おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 05. 08

唯一の強み

私の、たった一つの強み。
ちょっとアレな話なので注意、です(笑)。



副作用にやられて、どんなに吐き気MAXで気持ち悪くて七転八倒しても、唯一、強みがあります。

『吐かない』です。

治療開始後、結局一度も吐いた事がないです。

最近は、プリンペランを食前に服用し、食べてもなるべく吐き気が起こらないよう対策を取ってますが、それでも、強い吐き気が襲って来る事があります。
食べてすぐ、とかは、強めの早期ダンピング症状だと思いますが…こみ上げてきて、のた打ちまわって、ぐったり、とか、よくあります。

でも、とにかく、飲み込んでしまえば、どんなに気持ち悪くても、吐かない。
調子が悪い時には、下痢が止まらない、とかもありますが、とにかく、上からは吐かない。
上手に吐けないだけなのかもしれませんが(笑)、こみ上げてきても、そのまま耐えれば、吐かない。

吐かないので、体内で栄養になってる…はずです。
食べれば食べただけ、キチンと身体の役に立ってる。
これだけは、かなりの強みだと思ってます。


…だから、この強みを活かして、本当は、一番しんどい時も、ちょっと無理してでも食べたり飲んだりすればいいんですけど…なかなか難しいですねぇ。
しんどいから食べられないんだけど!ってね(笑)。


なので…次回は、しんどいけど食べられるレベルの吐き気くらいで、どうにか乗り切りたいですねぇ…。

となると、やはりステロイド増量しかないのかなぁ?ステロイドがいい感じに効いてたと思われる3日間は、そこまで吐き気はなかった、と主治医にも伝えてあるし。さらに今回は点滴通院という補助のお陰もあってか、前回よりは復活も微妙に早い気がするし。

…これは主治医も感じているみたいです。前回はホントに、ようやく、やっと、何とか食べられるようになった、という印象だったけど…今回は今回で副作用に苦しんだけど、食べ始められている感じが前回よりはちょっと早めで、少しだけどいい兆候が見える、と。私の胃癌闘病専用ノート(笑)を眺め、細かくメモしてある食べたモノリストを前回と比較しながら、主治医は言っておりました。…個人的には、二週間苦しんだのが十日くらいになったかならないか、くらいなんですがね(笑)。

まぁ、いい兆し、はちょっとでもあると嬉しいので、何とかこのまま調子を戻すしかないですなぁ。


ま、ぼちぼち、ゆる~く、がんばりますかね~~ノシ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2014. 04. 09

休薬期間さらに延期

今日は診察日でした。

えー…
主治医判断で、休薬期間がさらに一週間延期しました。

GWの事とかいろいろ相談したんですが、主治医的に優先順位を考えると、今はキチンと食事を取って体調を整えるのが一番、だそうです。
やっと食べられるようになり、調子が落ち着いてきた今の状態を保ったまま、次の化学療法を始めるのがベスト、との事。
私の場合、待ったなしで治療を進めるという状態ではないし…焦って今日から始めても来週まで待ってもさほど変わらないし…その時の体調は、結局その時にならないと分からないので、現在の体調を優先するのが最善策、と。

なので…
もう一週間様子見。

つまり…
TS-1服薬は、来週の4/16(水)夕方からスタート。
シスプラチン投薬のケモ入院は、4/23(水)に決定しました。


…うん。
まぁ、薄々分かっていましたけどね(笑)。
延期しそうな雰囲気は何となく自分でも感じていましたが…最初に、16日からでも問題ない、と聞かされた時点で、主治医の考えは既に決まっていたんですわな~(笑)。

全ては主治医の計画通り!(笑)(笑)

……いや、すんません、気遣ってもらって感謝してます。ホントに。
それだけ体調がダメダメだ、という事の裏返しですからね…。確かに現在ガリガリですし。
てか、カレーうどん食べた、おやつ食べた、とか話したら、すごいねぇ~!と主治医に言われる有り様(笑)。食べる事自体がすごいって…なぁ…どうなのよ。。。

まぁ…休薬期間が延びただけで、別に停滞してる訳ではないので…いろいろ気に病む事なく、さらにバリバリ食べればいいのだな~。
なるべく高カロリーで栄養豊富な食事を取り入れねば。
でも、焦りは禁物。ゆっくり、ゆっくり。



…さてはて、GWどうしましょ(笑) 。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 04. 03

ケモ室見学と休薬期間中の診察

昨日は診察日でした。


診察前、職場に顔を出し、保険証や在籍時に借りてた白衣を返す。
今回は休憩時間を狙って行ったので(笑)、みんなとゆっくりおしゃべり出来て、とても楽しい時間を過ごせました。外でご飯でも食べながらまたお話しようね、と、集まる約束なども(笑)。嬉しい…ちょっと先に楽しみがあるのはいいですね~。


中材を後にした後…診察まで時間があるので、外来化学療法室、通称ケモ室へ見学に行って来ました。
まだどうなるか分からないけど、いずれお世話になるだろうから雰囲気だけでも知っておきたかったし…先日の、吐き気に生姜の資料を届けてくれた主任さんにもお礼が言いたかったし…、以前から見学は考えていたのですが、時間的なタイミングも良かったので、今回思い切って行ってみました。

看護師さんに案内され、ケモ室での治療の流れの説明を受けながら、室内を見学。
ベッドはほとんど南向きで、思いの外明るくてキレイな雰囲気の室内。ベッド毎にカーテンがあるので、プライバシーな空間もそれなりに確保出来そうでした。
午後だからなのか、この日患者さんはほとんどいなくて、とても静かでした。患者さんでごった返してたら、また違う雰囲気なんだろうなぁ…。
帰り際、ケモ室主任さんに無事会えました。実は同い年な主任さん。入院治療は何かあっても大丈夫、という安心面もあるけど、やっぱり総合的にしんどいので(笑)、いずれは外来でお世話になりたいな…と話すと、その時は待ってるよ、と、優しい笑顔で答えてくれました。その時はよろしくお願いします~!

しかし、どうやら見学に来る人は稀?まぁかなり隔離された場所にあるし、普通用がなかったら来ないよなケモ室…。でも、どんな所か一度見て雰囲気だけでも知っておくと、治療中の緊張の度合いも違うだろうし…私はアリだと思います、ケモ室見学。レッツゴーケモ室見学!


えー診察。
やっと、そこそこまともに食べられるようになった、と話す私を見て、主治医もだいぶ安心した様子でした。
吐き気止めの服用も先週よりだいぶ数が減り、なかなかいい調子。
これなら無事、次の抗癌剤治療が始められそうかな、と自分では思っていました。
しかし、別に来週から2コース目をスタートしなくても…再来週からでも問題ないから、と、かなり慎重な主治医。
2コース目以降は間を空ける、という事はなるべくしたくないけど、今はまだ初回なので、体力面を考えても、ここで慌てる必要はない、との事。
焦らず頑張り過ぎず、ゆっくり体調を戻してからね、と、私のメンタル面を気遣って、治療も焦らないという主治医判断…ありがとう先生。ホントいつも心配かけまくってるなぁ~…まぁ、それだけの実績(笑)があるのでねぇ…。イヤな実績だ。。。

とりあえず、また来週まで様子見です。
吐き気止めはまだ6錠残っているので、今回は処方してもらわず、様子見。もしどうしても足りなくなったら連絡して、との事。

あ、今回、再発&転移の有無を確認するための検査の頻度を聞いてみました。そういえばキチンと聞いてないな、と。間抜け過ぎるわ私…。

検査の種類と頻度。

血液検査は、抗癌剤治療前に必ず毎回実施。

CTスキャン検査は、抗癌剤治療を2コース終わったタイミングで実施。
つまりほぼ2ヶ月ちょい置き。
今検査しても何も写らないだろうけど、だいたい2ヶ月置きにやるよ、と主治医。…アレかな、ステージ4の患者のCTはこう、とガイドライン的に決まってるのかなぁ…?意外にこまめな間隔でちょっと驚きでした。てっきり半年後かな~と思っていたので…。
つまり5月にはCT撮るのね…。

なお、内視鏡検査…つまり胃カメラも定期的に実施、だそうです。
えっ胃がないのに胃カメラ飲むんですか!と私が聞くと…再発するなら吻合部、つまり切ってくっつけった場所が一番再発の可能性が高いので、胃カメラだとキチンと見て確認できるから必須、と主治医。は~なるほど~…。まさか胃がなくなっても胃カメラと付き合う羽目になるとは思いもよりませんでした。もう胃カメラとは一生縁が切れた!と思っていたので(笑)。定期的に…うーん、いつやるんだろ…ガクガクブルブル。何よりも筋肉注射がイヤだー(泣)。


こんな感じでした。
やっと調子が戻って来た所を、待ったなしで治療を再開…というスタンスを取らない主治医に、改めて感謝です。
本当なら、昨日から2コース目スタート、でしたからねぇ…。
しんど過ぎて心が折れたら本末転倒だから、気遣ってもらって嬉しいですホント。ありがとうございます。

心に余裕が持てている今、徐々に体力も戻していきたいです。歩け歩け!


だがしかし。
延期すればするほど、服薬期間も伸びる…。
ちょっと今考えているGWの予定が、どうなるか分からない状態になってしまいました。うむむ…どうしよう。
とりあえず来週まで保留かな~。。。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム |  »

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。