おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 06. 19

判決は来週水曜日

こんばんは。

えー、
今日の午前中、婦人科の診察に行って来ました。


えーと…タイトル通りなのですが…


何と、本日の診察では何も決まらず!!!

判決(笑)は、来週水曜日の6/24に繰り越しです。
どぎゃーん。


えー…
じゃあ今日は何をしに病院行ったのかといいますと…まあ結局の所、今日は何にもですわ(笑)。
はあ(笑)。

えーと、一応…、診察で婦人科医I先生から、先週の検査結果…腫瘍マーカーの結果と、MRI検査結果の説明を受けました。

腫瘍マーカー。
マーカーは数値的に問題無し、だそうです。良かった良かった。…あ、検査結果表もらうの忘れた…しまった。今度もらお…。

MRIは、輪切りになったお腹の画像を一緒に見ながら説明を受けました。
画像を見ると…、確かに右卵巣が大きく腫れてる。
で、卵巣の腫れ具合を、ガイドを引っ張ってさらに説明するI先生。
右が5.3cm、左が4cm。
…普通は2cm程度なので、実は、左卵巣も腫れている。
左も腫れているので…、もし手術なら、右だけでなく左右両方取る事になる、との事。
…マジか。両方ですか。右だけでなく左も…、、、両方…か…。。。うおお。。。

そしてI先生も、卵巣は手術して取り出して病理検査をしてみないと良性か悪性か分からない、と、ネットで調べた事そのままを話す。でも婦人科的には、じゃあすぐすぐ手術という事はなくて…、左右両方の卵巣全摘は悩ましい、と。女性ホルモンを作る臓器なので、全部取ってしまうとそれはそれで色んな弊害が起きるので、なかなか悩ましい、と…。女子の身体を気遣う意見も言ってくれました。女子特有の臓器の事…デリケートな話だからなぁ…。。。嬉しかったです。

でも、あれ、そういえば…、と思う。卵巣転移の可能性の話…。

で…、おととい6/17水曜日に外科の主治医の診察があった事を伝え、その時に色々聞いたんですけど…、と話すと、何とI先生、私が主治医から聞いた話は何も聞いてない、との事…!!!えええ(笑)(笑)。…忙し過ぎて?、外科の主治医から婦人科I先生には連絡はいっこも伝わってなかったよう?です?…マジか主治医ーー(笑)(笑)。
…仕方がないので?、おととい主治医から聞いた話を、いいのかコレ…と思いながら、私がI先生に説明しました(笑)(笑)。
胃癌の腹水陽性による卵巣転移の疑いの話…、あんまり手術はやりたくないけど、どうやら主治医は早く切って欲しいっぽい…、手術をやらない場合は抗癌剤治療を考えている…、などなど…、、、一連の話をさらっと説明。とりあえず、手術はあんまりやりたくない、でも、転移の事や抗癌剤治療の事を考えると非常に悩ましい、という考えも伝えました。
…I先生は、転移の絡んだ話が出た事にちょっとびっくりしてる感じでした。でも、胃癌からの卵巣転移は実は結構ある、とも言ってました。そ、そうなんだ…。
で…、この腫れが本当に癌による腫れなのかどうかを、婦人科の癌専門医…、婦人科系の癌に詳しい上司の婦人科医と一度キチンと相談してみたい、と話すI先生。
さらに、外科の主治医が外科側のどういう判断をしているのか把握していないので…、主治医ともキチンと相談して、手術の話を含めて今後どうするかを決めたい、との事。

そんな感じで、一旦、婦人科癌に詳しい上司の婦人科医、及び、外科の主治医と、要相談…。相談した結論は、来週の点滴治療日…外来ケモの日に合わせて、6/24水曜日に説明。血液検査の結果待ち…主治医の診察の待ち時間の間に、業務の合間に時間を取って話をしてくれる事になりました。

そんな訳で、判決はまた来週に繰り越しです。うそーん。
…ホント、今日は何にも決まりませんでした(笑)(笑)。

何しに行ったんだか(笑)。
めっちゃモヤモヤするわ…頼むで早よ裁いてちょーーー(笑)(笑)。。。


ああ、しんどい(笑)(笑)。



あっ…
でも今日、病院の廊下で偶然主治医に会いました。金曜日の午前中は外来診察日なので、たまたまその辺フラフラしてたのでしょう(失礼だなおい笑)。ホント、偶然バッタリでビックリでした。で…、ちょうどいいので、I先生が相談すると言ってましたよ、と、さっきの婦人科診察での話を、さらっとだけど主治医に伝える事が出来ました。分かった、とうなずく主治医…、ポンポンと私の肩を叩いて元気づけてくれました(笑)。うはぁ…、、、ホント心配かけまくってんな私…情けない。。。じゃあまた来週、と、にこやかに主治医。いつものように、白衣をなびかせながら足早に去って行きました。…はっはー、ホントにチョロいぜ私…ちょびっと元気になりました(笑)(笑)。

それから…、診察が思いの外早く終わって時間があったので、この日もがん診療部へ顔を出しに行きました。先日事務さんにえらい泣きついてちょっと迷惑かけたので(笑)、そのお詫びをしに、と思いましてね…たはは。
で、事務さんに無事会え…、この前はありがとうございます、と、話をしてる最中、いつもお世話になってる相談室の担当看護師さんが姿を見せ…偶然だけど会う事が出来ました。お久しぶりです、と挨拶をし…、ちょうどいいタイミングなので、婦人科関連の経緯を看護師さんにも話しました。

私の話を聞いた看護師さん…、疑わしいなら手術した方がいい、取ってしまえば不安材料は無くなるから、先生が言う最善策を取るのが一番いい、と…。手術を受ける事を勧められました。さらに、卵巣癌についても詳しく知ってるようで、悪性になるまで進行しないとよっぽど見つからないので、早い段階で疑わしいものが見つかった事をラッキーと思った方がいい、とも話す。うーん、そうなのか…。で、抗癌剤治療にも詳しい看護師さん…、もし手術をやらないとなると、ホントにキツイ治療をやる事になると思う、とも。…もしかして髪が抜けるヤツですか、とおそるおそる聞いてみると、そう、あれは絶対抜けるよ…女子だから嫌だよね、使いたくないよね、と看護師さん、、、ホントによくご存知だわ。さらに、その抗癌剤が合うか合わないかはやってみないと分からないし、もし合わなかったら、今後、治療で体力が削られた状態で手術をする事になるかもしれない、そうなる前に…、元気な状態のうちに、早めに手術を受けた方がいい、と…。目からウロコな意見を出してくれました。
そうか…そういう考え方もあるよなぁ…、、、ああ、やはり聞いてみて良かった。色んな人に聞くと、色んな方面から意見が出る。視野が広がって参考になる。

てか…、やはりがん相談室の専任看護師さんだけあって、癌に関する知識と見解は人並み以上。そんな看護師さんにこういう意見を言われると、何だか早く切ってしまった方がいい気がしてくる(笑)。…誘導されてる???(笑)(笑)メンタル弱ってるとあんまり冷静じゃないから流されやすいかもなぁ(笑)(笑)。

手術…なあ…。ううーん、悩ましい。


とりあえず、、、来週、水曜日。


それまでに、もうちょっと、ジタバタした気持ちをどうにかしたいですなぁ。
ははは。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

No title

こんにちは 久しぶり~
なんだか難しい決断をせまられるみたいだね 
どういう結果になっても僕もその看護師さんが言うように
必要なら手術したほうがいいと思う。いままでの苦労もわかるけど
選択は二つに一つ、どっちにするか、どっちが重いか
生きるための選択だもんね。ここはぐっとこらえてがんばろう。

イワナさん、こんにちは~。いつもコメントありがとうございます。

とりあえず、手術の話は一旦落ち着きました。でも、必要なら受ける、という考え方に、ちょっとずつですが移行してきてます(笑)。

まあ…ホント、最善を尽くす、ですかね。
今、やれる事をやります。見守っててちょ~、です(笑)。

ありがとうございます~m(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。