おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2016. 01. 27

1/6診察メモ&XELOX療法3コース目外来ケモ

1/6水曜日は、年明け初の外科の診察と、XELOX療法3コース目のオキサリプラチン点滴治療日でした。


もちろんこの日も前日採血を済ませてありました。朝イチで病院へ向かい、外科外来直行。最初はそんなに混んでないかな~とか思っていたけど、さすがに年明け最初の水曜日はそんなに甘くなかったです。この日も結構待ちました。…てか、まあ、仕方ない(笑)。


えー、診察。
明けましておめでとうございます、と新年の挨拶を交わす主治医と私。調子はどうだった?と尋ねる主治医に手引きを開きつつ、初詣に出掛けたり正月料理たくさん食べたりしていい感じでした、お餅も上手に食べられるようになりましたよ、と、年始の様子を伝える。ただ、前回は帰ってから冷えて痺れが強く出てちょっとヤバかったんですよ、旦那さんに助けてもらって何とか落ち着きましたけど…、と一応、前回の点滴治療日の有り様も伝える…。そうだったんだ、今は寒い時期だからとにかく冷やさないように気をつけて、と主治医…、今のところ落ち着いてるからか、この事に関してはそこまでたしなめられる事はなかったです。。。

採血結果は良好。今日の治療も問題無くやれるから、と主治医。まあ、休薬期間は一週間多かったし、年末年始ゆっくり出来て免疫上がっていつも以上に白血球が元気になってるだろう、と想像…。楽しい、は大事です。


えー、ノートを開き、聞きたい事を順番に確認。

あんまり聞きたくなかったけど(笑)、シスプラチンについて。
もしシスプラチンやる事になったら入院で治療ですか、と尋ねました。結構重要な事。外来と入院では色んな負担が違うからねえ…。で、主治医、そうだね、シスプラチンなら入院だね、と発言。おおう…、やっぱシスは入院なんだ。そうか…そうなんだ。でもシスプラチンはまだ先の話だし、次使うなら一応順番的にサイラムザからかな、とも話す主治医…、うーん、まあ、この話は、とりあえずまだ早いので保留という事で。。。

次に、点滴抗癌剤・オキサリプラチンについて。
ネットとかで調べると痺れの関係で8コースまでしか使えないとか見るけど、実際いつまで使えるんですか、と尋ねる。すると、いや、いつまでとかはない、ずっと使える訳ではないけど、副作用と白血球の様子を見て使っていくから8コースよりもっとも使えるはず、それにネットはあくまでもネットの情報だから鵜呑みにしないように、と主治医…、ちょっと苦笑い?でした。まあ、ネットの情報を引き合いに出すのは私もちょっと…、と思いながら聞いたのがバレバレだったようです(笑)。ゴメンね主治医(笑)。
てか、そうか、効果があるうちは、とりあえずXELOX療法のままか~。もし8コースまでの場合だと、計算すると4月までしかオキサリプラチン使えない、またすぐ点滴抗癌剤チェンジか…、とか勝手に想像してたので、もっと長く使える、と確認出来て一安心、です…。良かった…、ホント、良かったです。

それから、紅茶の事。
貧血が気になるので、カフェインやタンニンを含む紅茶は飲むのを控えた方がいいのかも…?と思い、主治医に聞いてみましたが、あまり神経質にならないように、飲み過ぎなければ問題無い、でも、薬は水か白湯で飲むように、との事。まあ、気にし過ぎ?たまに飲むなら大丈夫、かな。紅茶は好きなので絶つのはさみしいからねえ。

処方する薬の確認をし、次の点滴治療日の予約を押さえ…、CT造影検査の日程も確認する主治医。いい結果が出るといいね、と話す。ホント、良好な結果が出ますように~。

診察が終わって椅子から立ち上がる私の背中をポンポンと叩きながら、それじゃあ今日も行って来て、と明るく励ましてくれる主治医。ありがとうございます、ではまた月末に、と私も明るく挨拶をし、診察室を後にしました。


診察が終わり、受付表を事務さんから受け取る。この時、血液検査の結果表をもらいました。で、確認すると、年明け最初の腫瘍マーカー結果もあり、CEA、CA19-9、どちらも数値が下がってました。特にCA19-9。またまた一桁下がるという快挙。おおお~下がってる下がってる~すごいすごい、XELOX効いてるっぽいね、と、嬉々として旦那さんに結果表を見せる私(笑)。いやあ、ホント、嬉しかったですよ。


年明け初の、ケモ室での点滴治療。この日は混んでていつもの窓側ベッドではなく、北側のベッドに案内されました。
治療はいつものように制吐剤~オキサリプラチン~流す用の生食。

で。
時間はいつも通りな感じだったけど、オキサリプラチン投与後から、徐々に身体が冷え始め…、病院内なのに、ケモ室なのに、寒気で痺れが出てきてしまいました。
治療は完了したけど、しんどい。少し横になって休憩…と思ったら、そのまましばらく寝落ちしてました…ううん。
起きたら、寒い。芯からヒヤッと冷たい感じ。このままこの場所にいたら、身体が動かなくなりそうな予感。。。
…予感を信じ、もう少し休んだ方が…、と話す看護師さんを制して、早急に身支度を整えケモ室を出…、速攻で会計&薬の受け取りを終え、速攻で帰宅の途に着きました。

帰宅後は、とりあえずこたつに入って暖を取り…、湯たんぽを用意して暖かくし…、晩ご飯までベッドでずっと休んでおりました。



こんな感じでした。



点滴治療後のゼローダ服薬期間は、急に冷え込んで、痺れが強めに出たりして、まあしんどいしんどい。暖冬とか言ってたのに雪が降るっていう…ホント、寒かった。先日の日記の通り、相変わらずのこたつ待機な毎日でした。

こたつ待機だとあんま動かないので、筋肉落ちて微妙に痩せてたりもしてました…。いかんなあ、と思いつつも、寒さには勝てんかったです。はあ。
まあ、名古屋は大雪の心配無くてホント助かりましたが…、寒いモンは寒い。

無理せず、適当にぼちぼちいきます。。。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2016. 01. 15

寒さが堪える日々

 
写真:昨日整理したお薬箱。一週間分が詰まっております。基本的に水曜日の夕方スタートなので、そのマスに目印のマトリョーシカシールを貼ってあります。
間違えたらマジヤバイのでね…薬の整理は超!大事です。


* * *


こんばんは。近況報告です。


先週1/6水曜日にスタートした、XELOX療法3コース目。

とりあえず、一週間クリアです。
でも飲み薬の抗癌剤・ゼローダは、来週水曜日まで服薬期間が続きます。
まだまだ辛抱の時…。しっかり飲みます。


あー、しかし寒いですねえ。

特にここ最近急に冷え込んで、朝方ものすごく寒い。寒くて起きれない。寝坊ばっかしてます。

そして寒くて冷えるので、オキサリプラチンの副作用・末梢神経障害がじわじわ攻めてきます。
手足の先っぽはいつでも微妙にピリピリ。手首、足首、関節もすぐに冷えてしまい、微妙に痛む。冷たい空気も喉に刺さります。

で、寒いので、ぐるぐる巻きでこたつ待機の毎日…。あんま食べず動かず何もしない日もあったりなかったり。完全に運動不足でなまっております。ああ、いかんなあ…。。。いかんけど、寒さに耐えられんです。

そこそこ調子の落ち着いてる時は適当に料理もしますが、指先のピリピリがしんどいので、料理自体もあんまりやりたくない感じです。てか、まず台所が寒んですわ…(笑)スリッパ履いてても、床に立ちっぱなしでいると徐々に冷えて足の裏がピリピリします。そして洗い物は結構しんどいので、旦那さんにお願いしたりもしてます。ありがとうございます。助かります。。。

ちなみにしんどい筆頭の洗濯も、最近旦那さんに任せっきり。。。仕事終わって帰宅後、せっせと片付けてくれてます。あーめっちゃ助かる(>_<)ホント、ありがとう。。。
(湿気が心配な室内干しは除湿機がバリバリ活躍しております。買って良かった除湿機。今後もヨロシク!)


いやあ…、去年は吐き気に悩まされた毎日でしたが、今年は寒さと痺れか~…。

去年より断然暖かい冬のはずなのにこんなにしんどいのは、やっぱ点滴抗癌剤・オキサリプラチンの影響が大きいかな、と。

とにかく寒い。

腹巻きで守ってはあるけど、皮下脂肪ゼロのお腹はぽっかり冷えて微妙に落ち着かず、何だか最近お腹も壊しまくり。暖かいものを食べても飲んでも、あっという間に急転直下。うーん、参りますわ…。


こう、体調微妙だと、やっぱ不安感が募っていきますね…。こんなんでいいのかな自分、と。

…吐き気が無くてもあんまり動けずしんどいなら、ちょっと投薬量を調整してもらう方がいい…かも?
でも多分、主治医はあんま減薬したくないだろうからなあ…うーん…。。。


まあ…、様子を見て、色々伝えて考えてもらって、ちょうどいい感じの匙加減を見つけたいです。


とりあえず、明日。

明日はドキドキの、XELOX療法を始めての、初、CT造影検査です。

ちなみに術後、通算10回目。ついにCTも二桁です(笑)。…もうすぐ術後二年なので、換算すると…CT検査は年5回、ですわ。年5回…2.4ヶ月置きか…多い?少ない?よう分からんですが、個人的には費用も掛かるので少なめでお願いしたいです(笑)(笑)。


まあ、気持ち的にはそれなりに元気なつもりなので、無理せずぼちぼちいきます。
大相撲も始まってますしね~毎日楽しみです♪


とりあえず、明日。
寝て起きたら病院、です。

結果発表は次回診察の1/27水曜日。
良好な結果を求む!ヨロシク主治医!


それでは、また。
お休みなさい~( -.-)( _ _)。o〇




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2016. 01. 06

とりあえず、無事帰宅

こんばんは。

点滴治療は無事完了し、帰宅しております。

で。
早速出てます、末梢神経障害の痺れ。
…今回、ちょっと酷いです。


痛い。
痛いんですわ。


関節も痛んでなかなかしんどいです。


寝ます。
それでは、また。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム |  »

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。