おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 06. 14

緊急MRIでメンタルグダグダ



来ました来ました、ネガティブ日記(笑)(笑)。
ちょっと婦人科で色々ありまして、かなりメンタルグダグダです。酷いです。
気を付けてください。



* * *


えー。

6/12金曜日、婦人科外来に、先週の診察&癌検診の結果を聞きに行ってきました。


……さらっと先生のお話&結果を聞いて、さらっと帰って来る予定だったのですが…、

って、まあ、まだキチンと分かってはいないのですが…、、、

想定外も想定外。完全に無罪放免、何も無し、ではなかったです。
たはー。



えー、診察時の、担当の婦人科医I先生のお話。

とりあえず、癌検診の結果から。
子宮頸癌、子宮体癌、どちらも問題無し、との事。
これについては一安心。良かったです。


…で。

前回エコー診察時に、ちょっと腫れてる、と言われた、右側の卵巣の話の続き。

腫れてる事は腫れてるけど、ものすごく大きく腫れてる訳ではない。でも、I先生的に、ちょっと気になる大きさ。気になるので、今のこの機会に、キチンと調べておきたい、との事。
で…、
私は抗癌剤治療の関係でCT造影検査をかなりこまめにやってるけど、子宮や卵巣の詳しい状態というのは、実はCTではよく分からない、キチンと判断するにはMRIでの画像検査が望ましい、との事。エコー、腫瘍マーカー、MRIの3つが揃うと、総合的に判断する事が出来るので、念のため、ぜひともMRIを撮りたい、と。


…は?
えむあーるあい?
…MRIって、あの、超絶ウルサイ、磁石の検査の、あのMRI?


…何だか話がややこしくなってきました。

で…、普通に予約を入れてをMRI検査待つと1ヶ月先とかになってしまうので…、もし今日、検査の空きがあるようだったら、今からMRI検査を受けて欲しい、と。
…で、まあ…この日はもう婦人科診察の日、という事で診察終わったらお昼食べて家に帰るだけ、とかで、特に予定も入れてなかったし…、まあ、念のため検査を受けてと先生に勧められたらもう受けざるを得ないし…(笑)、あと、抗癌剤治療の兼ね合いもあり、ちょうど今が一番元気な時なので、むしろまさに今が検査のチャンス、という事もあり…、協議の結果…、まあ、じゃあ、今日やります、という事で決定。ソッコー検査室に連絡&緊急検査の予約を入れるI先生…、
急遽、この日の午後、13時半からMRI検査実施、が決定しました。


で…。
さらに話を続けるI先生。

まだ今の段階では分からないけど、もしも検査結果に異常が見られた場合…つまり、悪性の可能性が出た場合…、手術をする事になるかも、と。
で、卵巣は、内視鏡で簡単に手術が出来るようなものではないので、もし手術になった場合、お腹を開いて取り出す事になる、と。
つまり、がっつり、開腹摘出手術になる、と。


……は?
手術!?
…お腹を切る!?


ホントにヘンな話になってきました。

…で。
検査結果の発表(笑)は、前回診察時の私のグダグダ体調もあり?…、来週6/17水曜日の抗癌剤治療後の体調を考慮して…、診察は来週6/19、ではなく、さらにもう1週先の、6/26金曜日に、という事になりまして。
ではまた再来週に、という事で、この日の診察は終了しました。


診察が終わり…、MRI検査の説明を看護師さんから聞き…、検査前にご飯を食べても大丈夫、という事で、とりあえず、一旦、お昼ご飯休憩に…。

診察の内容と、予定外のMRI検査をやる事になったので、旦那さんにメールで報告…。。。ポチポチと考えながらメールを打ってるうちに、何かゾワゾワとした気持ちが押し寄せてきました。


いやいやいや。ちょ、待て待て待て。
検査結果を聞きに来ただけで、お昼食べてさらっと帰る予定だったのに…、MRIとか、手術とか、お腹切るとか、、、
I先生、さらっと、あっさり言ってくれちゃって…

最悪、手術…、しかも、また、お腹を切る、ってか???
…また、手術入院するってか???

マジか。マジかよ。


マジかよーーーーー。。。



…お昼ご飯は、落ち込んでもお腹は空くので(笑)、普通に、キチンと食べられました。
でも…、食事を済ませ…、まだ時間があるけど、これからMRI検査、と思うと、、、急に不安がドカンと押し寄せ、泣きそうになり…、検査部まで足が向かなくなってしまいました。


頭の中を、色んな考えがぐるぐると回る。
さっきの診察で聞いた話が、繰り返し繰り返し、押し寄せる。


MRIで画像検査。バッチリ判断出来るだろう、、、。

もし、悪いものが見つかったら、手術…、また、手術。

でも、正直、もう、手術はやりたくない。
前に、手術はもうやらない、と、外科の主治医が言ってくれたのを忘れていない。
胃全摘術後から1年と数ヶ月…、お腹のキズは、もうすっかり治ってる。キレイに治ってる。
なのに、またお腹を切るなんて。また、ハラキリ。
痛くてしんどくて、キズが増えて、体力がまた落ちて…、、、。。。

やっと食べられるようになって来て、やっと、体力がそこそこ戻ってきて、、、やっと、ここまで来れたのに。

そろそろ、抗癌剤も元の量に戻してもいいかも、という感じで、やっと、治療も落ち着いてきて…、治療のペースも、それなりに掴んできて、ホントに、軌道に乗ってきてる感じなのに。

また、振り出し…?また、逆戻り?また?


…もう、ホントに、手術は勘弁。やりたくない…ホントに。


でも、検査は検査…。しかも検査をしてみない事には、どうなるかも分からない。

でも、、、


。。。


考え過ぎて涙が出そうになって…、でも、検査までまだ時間があったので…、ココで思い付いて…、
いつもの、がん診療部に行きました。

診療部に着いて、いつもの受付事務さんの顔を見た瞬間…、涙が溢れてしまう私。泣き付いてしまいました。
ただ事でない雰囲気を察した事務さん…、どうしたの、と、話を聞いてくれました。
で…、事務さんに、婦人科診察での経緯を説明してる時…、もう手術はしたくない、とハッキリ口に出した瞬間、ホントに涙が止まらなくなってしまう私。
号泣し過ぎて、お腹が痛みました。
胃はもう無いはずなのに、お腹の真ん中が、ぎゅうっと苦しくなる。痛む。
すごく、すごく、苦しかったです。

あああ、メンタルグダグダ。最悪です(笑)。

…改めて…、本当にもう、手術はしたくないのだなぁ私、と、自分自身で、気持ちの確認をしてしまいました…。

散々気持ちを吐き出して…、これでもかというくらい、泣く私。事務さんは私の背中を擦りながら、たくさんたくさん、慰めてくれました。辛い時にこの場所を思い出してくれて、来てくれてありがとう、話してくれてありがとう、と事務さん…、逆にお礼を言われる私(笑)。あああ、情けない恥ずかしい…。。。でも、MRI検査前に、少しだけど、気持ちの整理が出来ました。とても助かりました。
ありがとうございます。


覚悟を決め、いざ、MRI検査。
検査自体は10分位。ものすごい音で相変わらずうるさかったです。

…あー、えーと。
実は私、MRIは4回目だったりします。
昔の話ですが…、5年前、2010年4月に急性小脳炎という病気にかかった事がありまして、その時、脳みそを調べるためにMRIをやった事があります。スゴイ機械があるんだなぁ、とびっくりしましたねぇ。懐かしい…もうそんな前になるのか~。…って、まあ、この病気の話はまた、気が向いたら(笑)。胃癌関連の話じゃないですしね(笑)。



検査が終わり、家に帰り…、1人。
ぼーっと立ち尽くす。

その後…、仕事から帰って来た旦那さんに、いきなり泣きつく。

でも、全然気持ちは収まらず落ち着かず…、突然だけど、友人に電話し直接会ってもらい…、、泣きつく。たくさん、たくさん、、、夜遅くまで、たくさん話を聞いてもらいました。本当にありがとうね…めっちゃめちゃ助かりました。

この日は眠れないかな~と思ったけど、何だかいつのまにか寝付いてました。
…泣き過ぎて疲れたかしらん(笑)(笑)。



こんな事が6/12金曜日にありました。


いやあホント…、手術って。マジかよ。
さらっと言ってくれるぜI先生…、、、。びっくりしたわ。


…まあ確かに、医師として最悪を想定するのは普通だし、院内外科の主治医の紹介で婦人科にかかっているので、抜け目なくキチンと調べて外科の元へ送り返す、というのも分かるし。それに、早期発見&早期治療なら、治る確率が格段にアップ。早めに手を打った方がいいに決まってる。
…って、そうそう…えーと、実はこの日の診察前、血液検査もやりました。先週6/5の診察終了後に、看護師さんが、来週は採血もありますのでよろしく、と言ってまして。で、その検査内容が何と「腫瘍マーカー CEA125」だったという…。ネットで調べた所、「CEA125」は、卵巣癌に特化するマーカーなんだそうです。マジか。…先週の診察時に卵巣の腫れ具合を診たI先生は、もうその時すでにこれはもしや…と気にしていて、念のため、と、先に手を打っていたんですねぇ。さすがプロ、素早い判断。素晴らしいです。


でもねぇ…、いきなりさらっと手術って。
はー。


…インターネットで卵巣腫瘍について色々調べてますが…、何だか調べれば調べる程、悪い方悪い方へ考えが傾いちゃいますねぇ、、、いかんいかん。…こういう時、ネットって便利過ぎてコワイですわホント(笑)。ああ、やだやだ。


ただ単に、まだホルモンバランスが崩れていて、月経や不正出血の度に微妙な腫れを引き起こしてるだけで、良性の腫れ具合なのかもしれないし。
それに…、金曜にはMRI以外の検査結果が揃っていて、診察時に完全に悪性、と言われた訳じゃあないし…、MRIの結果がどの程度の時間で出るのか知らないけど、もし、本当に悪性で緊急性があったら、もういきなり直接病院から電話があったりするかもしれないから…、
診察時に確実な事を言われなかったって事は、連絡がないって事は、、、『大丈夫』って事なのかもしれない。


そうに決まってる。大丈夫、大丈夫。


…大丈夫、と思いたい。
思いたいけど。

その検査結果は、何と2週間後。ものすごく先。そんな長い期間、宙ぶらりんのまま。
ちょっと考えるだけで、涙が止まらない。悪い方ばかりに考えてしまう。
そして何だか、何もかもどうでも良くなってくる。


来週6/17水曜日は、トポテシン点滴治療の日。
TS-1も同じ日にスタート。


…。。。

ああ、もう。


こんなメンタルグダグダ状態で抗癌剤治療なんかやれるかコラーー!!!!!!!!



…失礼しました。m(_ _)m


まだ…、ズバンと気持ちが固まった訳ではないですが…、
すでに色々決まってる予定を、ちょっと一旦ストップしてもらおうかなぁ、と、思い立ちました。

えー。
婦人科医I先生の診察予約は変更してもらい…、出来るなら、再来週ではなく来週6/19金曜日に、判決(笑)をば。

で…、
6/17水曜日の点滴治療は、もう、延期!
延期だー!!


…はい。主治医に懇願して、延期してもらおうと思ってます。

えーと、6/17水曜日にIRIS11コースがスタートすると、2回目のトポテシンは7/1水曜日…、実はこの日、主治医は休診。お休みでいないんですわ。で、ちょうど主治医のいない週に治療日が当たるのはちょっとどうかなぁ、とも思っていたし、この事を先日主治医にも聞いてみた所、もしなら延期してもいい、みたいな事を言っていたので…、じゃあもう6/17が延期でも全然構わないんじゃね?むしろ延期の方が都合イイんじゃね?、と思いましてね…(笑)。
とにかく、検査結果が問題無いにしろそうでないにしろ…、どうなるか、どうするか、キチンと決まってから治療を始めたい。始めたい、というか…、出来ない。やれない。やりたくない。

ずいぶん自分勝手な考えになって来てますが…、ちょっと希望を伝えてみようかと思ってます。

で、、まあ、もし治療が延期出来なかったら…、6/17水曜日の診察の時に、主治医からMRIの検査結果を聞き出そうかとも考えてます(笑)(笑)。…コレはどうなんだろ…やっぱダメかなぁ…そもそも別の先生がオーダーした検査の結果…しかも婦人科的な詳細な結果を外科の主治医が勝手に判断出来るものなのかどうか…うーん、何かダメそうだよなぁ…ううむ(笑)。

どうかなぁ。うまく行くかなぁ(笑)。



まぁ…ホント、検査結果が出ない事には何も決まらないので、色々考えた所でどうしようもない、どうにもならない、なる様にしかならない、ってのは分かってはいますが…。


ああ。
ひっさしぶりにメンタルグダグダ。ドン底です。あああー。。。。。


とにかく…、


本当に、もう、手術はやりたくないです。

あんなしんどい思い、もう二度とゴメンだ。


でもなぁ…、やる事になったら…、やった方がいい、という事になったら…、もう、やるしかないんかなぁ…。。。


ああ。


しんどいです。はー。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。