おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 02. 12

●食事のストレス

入院中に、食事のストレスについて綴った文章です。

こんな事を感じていて、退院が延びていました…はぁ。
自分が「出来ない事」がプライド的に許せないので…入院中、とても苦しんでました。身体そのものの回復がかなり順調だったので、それに合わせて食事も順調に進んでいなければいけない、出来ていて当然…と思い込んでたようです。病人のくせに(笑)。

めんどくさいな、自分!


* * *


とりあえず、現在の食事について。

1/29(水)の顛末は、その日の晩に来た旦那さんに全て話しました。その他、同じ病棟で仲良くなった患者さんとここ数日のおしゃべりで気づかされたり、主治医と話をして、自分自身再確認できた事がありました。

「食事」が、自分が頭で思っている以上にプレッシャーだ、という事です。

食べ方の訓練そのものはそこまで苦ではないです。「少量を良くかんで、ゆっくり時間をかけて」は、きちんと守って食べてます。食べてる最中に飽きてきますが(笑)、30分くらいかけて、ホントにだらだら、時間をかけて食べています。

問題は、心理的プレッシャー。出された量の食事はなるべく残さず食べなければ、と、自らを追い詰めていました。

運ばれてくる食事は、ぱっと見、多い。たぶん、健康な時の私でもやっと食べられる量。結構たくさんあるし、ほどほどでいいから、と言われてるけど、がんばって食べれば主治医や看護師さん、旦那さん、みんな喜んでくれる。そもそも、残さず食べる、という考え方で今まで人生歩んで来たから(笑)、出された食べ物は極力残したくない。でも身体的に、全部はとても食べられない。申し訳ない気持ちのまま、残す。そして仕事なので当たり前なのだけど、主治医や看護師さんから「どのくらい食べられた?」と、毎回毎回食事の量を聞かれる。何度も聞かれるうちに、だんだん「今日はこれだけ食べられた」ではなく、「これだけしか食べられなかった」と思うようになっていた…。
食べなければ体力がつかず回復が遅くなり、ますますみんなに迷惑がかかる。しかし食べられない。それでも食べなければ…。

ちょうど術後の痛みも引き、ドレーンや点滴が外れてきて、もう元気になって食べられる、と錯覚していた部分もありました。

「胃がない」という自覚が足りてなかったのです。

身体と心がズレたまま、食事は日に日に五分粥、七分粥、とどんどん進み…、そして全粥が出た日、出された量をまともに食べられない事がストレスになって、迷走神経反射なる症状でぶっ倒れたのでした。


まぁ、結局精神論なんですが(笑)、現時点でも、食事を残すストレスは半端ないです。食べられる量だけで終了…いやいや、残しちゃもったいないだろ、と。
主治医には散々「半分で合格なんだから残してもしょうがない」「食べる量は減って当然」と言われていますが、なかなか割り切れず、難しいです。


なので…
退院したら、食事を出す量は自分で調整できるし、どれだけ食べたか誰からも聞かれなくなるし、で、少しはストレス減りそうで良かったなぁ~、とか考えております。いやホントに。

まぁ、時間かけて、割り切れるように、心も訓練したいと思います。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。