おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 01. 28

●胃癌発見

えー、まず、どうして胃癌が見つかったのか、から。


一年半以上前、だいたい2012年4月くらいから貧血と胃もたれ胃痛うんぬんで町医者にかかっておりまして、増血剤と胃薬を飲み続ける毎日でした。

正直、自覚症状は胃痛胃もたれ程度で、良く分かりませんでした。痛みは慣れてしまうし、胃薬を飲むとスッキリしてたし。でも今思えば、貧血も胃癌症状の1つ。いろいろとタイミングが悪かったのだと思います。

で、とりあえず貧血の原因はよく分からなかったので置いといて…胃の調子がずーっと良くも悪くもならないので、一度検査をした方がいいですか、と軽い感じで医者に訪ねたら、念のためやってみるのもいいかも、やるなら紹介状書くよ、と言われ…ここで初めてきちんと胃の検査をする事になりました。

しかし、紹介先の内科クリニックの内視鏡検査は予約がいっぱいで、実際に検査を受けたのは、この日からほぼ1ヵ月後でした。


2013/12/11。
紹介先の内科クリニックで、人生初の内視鏡検査をやりました。
ちなみにここの胃カメラは経鼻内視鏡。鼻からでした。
普通の内視鏡は約10mm、鼻からの内視鏡は約6mm。うどん位の太さだ、と看護師さんに説明されました。うどんって(笑)。細いので、喉に引っ掛かる範囲がが少なく楽なんだそうです。

検査は、ベットで寝ながら、本人もモニターが見れて会話も出来る、との事。
左の鼻に、ゼリー状の麻酔を塗りつけた柔らかいチューブを差し込まれ…麻酔が効いた5分後位に先生登場。
早速、鼻からズルズルと柔らかいチューブが入っていきました。
合図と同時に、内視鏡を飲み込み、胃の中へ。
細いので楽、と言われてましたが、何しろ人生初内視鏡。細いので、とか、関係なく…とにかく痛くて苦しくて気持ち悪かったです。

で、自分もモニターを見ながらだったのですが…胃の中は素人目に見ても結構荒れていて、これはちょっとヤバイかな、と感じました。…でもまだこの時は、どういう状態がどれほどヤバイのか、全然分かっていませんでした。まぁ、そりゃそうですわなぁ。医者じゃないもん自分。

とにかく…検査しながら「まだ分からないけど、これは大きな病院で再検査する事になるだろう」「この辺りだと大きな病院は2つあるけど、どっちがいい?」とか、再検査前提で先生が話をし始めました…。それってどういう事…?とか思ったりもしたんですが、予想以上に検査時間が長く、途中で気持ち悪くなってしまい、受け応えもできなくなっていきました(笑)。
とりあえず、荒れている胃の細胞を一部採取され、検査終了。細胞は病理検査に出されました。

午前中で検査は終りましたが、とにかく気持ち悪かったので、この日はすぐに帰り、ソッコー寝ました。お昼ご飯も、落ち着くまでお腹が空かなかったです…。有休取ってて良かった…と、心底思いました(笑)。


2013/12/16。
検査の次の週の月曜日、仕事帰りに結果を聞きに行きました。
で、診察室に入ってすぐ、先生から、癌が見つかった、と言われました。

これが一番最初の告知です。

その後の話は、入院と手術が前提ばかり。
とにかく明日すぐに、手術のできる大きな病院に行きなさい、と言われ、市内にある一番大きい公立病院の、消化器内科部長宛ての紹介状を持たされました。

この日は旦那さんが迎えに来てくれたのですが、自分の事なのに、すっごく他人事のように、癌だったよ~と、気軽に受診結果を報告した覚えがあります。
とりあえず、会社の上司にもすぐ報告し、翌日すぐ受診していいとの許可ももらいました。上司に報告する時も、ホントに他人事のようでした。

実感が湧かないまま、その日は終わりました。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。