おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 10. 16

抗癌剤変更と、卵巣摘出手術再浮上

こんにちは。
えー体調…、完全に風邪引きました。たはー。
水曜日からずーっと寝てるのでいくらか落ち着いてきましたが…寒いです…食欲無いです…。
養生します…。


えー、おととい10/14水曜日の、診察時の話。

相変わらず長いです。
長いので、とりあえず結論から報告…。


まず、先日10/7水曜日のPET検査の結果。

卵巣転移、確定です。


そのため、抗癌剤が変更します。

具体的には、セカンドラインからサードラインへ。
IRIS療法からSOX療法に変わる予定です。
…一応、使用する抗癌剤はまだ未定。でも話の流れ的に、SOX療法、つまりオキサリプラチンが濃厚。
ちなみに、抗癌剤の変更自体は決定です。


あと、一度白紙になった、両側卵巣摘出手術の話が再浮上。

また手術をやるかも、です。



* * *


この日の診察はPET検査結果発表だったので、旦那さんも一緒に…、私と、主治医と、3人で話をしてきました。

まず、この日予定してた点滴治療、IRIS14-2は体調不良のため延期…。朝から喉が痛くて微妙…風邪引いたかもです、と、微熱が明記されてるメモを見せながら恐る恐る進言。そしたら主治医は体調について特にたしなめる事もなく(笑)、あっさり延期を決定。治療は来週になりました。

で。
PET検査の結果だけど…、と、早速本題に入る主治医。検査結果発表です。


まず、卵巣転移の疑いの件。両側卵巣、どちらも光っていた。光っていたので、卵巣に癌がある事が確定。でも、肺や肝臓など他の臓器や、腸や腹膜など、お腹の中は光ってない。光ってないので、卵巣以外に転移は無い。

卵巣転移が判明したので、今後の治療法は再検討…、抗癌剤は新しい薬に変更。これは、決定。
今のトポテシンを、新しい抗癌剤に替える。

そして、卵巣に癌があるので、両側卵巣の摘出手術を、もう一度、検討。
でも、卵巣は胃癌からの転移。元々、胃癌での腹水陽性。PETでも判明しない、ものすごく小さな癌がお腹の中に残っていると考えられる。癌が残っているので、以前の話の通り、卵巣だけ取ったとしても、卵巣以外…腹膜播種など、いずれまたどこかに転移する可能性がある。手術しても、意味が無いかもしれない。
摘出手術をやるかやらないか…、非常に悩ましい所。


………。

主治医の説明が、一通り終わりました。


卵巣転移、確定。

「PET検査で両側の卵巣が光った」
主治医は私の目を見ながら、ハッキリと、そう伝えてくれた。

そうか…、そうなんだ。
本当の本当に、私の身体の中には、癌があるんだ。

そう、なんだ。


…この時、癌が確実にある、という事実には、特に大きなショックはありませんでした。
むしろ「ああやっぱりな」という感じ…。確認が出来て、ずっとモヤモヤしてた事がハッキリして、何だかスッキリした気分でした。


主治医の説明を踏まえ…、思い付く事を、順に質問。

まず抗癌剤変更の事。
抗癌剤はサードラインのオキサリプラチンですか、と尋ねると、そうだね、と主治医…、今は体力の加減で抗癌剤を目一杯ドカドカ使える状態ではないから、なるべく早い段階で効き目のある抗癌剤を使いたい、と話す。オキサリプラチンって事はSOX療法(TS-1+オキサリプラチン(L-OHP、エルプラット)併用療法)ですか、とも尋ねると、そうだね、SOXだね、と主治医…、他にサイラムザという選択肢もあるけど、次はオキサリプラチンを使いたいかな、とも話す。おおっ…商品名:サイラムザの「ラムシルバム」キタ!ここで主治医の口から新薬の話題。医療の進歩が見えました。感動。…でもサイラムザという事は、治療法はアレ…タキソール(パクリタキセル)併用療法のハズ。ううう。。。そう思って、サイラムザ使う場合はタキソールも一緒に使うんですよね、と尋ねると、いや、それはまだ分からない、と主治医。あれ、そうなのか…治療法は外科でもまだ検討中なのかしらん?…あとTS-1を使わないという方法もあるけど、とも話す主治医。…これに関してはうっかり詳しく聞きませんでした。ホントうっかり。…あれかな、飲み薬はゼローダとかUFTとかにするのかなあ…、うーん、今度、またキチンと聞きますわ。

それから、この日は延期になったけど、次回点滴治療の話。
抗癌剤変更、という話だけど来週の治療はどうなりますか、いきなりオキサリプラチン使ったりしますか、とビクビクしながら尋ねると、ああ…いや、来週はまだトポテシン使うよ、と主治医。とりあえずSOXじゃなくてIRISで、ですか?との私の言葉に、そうだね、次回はまだIRISで、と主治医。…うああ良かった…マジでマジで。一応次回はIRIS14-2…キチンとレジメン終えてなくてキリが悪いしね。良かった良かった。…いきなり抗癌剤変更だと不安が止まらないからさー…また倒れるぜ私、、、っていう(笑…えない)。ホント、良かったです。


そして、手術の話。

手術について、主治医の見解を改めて聞く。
もちろん、手術の事を軽く考えてる訳ではないし、本人の気持ちも十分配慮する。それに、初めての手術ではないから、胃全摘後のお腹の中の様子がどうなっているかは、やってみないと分からない。でも、卵巣は胃の手術と比べると、本当に簡単な手術。お腹を少し切って、取り出すだけ。胃全摘はリンパ節郭清や腸を食道に繋げたりと、本当に大変な手術。手術時間も全然違う。術後も、今はご飯もそれなりに食べられてるし動けるから、胃の時とは回復の具合も違う、胃を切った時のようにあんなに大変じゃないから手術に関して心配する事は無い、と…。
以前聞いた事と同じ事をもう一度、懇々と丁寧に主治医は説明してくれました。…って、はっはー…また簡単言ってくれましたよ主治医。いや…うん、分かってますよ、本当に全然違うんですよね、分かっております。てか、知ってます、ホント、何もかも全然違います。はい。
…でも、と話を続ける主治医。
説明した通り…、手術をやってもまたどこかに転移する可能性があるので、わざわざ体力を削ってまでやる意味が無いかもしれない。やるかやらないか、簡単に決められない…やった方がいい、とかも言えない、、、やるかやらないか、最終的には本人の判断に任せるしかない…自分で決めて欲しい、と難しい顔をしながら主治医…、手術についてかなり悩んでるようでした。まあ…以前、やりたくないって泣いた人もいたしな(笑)。ゴメンナサイ(笑)。
ちなみに手術やってもやらなくても抗癌剤は変更ですか、と尋ねると、そうだね、抗癌剤は替えるよ、と断言する主治医。…うーんそうなんだ。これは決定事項のようです。揺るぎない。うぬぬ。。。
あと手術は開腹ですか、とも尋ねると、ラパロ(腹腔鏡)でも出来なくはないけど…キチンと確認したいから、やるなら開腹かな、と主治医。おーやっぱ開腹か…、まあ実際、せっかく手術やるなら、キチンとお腹を開いて癌の様子を主治医の目と手でしっかり確認してもらいたいよなあ、とも思う…。うん、まあ、やるなら開腹でお願いしますわ。

…で。手術について…、
先生はどうしたいですか、手術…やっぱ切りたいですか、と逆に主治医に質問する私(笑)。別にイジワルじゃないですよ…、外科医の主治医の率直な意見が聞きたかったのです。すると、うーん…としばらく考え…、僕の言った通りにする?と発言する主治医(笑)。えー…いやぁ、それは分からないですよ…、と苦笑すると、またちょっと考え込み…、いや、僕には決められない、と、真ん中の意見の主治医。ズルい(笑)。で、その答えにちょい不満げな私に気を使ったのか?、対外的には手術を勧めるかな…、これは僕自身の意見ではなく、一般的な判断の意見として言うけど…普通は手術を勧めると思う…、と。一般的な意見を話してくれる主治医、、、。うーん、そうか…、まあ、そうだよなあ、癌があるんだもんなあ…、分かってるのに、切れるのに、わざわざ残す理由はないかなあ…うーん。。。

ああ、悩ましい。

…手術の話は、ずっと平行線。この場で聞いたのに、この場ですぐ決められる訳がない(笑)。

決まらないので、とりあえず手術の話はここまで、と話を切り上げる主治医。で、治療日の水曜日はずっと忙しいので、それ以外の日に今後の治療の事をキチンと話しましょう、との事で…、
来週10/23金曜日の午後、ゆっくりお話する機会を作ってくれました。…もしかすると手術で約束通りの時間に来れないかも知れないけど、と先に遅刻フラグを立てる主治医(笑)。時間が掛かるオペだってもう分かってるのかしらん?オペ帽被ったまま来そうだよなあ(笑)。…まあ…、ゆっくり待ちますよ。
で。来週までに、ご夫婦で良く話し合って、手術の事を決めて来てください、と…、手術について考える時間を主治医からもらいました。
一週間。
一週間で、手術をやるかやらないか、決める………。
…ちなみにもし手術やる事になったらいつやりますか、やっぱすぐですか、と大体の手術日程を尋ねると、そうだね、僕の手術予定によるけどなるべく早めに…、11月始めとか、やるならすぐだね、とカレンダーを見ながら話す主治医。おお…、すぐ、かあ…。まあでもすぐと言っても手術室の空き具合によるし、たぶん11月上旬~中旬とかではなかろうか、と自分予想…。うーん…でもなーんかやると決まったら、主治医の事だから無理矢理10月末とかに差し込まれそうな気がしないでもない(笑)(笑)。有り得るなコレ(笑)(笑)。やるならホントに早く手術やりたいだろうからな主治医(笑)(笑)。


手術の話も終わって、足りない薬…吐き気止め(プリンペラン)を処方してもらって、診察も終了。
手術の事はじっくり考えて、との主治医に、こちらこそよろしくお願いします…、とお辞儀をしながら伝えると、来週までに体調整えて、たくさん食べて、元気で来てね、と…、ポンポンと私の肩を叩きながら励ましてくれる主治医。来週は治療やりますから、それまでに風邪治して来ますよ、と告げ、診察室を出ました。



こんな感じでした。



いやあ…、一気に色々きましたね~。

卵巣転移、確定。
抗癌剤変更。
両側卵巣摘出手術、再検討。

目白押し過ぎる。


えーと、全体的に…、特に、転移の事に関しては落ち込んでないです。
ホントです、ホント(笑)。
落ち込むというか、あーやっぱステージ4はホントにステージ4なんだなあ、私ってホントに腹水陽性で、見えないけどホントにお腹に癌があるんだなあ、と感慨に浸ってます。
いやあ、PET検査、マジスゴいわ。お値段高かったけど、やった甲斐がありましたよ。

で、転移判明なので、今までのIRIS療法がイマイチ効いてなかったという判断で、抗癌剤変更ですか。
あー、ついにIRISと…トポテシン(イリノテカン)とおさらばかー。ありがとう、そしてさようならトポテシン…、君にもめちゃめちゃお世話になったよう。

で、新しいSOX療法か…。
オキサリプラチン…、効き目はシスプラチン並みに高いみたいだけど、副作用で末梢神経障害がほぼ100%出て、しかもそれは一生涯残るらしい…。マジ怖い。縫い物出来なくなるじゃん。
…脱毛100%のタキソール+高価な新薬のサイラムザもかなり困る。脱毛怖い。出来れば回避したい感じです。

…とりあえず、転移判明だから抗癌剤変更は決定…、副作用には目をつぶって覚悟を決めて、、、な感じ?
まあ、抗癌剤はまたキチンと主治医と話し合って決めますが…話の流れで、もうSOX決定、かな。うーん。

ああ、抗癌剤変更はかなりしんどいです(笑)(笑)。
出来れば初回だけでも入院でお願いしたい…ダメかな…。これは主治医に懇願してみる予定(笑)(笑)。頼んます主治医…マジでマジで。


そして、手術、かあ。

卵巣取ってもまたどこかに転移する可能性あり。ホント、あんま意味が無いかもしれん。それに卵巣取ったらホルモンバランス確実に崩れるし…。これは旦那さんが一番心配してます。
でも、卵巣に癌が確実にあるのが分かってるので、残しておくと不安材料があるまま、という…SOX効くかどうかはやってみんと分からんし、今後癌が育って手術不能になるかもしれんし…、、、手術、なあ…、あるかも、ではなくて、ある、だからねえ。うーん。

非常に悩ましいです。
はあ。


とりあえず当面は、今の風邪を治して来週の治療に備える感じです(笑)。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

○○さん、こんにちは。

治療法が決まって、もし何か困るような事があったら相談したいと思います。
よろしくお願いします。

そして、ありがとうございます。

No Subject

初めまして。

私はこちらで助かる見込みのない、命を助けていただきました。
www.sasaky.sakura.ne.jp
お寺のお坊さん兼ジャズドラマーさんです。
少しでも良くなる人が増えますように。
今は元気になり、生きているのが奇跡で本当にうれしいです。

質問があればいつでもどうぞ。すべて答えてくれますよ。
s1s1k2-hi-roky@marble.ocn.ne.jp

はるさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
必要だと思ったらつかわせてもらいます。情報ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。