駄に緊張します。ドッキドキです。。。
ああ。

で。
最近導入されたシステム「前日採血」。
点滴治療日の前日に、血液検査だけ受けにへ行く。時間はいつでも大丈夫。とにかく前の日に採血を済ませておく。そうする事で治療日当日、採血の待ち時間や採血結果時間を待たず、診察&治療をいきなり朝イチで受けられる、という感じ。とにかく採血が一番時間がかかるので、ケモ治療のために、と工夫された模様。…どうやら最近ケモ室主任さんあたりが動いて、そういうシステムを作ったみたいです。前回のIRISは前日採血で施行、でした。2日連続で病院に出掛けるのは面倒だけど、私は比較的病院の近所なので散歩がてら採血に出掛ける、みたいな感じで行って来ました。とにかく当日がらくちんでなかなかナイスでしたよ。
そんな訳で、11/17火曜日も、前日採血で病院行きます。

あと、オキサリプラチンはプラチナ系で吐き気が微妙に怖いので、予防策としてデカドロン錠の他にイメンドカプセルを復活するのはどうですか、と、以前使用してた嘔気止の事を主治医に提案。すると、イメンドなら使ってもオッケー、との事。おおお。初回からイメンド使えそうです。やったー。
で、さらに点滴の嘔気止・カイトリルをアロキシにレベルアップ、も提案しましたが…、オキサリプラチンはそこまで吐き気はないはずだから、あんまり最初からガッチガチにしなくても大丈夫、とりあえず一度やってみて、ダメならアロキシでいいんじゃないかな、と苦笑いする主治医。ま、ま…、ちょいビビり過ぎなのかもですがね私…でも、初回の治療はやっぱり怖いので、万全な体制を事前に布いて欲しいです。。。

ついにXELOXか~…と話の合間にぼやく私に、XELOXか~じゃないよ、もう決定だから、と苦笑いしながら主治医。やっぱ抗癌剤変更は怖いですよ、初めての薬はどうなるか予想がつかないし…、、と不安を語ると、そんな弱気にならないで…、心配する事はない、もっと気持ちを強く持って、と、励ましてくれました。。。ありがとうございます…でもやっぱ、怖いもんは怖いです。あああ。

こんな感じで、とりあえず治療の話も落ち着き…、話し合いは終了。
でも、治療までちょっと間が空くので、治療前にもっかいお話を、との事。次回は11/13金曜日です。
でもそんなに話す事は無いはずなので、主治医的には治療前にちょっと顔を見ておきたい、元気な姿を確認したい、という感じ、かな?、と。
それまでにとにかくたくさん食べて、もっと太って来ます、と伝えると、そうだね、たくさん食べてね、と笑う主治医。診察室を出ました。



こんな感じでした。



ゼローダ+オキサリプラチン決定!
治療日も決定!


あー、ついに決まりました。
サードラインかー…、1年ちょいIRISやって次、ってのが早いのか遅いのかよう分からんのですが、まあ、転移判明してしまったので抗癌剤チェンジ、は必然でしょうなあ。うーん、やっと外来でのIRISに慣れてきたのになあ。ううう。また振り出しですわ。はー。

でもホント、今度の薬はもっと合うといいなあ。胃癌なのでTS-1から離れる事になるとは夢にも思いませんでしたが、まあ、確かにTS-1は増量してからはかなりキツかったので、ココで一旦ゼローダを試すのも悪くないかなあ、と。微量な調節で副作用がもっと許容出来る程度になれば、ご飯ももっとキチンと食べられて、治療もいい感じに進められるはずだからねえ。
しかしオキサリプラチンの末梢神経障害はマジ怖いです。ちょっと想像するだけで身震いするので、治療日まではあんま深く考えんようにしてます。。。

ああ、でも初回はやっぱ入院でやりたいなあー。。。

実は11/4水曜日に、がん相談室の専任看護師さんの所へちょっとお話をしに行って来ました。手術をもうやらないという話もキチンと伝えておきたかったし、抗癌剤変更はやっぱ不安なので色々聞いてもらおうかと思いましてね…。そしたら、外来治療で最初に倒れたりという事があったから不安が大きくなるのも仕方がない、でも治療を入院で…の話は、主治医がダメと言ってたらやっぱりダメだろう、と話す看護師さん…もう諦めるしかない感じのようでした。うーん、残念。。。なので、しつこく入院入院と考えるよりも、もうスパっと考えを切り替えて、当日は朝イチの治療で時間に余裕を持たせて、病院が閉まる夕方まで…それこそ1日ゆっくりしてたらいい、との事…。。。ううーん、まあ、そう、かー。。。それにケモ室はやっぱり「化学療法室」なので、何かあった時、病棟よりもケモ室の方が対処が早いはずなので、むしろ外来の方が安心かも、とも話す看護師さん。ああー、それは何か分かる気がする。病棟は結構放っとかれるからね(笑)。でも、逆にその放っとかれ加減も、常にうるさくて慌ただしいケモ室よりいいかも、とか考えたりもするんですよねえ。
とりあえず、もっかい…、金曜日に、もっかいだけ、主治医に懇願してみます。で、ダメなら諦めますわ。。。

新しい抗癌剤は、ホントに怖いのですよ。はー。


まあ…、とりあえず今は、お腹が空いたら、とにかく食べる。たくさん食べる。食べ続ける、で毎日過ごしてます。
趣味の縫い物とかもそこそこで、とにかく、食事。何よりもまず、食べるようにしてます。

で、最近、主食のご飯、うどん、パスタ、パン、などの炭水化物を、ダンピング覚悟で食べるようにしております。やっぱ糖質高いと確実に前期&後期ダンピングに襲われ、だいたい寝落ちか気持ち悪くて動けなくなってたりしてますが、家にいる時だとゴロゴロしてても大丈夫だし、トイレも近いし、嘔気止などの薬も万全だからそこまで困る事もないかなあ、と思いましてね…。とにかく、何をするにしても体力つけない事には話にならないので、エネルギーになるものを食べる、と思い立ちまして。(…主治医にもめっちゃ怒られたしね…たははー。。。)

そう、パン。パンですよパン!
最近パンを食べてます。…味覚障害のせいもあってか、やっぱりあんまり美味しくないんですけど(-.-;)、がんばって少しずつ食べてます、パン。パンはパンでも菓子パンじゃなくて惣菜パンの方が結構いけます。おかず味であんまりパンっぽくないから食べやすいのかも???とにかくカロリー高めでいい感じです、パン。…毎日菓子パン食べられるようになったら最高だなあ~。
あと、にゅうめんとか、インスタント麺とかも最近良く食べます。この時期、温かいおつゆの麺類は美味しいですね。もちろんズルズルとはいかないので、よく噛んでゆっくり味わってます。

それからコレは関係ないかもですが、最近コーヒーゼリーがお気に入りです。刺激物が味覚障害にちょうどいいのかも?です。でもあんまり食べるとお腹壊すので、適量を、お腹冷やさないように、適度に。…デザートはもっとカロリーあるものを食べた方がいいかな?鯛焼きブームもちょびっとだけ到来してますが、コレも砂糖たっぷりのあんこなので、食べ過ぎるとダンピングになるしなあ…なかなか調整難しいです。


まあでも、とにかく、食べます。
本日11/10の体重、36.0kg。…ううん、まだまだだね。

食べまーす。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

お久しぶりです

治療方針、固まってきましたね。
身体にあって、副作用が軽いと良いですな。
自分の場合も現時点で抗ガン剤を選択するとしたら
同じ組み合せが選ばれる様な話でした。

秋も深まって、体調も崩しやすい時期になってきましたけど
暖かかくして、お過ごし下さい。
無理は禁物、自分に優しくボチボチと!
ご自愛下さいね。

お久しぶりです~~

ぽいぽいさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
ホントお久しぶりです、お加減いかがですか?

やー、いろいろ決定しました。
もう今からビビりまくっております(笑)。
ホント、今度の薬が自分に合うことを願うのみですわ…しかし怖いです。
って、そっかー、ぽいぽいさんもXELOXやってたかも…、だったんですか。
抗癌剤治療は生活リズムが変わってしまうので悩みどころですよね…。
ぽいぽいさんもぼちぼちで、どうぞご自愛ください!

いつもありがとうございます♪♪(*´▽`)

こんにちは

私は今は治療はやってませんが、
抗ガン剤治療中は本当に苦しかった💦
私も動けなかったし、食べる気もおきませんでした。
私は抗ガン剤治療中、何とか楽になりたくて
米ヌカ酵素風呂に入りました。
体にあったのか本当にみるみる元気になりました。
抗ガン剤は苦しいし、辛いです。
泣きたくなります。
だから、少しでも治療を続けられるように
楽になる方法を見つけてください。
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-1651.html
ガンの消えた人に何を食べたか教えてもらった

初めまして

hiromama922さん、初めまして。
コメントどうもありがとうございます。

hiromama922さんは、以前は抗癌剤治療を受けてたのですね。
病状的に、TS-1を1年間、ですかね…間違ってたらゴメンナサイ。
でもどんな薬であれ、抗癌剤はやっぱ抗癌剤なので、かなり辛い経験だったと思います。
もう今は落ち着いているのでしょうか。どうぞご自愛ください。

米ヌカ酵素風呂、温かくて良さそうですねえ。
近所にあるかちょっと探してみます。

胃癌はダンピングとか、とにかく食事に関して苦労するので、
なかなか体力が追いつかなくてホントに大変ですね…。
私は今は味覚障害があるので、美味しく食べられるものがコロコロ変わったりもして
ホント嫌になります(笑)。
まあ、とにかく今は何でも食べます。食べて食べて、今後の治療も続けられるような体力をつけます。

辛さや苦しさは、なるべく少ないといいですねえ。
まあ、あんまり頑張らずに、気負い過ぎないように、ボチボチいきます。

ありがとうございます~m(_ _)m

No Subject

はじめまして
いつも読み逃げしてました~コメント初です
雅さんと私が同世代ぐらいで
母が胃がん患者です 手術はできなくて抗がん剤治療中です
体重が母と雅さん同じぐらいで
やっぱり食がすすまないんですよねー
栄養素がどうこう、もう無視してカロリー高いものを
買ったりしてます でも食べてくれないけど・・・
ネットで調べたら ポテトチップスやハーゲンダッツとか
高カロリーだからたべたらいいって書いてあったのみたので。
でも味覚障害やしびれ、だるさがありなかなか
難しいですねー
これからも
雅さんのブログ楽しみにしてます~

なおさん、初めまして。
コメントありがとうございます~いえいえ、読み逃げ全然オッケーですよ。今後もよろしくお願いします~。

お母様が胃癌で抗癌剤治療中…、やっぱりTS-1+シスプラチンですかね。
胃癌だとムカムカなどもあり、抗癌剤の食欲不振や倦怠感も手伝って、なかなか食事が進まないと思います。副作用はホント辛いんですよね…って、付き添われてるなおさんもさぞ大変な苦労をしてるかと思います。
やっぱり食べない事には体力が付かず、体力無いと更に薬の副作用にやられて悪循環になってしまうので…、何とか食べるようになってもらえるといいですね。

ちなみに私も食べられない時は、栄養や塩分、糖分がどうこう、ではなく、何でもいいのでとにかく食べられるものを食べてました。さらに味覚障害もあるため、めちゃめちゃしょっぱい焼き魚とか、ケチャップたっぷりのハンバーグとか、甘々の豆乳紅茶とか…、味のはっきりした食べ物ばかりでした。ハーゲンダッツも夏には良く食べました(笑)。アイスはカロリー高いし口当たりがいいのでオススメですけど、寒い時期はお腹冷やすので微妙かな…。甘酒はかなりオススメですよ。お母様甘酒はお好きですかねえ…栄養たっぷりで温まります。
あとは大根&人参入りのかき玉雑炊とか、鍋料理とか、湯豆腐とか…温かい食べ物がいい感じでした。
なお、どうしてもの時は病院で栄養点滴が確実ですが…、やっぱり自分の口からキチンと食べる、が一番ですね。

色々大変だと思いますが、なおさんも無理なく、ぼちぼちで…。お母様、大事にしてくださいね。

ありがとうございます~。

No Subject

レスいただきありがとうございます~
甘酒 買ったんですよ~
でも甘すぎって言われてしまいました・・・チーン

冷蔵庫にずーっと眠ってます
飲む点滴っていわれてるのにー
看護士さんにすっぱいタイプの栄養補助ドリンク
教えてもらったみたいなので
今度それを試してみようかと思ってます

雅さんも冷え気をつけてくださいねー
冷やすと副作用にしびれがあるときはテキメンなので!
いつも雅さん応援してます!

こんばんは

なおさんこんばんは、レス遅くてスミマセンです。。。

あらら…お母様甘酒はダメですか~うーん、ではお湯で作るクノールのコーンスープとかポタージュなどはいかがですかねえ…。ちょっと割高かもですが、トマト味とかチーズ味とかもあるし、何より作るの手軽で簡単だし(笑)。あと、今の時期ならホットレモンとかも温まっていいかも?ホント、お母様が安定して美味しく食べられるものが見つかるといいですね。
副作用にしびれ…って事はお母様もしかしてオキサリプラチン?SOX療法ですかね?これからは冬が来てもっと寒くなるからオキサリプラチンの副作用はホント怖いです。。。(∋_∈)
応援ありがとうございます。もうあさってです。まあ…テキトーに乗り切ります…何も起こりませんように~。

No Subject

体調いかがですか
うちの母も治療のあとはばっちり吐き気止め処方されてますよ~
クノールは母ものんでます
残したりするけど、やはりいいみたいです!
しびれねー、最初からいきなりではなかったですが
徐々にでますよね そして冬は特に気をつけないと~
足裏とかしびれてるみたいで転倒がこわいです
雅さんはムートンブーツとか外行くときははいてくださいね~

なおさんこんにちは~毎度コメントありがとうございますo(^-^)o

イメンド強力で頼りになります…安心です。今回は吐き気あんまり出ませんように~。なおさんのお母様も吐き気出ませんように。。。

クノール便利ですよね。温まっていい感じです。私はお湯少なめで作って濃いめで味わっております。完全に味覚障害…(-.-;)
そんな感じで、フリーズドライのにゅうめんや雑炊とかはお母様どうですかねえ…量も少ないので食べやすいと思います。最近私も導入してます。
しびれ…冬は大敵ですよねえ。暖かくして回避します。
ありがとうございます~( ̄▽ ̄)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。