おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 05. 18

胃切一年後の食事事情



胃全摘手術後、1年経っての、現在の自分の食事事情です。
…って、放置し過ぎてすでに1年4ヶ月経ってしまってますが…(-_-;)一応、1年、という事でお願いします(笑)。
ちなみに超!長いです。またかー(笑)。


* * *


えー、最近の食事の状況です。

胃の無い食生活を続けて1年経ちましたが…、胃切前のような感じに…そこそこ普通に食べられるようになってきました。


食事の量。
かなり増えました。胃があった頃の私と比べて、8割は確実?結構いけます。そして、とてもお腹が空いてる時はペロリと1人前いけるようになりました。調子が良い時はホント食欲旺盛。腹ペコです(笑)。バリバリ食べます。
ただ、たくさん食べられても、時間を掛けてゆっくり食べるようになって…、1食食べ終わるのに30分くらい軽くかかるようになりました。まあ…調子に乗ってガツガツ食べると高確率でダンピングになるため(笑)、慌てずゆっくり良く噛んで、を心掛けて食べるようにしてます。なので…時間が掛かるのはもう仕方がないかなぁ…。食後もあんまりすぐには動けないですしね。


食事の回数。
現在も、1日6回前後の分割食です。以前は3時間置きくらいでしたが、最近は、ほとんど2時間置きにお腹が空くようになってしまいました…。しかも、間食におやつ程度だとちょっと足りない感じで、お菓子ではなく、ちょっとした食事、を食べております。
お腹が空くなんて良い傾向なんですが、そんなに腹ペコにならなくてもいいのに…小腸頑張り過ぎで正直面倒…と思う事しばしば(笑)。いやあ、ホント、面倒です。…何が面倒って、食べ物を用意するのが面倒(笑)。2時間置きに何かを用意して、ゆっくり食べて、食後の休憩。そしてやんわりダンピングが訪れてグダグダしてるとまた腹ペコ。そして食べ物を用意して…。。。こんな感じで、何だかいつもいつでも何かを食べてて、常に食べ物の心配をしてます。さらに、もっと面倒なのが、食事の片付け(笑)。元気な時はそれなりにやれるんですが、しんどい時はやれない。やる気も起きない。で…、最終的に片付けをするのが面倒で最初からご飯を食べなかったりします。…いかんのですけどねー…、ホント、しんどいと面倒に勝てないです。あぁー…ご飯だけでなくお菓子も飲み物も全部が揃ってる上げ膳据え膳の世界に旅立ちたい(笑)(笑)。
まあ、今はとにかく余裕があったら、お腹が空いた、と感じなくても食事と食事の間にも常に何かを食べるようにしてます。お菓子は食間の後期ダンピング対策に一役買ってるかも?です(笑)。ああ、虫歯になりそうだわ(笑)。


種類。
何を食べたら調子がいい&悪い、何なら食べやすい&食べにくい、何ならたくさん食べられる&食べられない、などなど…、どういった食べ物が自分にとって大丈夫なのか、ダメなのか、、だいぶ把握出来てきました。そして、色々食べられるようにもなりました。胃切前とまったく同じ、という訳にはいきませんが、消化が良くて柔らかいものばかりでなく、カレーとかトンカツとかピザとか餃子とか、意外とフツーに食べられるようになりました。

まあ、食事を自分で用意する、というのは強みですかねぇ。食べられないようなものは最初から用意しないし…、自分で作ったものなら適当に残してもあんまり罪悪感は感じないし(笑)。そして自宅だと、うっかり変なメニューでグッダグダのダンピングになっても自分が苦しいだけで問題ないし(笑)。あんまり色々心配しなくて良い感じです(笑)。
それにまあ、毎食毎食、いつもキチンと作ってる訳でもなく…、面倒な時、体調微妙で用意が出来ない時、は、外食、出前、レトルト、冷凍食品など、出来合いのものにフツーに頼ります…頼れるようになりました。これはホント助かります。しんどい時は何にも出来ないやりたくない…でもお腹は空く。そういう時頼れるようになったのは大きいです。


食材で気を付けているもの。
半年前に書いた日記にあるものは、ほとんどそのままずっと要注意食材です。こんにゃく、ちくわ、蒲鉾系の練り物、固めに茹でた細い麺類、繊維質の多い野菜、固まりの海藻類、一部のキノコ類、などなど。他にも噛んでも噛んでも口の中で溶けず、飲み込む時までに噛み砕けないものは無理に飲み込まず、食べないようにしてます。
えー苦手ジャンル…、具体的なメニューで言うと、ラーメン専門店のラーメン、蕎麦、などですかね。

こんにゃく、ちくわ、蒲鉾系の練り物…つまり、おでんです(笑)。
でもおでんはとりあえず、とっても柔らかい大根や牛すじは大丈夫です(笑)。練り物系は一応、くったくたに煮てあって柔らかければ大丈夫だけど、あんまり積極的に食べないです。買ってきたちくわそのまま、とか、蒲鉾は苦手です。はんぺんは柔らかいので全然問題無いです(笑)。あ…こんにゃく…、胃切後は1回も食べた事が無いです。多分、くったくたに煮たシラタキくらいなら大丈夫だとは思うのですが…、腸閉塞が怖いので試した事無いです。固まりのこんにゃくは挑戦しようとも思いませんし、たぶん、もう一生食べません(笑)。まあ、長芋とかさつま芋とか里芋とか、芋はこんにゃく以外にもたくさんあるので…それで十分と思ってます。

ラーメン専門店のラーメン…、実は私、ラーメンはこの世で一番大好きな食べ物なんです。特に味噌ラーメンが好きです。死ぬ前にはぜひとも味噌ラーメンを食べたい(笑)。食べたいですねぇ(笑)(笑)。それほど大好きなラーメンなんですが、胃切後は食べるのが大変で苦手分野に入ってしまいました。。。とにかく、麺をズルズルと食べられなくなっただけで悲しいです。ラーメンの中でも特に細麺が大好きだったのですが、その細麺が、食べるのが特に大変です…。で、大好きなラーメンなのに大変な思いをしてまで食べるのは悲し過ぎて、最初の頃は特にラーメンを遠ざけていました。でもある日ふと思い付いて、試しに袋のインスタント麺をちょっと柔らかめで作ってみたら、それなりに食べられました。そして…、とても美味しかったのです。とってもとっても美味しくて…涙が出ました(笑)。泣く程ラーメン好きなのかよ自分、とセルフ突っ込みでしたが(笑)、ホントに泣く程嬉しかったです。で…、ラーメンを食べられるようになったぜよっしゃー!!と思い(笑)、ラーメン専門店のラーメンに挑戦してみたら、これがまあ、全然食べられない。。。ううーん。。。悲しかったです。がっくり。スガキヤのラーメンとかも、結構微妙です。インスタント麺と何が違うんだー。。。そして、中華料理屋のちょっと伸びてる?柔らか麺のラーメンはそれなりにいけます。ううーん。。。ホントに何が違うのやら。好みの違い?麺の種類の加減?
そんな感じで、ズルズルと喉越しを楽しむ麺の食べ方は出来なくなりましたので、蕎麦は苦手です。細麺のそうめんも、ちょっと苦手、、、。うどんの方が食べやすいですが、より、きしめんの方が食べやすいです。きしめんがフツーに食べられる名古屋で良かった~、と、たまに思います(笑)。

繊維質の多めな野菜で避けてるものは、シャキシャキのネギ、ニラ、タケノコの硬い部分、ゴボウ、などです。でも、餃子の中に入ってる細切れのニラとか、クッタクタに煮てあるタケノコの先っぽの柔らかい部分、ゴボウなどは結構いけます。ネギも、旬の柔らかいネギをクタクタに煮れば大丈夫。シャキシャキはちょっと無理なので、例えば冷奴に乗せる刻みネギのようなネギは苦手です。

固まりの海藻類、は、固めのワカメ、メカブなどです。クッタクタに煮てある昆布は大丈夫です。焼き海苔も、刻み海苔程度なら食べてます。おにぎりや寿司の軍艦に巻いてある海苔は食べないです。まあ多分大丈夫だと思いますが…、あまり進んで食べないですねぇ。でも海藻類はミネラル的に摂りたいので、上手に取り入れていきたいです。

一部のキノコ類は、エリンギ、えのき茸、キクラゲ、です。噛み切れん(笑)。他のキノコは食べられるようになりました。椎茸、シメジ、舞茸、マッシュルーム、なめこ、などなど。普通に美味しく食べてます。もちろん、良く噛んで、ね(笑)。


そして…、食べられない訳じゃないけど、苦手なもの。

パン。
抗癌剤の影響なのか?苦手なままです。トースト、サンドイッチ、ハンバーガー、菓子パン…、あんまり美味しいと感じないです。むしろパンのニオイでアウト。中身の具だけ食べて残したりします、、、。ただし、お菓子のようなパン…、具体的には、ラスク、蒸しパンなど。そこそこ食べられます。お菓子だから?(笑)線引は自分でもイマイチ良く分からないです(笑)。

乳製品。
牛乳は飲んだら速攻下痢になってしまうので避けてます。
そして、現在使用中の点滴抗癌剤・トポテシンの副作用的に乳酸菌がアウトなので、ヨーグルトも食べてないです。チーズはたまーに食べますが、あんまり積極的に食べませんねぇ。

スイーツ。
昔はいちごのショートケーキとか大好きだったのですが、生クリームとスポンジが苦手になってしまい…、食べなくなってしまいました。ケーキを食べる、となれば、レアチーズケーキ、ですかねー…、なぜかチーズは大丈夫なので…(笑)。でも、あんまり積極的にスイーツも食べなくなりました。プリンも、本格的な焼きプリンとか微妙です。プッチンプリンが美味しい感じです(笑)。洋菓子よりも、和菓子の方が食べやすい気がします。

白ご飯。
糖質の固まりの白米。食べると血糖値が変動し過ぎてダンピングになりやすいので、避けるようになってしまいました。外で食べる時とかも、ご飯は少なめの、さらに少なめ。お茶碗に4分の1とかの量です。それでも残す場合もあります。おかずの内容によってはそこそこ進む場合もありますが、あんまりパクパク食べるとほぼダンピングになるので(笑)、調子に乗って食べ過ぎないように心掛けてます。…ホントはパクパク食べたいんですけどね~。なので、量的に丼もの、オムライス、チャーハンなどは、しばらく疎遠な感じです。…意外といけるかしらん???今度機会があったら挑戦してみますわ(笑)


逆に、得意な食材。
単品のタンパク質、豆腐、野菜、果物、などなど。
具体的なメニューでは、焼き肉、ハンバーグ、唐揚げ、フライドチキン、焼き魚、煮魚、パスタ、グラタン、鍋、湯豆腐、生野菜サラダ、煮物、漬物、などです。

特に、焼き肉は得意メニューです(笑)。焼きながら食べるというゆっくりめな食事スピードもちょうどいい感じで、結構たくさん食べますよ、焼き肉。
大事な事なのでもう一度…、得意メニューは焼き肉です!!(笑)
…まあ、肉は亜鉛、というか、重要なタンパク質ですからねえ。栄養的にたくさん食べたいです。そんな感じで、魚もよく食べます。フツーに塩焼きとか、煮付けとか、ハーブ焼きとか、まあ色々と。鍋にもよくぶち込んでました(笑)。ちなみに寿司はシャリがたくさん食べられないので、そこまで得意じゃないです。刺身は美味しいですけどね~。

パスタ。
パスタも良く食べます。デュラムセモリナ粉100%のスパゲッティは糖質低めな炭水化物で、ダンピングになりにくい。そいういう理由から、デュラムセモリナ粉100%のペンネのグラタンやラザニアも得意です。まあ、イタリアンは元々大好きなので、美味しく食べられるパスタはホントいい感じです。今は冷凍パスタや色んな種類の手軽なパスタソースがありますしね。めちゃ便利です。
ちなみに間食で、「味の素/クノール スープDELI 完熟トマトのスープパスタ」をよく食べます。量もちょうどいいし、かなり手軽で便利です。トマト味が個人的に美味しくて好きです。そして家で食べるので、3食入の袋タイプのものが安くてゴミも少なくて、ホント重宝してます。

野菜サラダ。
以前書いた日記「消化酵素とダンピング」に則って(笑)、なるべく野菜を食べるように心掛けてます。朝一番で生野菜サラダ&果物を食べると、お腹に酵素が満たされて1日調子良くご飯が食べられるような気もします。…気のせいかもしれませんが(笑)、まあ、そもそも野菜も果物も身体にいいのでたくさん摂りたいですね。

煮物、漬物。
つまり和食、ですねぇ。イタリアンや中華も好きなんですが、何だか段々と和食中心な食事になってきてます。まあ、今は家にいて時間もあるので、手間暇掛けて、楽しんで作ってます。

鍋、湯豆腐。
朝ご飯に困った時、朝から湯豆腐作って食べたりしてます。鍋も、ブリのアラと野菜をぶち込んで、水炊きにしてポン酢でさっぱり、とかいう感じの鍋を朝から食べたりしてます。お腹が温まるし、野菜もたっぷり食べられるので結構いいですよ。


あと、間食、というか、お菓子のマイブーム。
最近はルマンド、かりんとう、ラスク、キャラメルコーン、ビスコ、などですかね。思い付いたら食べてます。まあ、お菓子は適当に飽きて、色々と別なお菓子に変わっていってますねぇ(笑)。ポテチブームとか、まんじゅうブームとか、カステラブームとか、…その時々で色々ありました(笑)。


まあ、こんな感じです。
色々食べてますよ。


しかし…、
キチンと食べてる、食べられる、と自分で実感出来るまで、ほぼ1年。
1年かかりました。

いやはや…、食事に関しては胃切後、常にストレスを感じていましたが…、焦ってもいい事いっこもなかったです。ホントにまるっと1年。食事も、焦らずぼちぼち、ゆっくりで良かったんですなぁ。。。1年前に戻って、過去の自分に焦るな、と説教したいです(笑)。…まあでも、1年前は抗癌剤治療…しかも、吐き気の代名詞・シスプラチンとの絡みもあって、食事どころか全体的な精神的ストレスが半端無かったので(笑)(笑)…、今思えば、まあホント、どうしようもなかったというか、どうにもならなかったですねぇ。たはは。
とりあえず…、ここまでの状態に辿り着くまで、長かった。…長い長い、ホントに長い道のりでした…。。。でも、何とか食べられるようになりました。嬉しいです。


えー、何でここまで食べられるようになったのか、といいますと。
まあ単純に、身体が胃の無い状態に慣れたのと、何を食べていいのか悪いのか、何なら食べても大丈夫なのか、と、自分なりに食べ方が把握出来てきた、というのがありますが。

以前のケモ日記でちらっと書いたと思いますが…、
自分で作ったお粥、が、大きなキッカケとなりました。

去年の10月~11月頃…、体重が33kg前後の頃。
なかなか体重が増えない。食べても食べても、なかなか思うように太れない。手っ取り早く太るには、やはり身体を作るメインのエネルギーの炭水化物。米や小麦粉…、白ご飯、うどん、パン、などなど。でも…、炭水化物は糖質の固まり。食べると血糖値が上がり…、ダンピングに見舞われ、食後の具合が微妙になり、動けなくなる。酷い時は吐き気も襲う。そんな具合の悪い状態になりたくないが為、食事の時の主食…白ご飯は、ごくごく少量。むしろ、食べないくらいの勢い。でも、どうしたらもっと炭水化物を摂取出来るのか…、いい方法は無いものか、と。で、色々自分なりに調べ、考え…、最終的に、糖尿病患者が主に参考にしていらっしゃるであろう、糖質制限食のページを参考にするに至りました。
糖質制限。
個人的に、ダンピング対策、というか、そもそもダンピングにならないようにするためには、血糖値のコントロールが重要、と考えています。血糖値が急激に変化しないために…、コントロールするために、血糖値が上がりにくい食事のメニューを選ぶことが大切、と。そして、いろんな食品、メニューの糖質…GI値を調べ、参考にしながらメニューを考えてみるのもいいかも、と思い立ちまして。で、その時たまたま見てたwebページに、白ご飯よりもお粥の方が糖質が低い、と書いてあって…、試しに、お粥を作ってみました。
えー…、お粥は、手術入院中の病院食の事で色々あって、ちょっとしたトラウマになってまして…(笑)、その嫌なイメージがずーっと頭にあって、家でお粥を作る事は極力避けてました。でも、秋が深まって冬になろうとする寒い時期…、朝ご飯でお腹が冷えないような、暖かいものが食べたくて…でも味噌汁はあんまり食べられないし…何を食べたらいいのか、と悩んでいまして、ちょうどいいんではないか、と、思い立ちまして。
で、その、お粥。
寒い日に暖かいお粥を作って食べてみたら、とても美味しかった。美味しかったのです。しかも、今まで食べてた白ご飯の量よりも、自分で、たくさん食べた、と思える程、たくさん食べる事が出来ました。
この、美味しくたくさん食べられた事がとても嬉しくて…、本当に…本当に、とても嬉しくて、この日から、堰を切ったように食事が進むようになりました。
…なぜかご飯の時は「普通に炊いた白ご飯」を食べなきゃいけない、という考えにとらわれていました。まあ、ちょうどこの時は納豆ブームが来てたのもありましたが(毎日毎朝、必ず納豆食べてました笑)、ホント、この日から、思い付いたように、急に。…この日からは毎朝お粥作ってましたけどね…ホント極端だよな私…。まあでも、食べられる炭水化物を見つける事が出来て本当に嬉しかったのです。

食事もメンタルが原因でしたとさ。たはは。

食べられるものを、といっても、ずっとずっと…、本当に、何を食べていいかよく分からなかったので、キッカケはどうであれ、食べられるようになって、本当に良かったと思います。


人間、食べてナンボ!!


そして、

・少量をよく噛んでゆっくり食べる
・1回の食事量よりも、食事の回数で補う

この基本の2点を、いつも忘れずに。


美味しく楽しく、たくさん食べます!食べますよ~~!




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2015. 03. 02

改めて、術後1年~

ちょうど忙しくて…その時にキチンとブログ更新できなかった、術後1年。
もう1月の話なのでかなり今更なのですが(笑)、やっぱ節目の1年なので…、自分の確認のためにも、改めて、書き記しておきます。
ちなみに長いです(笑)。またか(笑)(笑)。
…お時間よろしければドウゾお付き合いください。


* * *



2015年1月17日土曜日。

術後1年を迎えました!
お陰さまで、胃全摘手術から無事、1年経ちました。

ありがとうございます!


★傷口。
開腹の痕は、自分で言うのもアレですが、かなりキレイです。場所によっては平らになじんでる部分もあって、ホントにキレイに治ったなぁ、としみじみ思ってます。めっちゃめちゃ嬉しいです!気を遣って縫ってくれた執刀医の主治医に感謝状を贈りたいくらい嬉しい(笑)(笑)。ありがとうございます主治医!
ちなみにドレーンの痕もなめらかに塞がっていて、ほとんど分からない感じです。うっすら残っている程度。すっかり目立たなくなりました。…人間の自然治癒力ってすごいなぁ、と、見る度に思います。

傷口そのものの痛みは、普段はもう皆無に等しいです。…まあ、正直良く分からんのですが(笑)、痛いか痛くないかで線引きするなら、痛くない、ですかね。…うーん…まあ、伸びをする時、身体を反り過ぎるとちょっと引っ張られてお腹痛い、とか…、そういう感じの痛みは多少ありますが、日常的に痛むような事はもうないです。
でもまあ、普段は傷みませんが…体調が微妙だったりすると痛むような気がします。あと、天気の悪い日やとても寒い日はだいたい微妙(笑)。しくしくと傷口が痛む気がします。特にCVポート。身体が冷えるとてきめんで、思い付いた様に、急にイテテ…となります。…これはまあ、異物が身体に入っているので馴染む事はないだろう、と思ってます。それにまだ皮膚が引っ張られて富士山みたいになってますしね…。青いカテーテルもまだ良く見えますよ(笑)。まあホント、もっと太って肉をつけるしかないなぁ、という感じです。…とりあえず、ちょっと我慢すれば大抵収まる程度で正直慣れました(笑)。なので、まあ、問題ないです。はい。主治医にもロキソニンは飲み過ぎないように、と常に釘を刺されておりますので…、我慢できるレベルなら鎮痛剤にはなるべく頼らず、の方向でいきたいと思ってます。


★体調。
だいぶ落ち着いてきております。顔色もだいぶ良くなってきました。…きたはず、です(笑)。まあ、、まだガリガリに痩せてて、やっぱりパッと見は病人なんですが(笑)、シスプラチンの強烈な吐き気で食べられなかったり、TS-1の食欲不振&倦怠感に悩まされたり、寒さと低気圧にやられて体重30kg切ったり…といった、一時期の点滴補助にすがっていたようなホントに酷い状態から、何とか脱出出来た感じです。ホント、嬉しいです。足取りも、以前よりしっかりしてきた…と自分では思ってますが、どうでしょうか(笑)(笑)。
体重も、徐々に徐々に…ホントに少~しずつではありますが、増加傾向です。やっと36kgオーバーを維持出来てきてます。これはめちゃめちゃ嬉しいです!
えーと。去年11月中旬くらいからずっと、ホントにほぼ毎日、晩ご飯に鍋料理を食べております。現在進行形です(笑)。くたくたに煮た野菜はたくさん食べられるし、消化もいいし、お腹も温まる。バランス良く栄養たっぷりで、なかなかいい感じです。その甲斐あってか?徐々に体調が整い始め…体調が整うとさらに食事が進み…さらに食事が進んで体調が…、と、ここ数ヶ月でずいぶん回復してきました。毎日腹ペコ(笑)。ご飯が美味しいです。美味しいのですよ~。嬉しいです。やっぱり人間、口から食べてナンボですわ。食わなかん~。
…まぁそれでもまだ、体重は36kg前後、なんですがね…(ちなみに術前は約43kg)。でもやっと、36kg安定です。嬉しいです。このラインを維持出来るよう、たくさん食べます。食べ続けますよ~~。

あとは…食べられるようになってきたので、そろそろ体力作り、ですかなぁ。入院繰り返しててすっかり筋力なくなっちゃいましたからね。。。ふくらはぎとか、筋肉落ちてぷにぷにと柔らかいです。やべえ。
とりあえず、階段を手すり無しでも降りられるレベル位には筋力を戻したいですねぇ…。。。まだ、下り坂も早足で歩くと微妙だったりします…たまに膝がガクンとなっていきなり転びます…やべえ。急な下り坂は危険区域!あと、バス。バスも普通に乗り降り出来るレベルになりたいです。マジでマジで。…バス、足腰弱い人にはちょっと危ない。とりあえず私的にあんまり優しくない乗り物です。乗る時のステップ、思いの外段差があるんですわ。手すりに掴まって腕の力でよいしょと乗ります。で、乗ったはいいが…、いざ、目的地に到着。バスから降りる。この降りる時がかなり怖いです。ちょっと傾斜が付いている狭い降り口のステップ。手すりに掴まりながら、後ろ向きで一段一段、ゆっくり降りる。正直怖いです。毎回ドキドキします(笑)。で、大体、運転手さんに、大丈夫ですか、ゆっくりでいいですよ、と声を掛けられます…。。。たはは。スタスタと普通に降りられるようになりたいです。

まあ…、体力作りもぼちぼちで…無理せずいきますわ。いきなり色々出来んてね。
でも意識して動いて歩いて階段昇降運動!筋力アップだ~!


★食事。
1年経って身体も慣れてきたのもあると思いますが、量も種類も、かなり食べられるようになりました。
1年。
…ここまで食べられるようになるまで、1年。まるっと1年かかりました。

…食事に関してはかなり長いので(またか笑)、次回に繰り越します。
お楽しみに。なんちて。
(繰り越しの記事はこちらからドウゾ。「胃切1年後の食事事情」)


★お腹の調子。
毎日それなりに快腸です。基本的にはちょい下痢気味ですが(笑)、ほぼ毎日お通じがあり、ガス(笑)も出ております。快腸と言っていいレベルだと思ってます。
…でも…ガス、なぁ。。。うーん、胃が無いから胃酸の殺菌作用が無くなってしまったので…、ちょっと、いや、かなり臭いが気になります(笑)(笑)。マジでどうにかしたいです。で…、ホントは乳酸菌導入でズバッと解決すればいいんでしょうけど、現在使用中の点滴抗癌剤・トポテシンが副作用的に乳酸菌がアウト。一応、治療が落ち着いたら乳酸菌や発酵食品を採り入れるようにしてますが…その取り入れる時期が自分判断でマチマチ。どうも善玉菌が安定してないようで…悪臭改善はなかなか程遠い…難しいです(泣)。どうにか解決策を見い出したいです。
目下調査中ですが…ヤクルト400かなぁやっぱ?(笑)

あと、ちょっと油断して冷たいもの食べたり飲んだりすると下痢になり…、出掛けたりして水分があまり採れずとか、運動不足であんまり動いてないと便秘になり…、と。その時の状況がそのままストレートに…、簡単にお腹の調子に響きます(笑)。ホント、てきめんです。てきめん過ぎて、すげーな自分の腸…、と思ってしまいます(笑)。
まあとりあえず抗癌剤も絡んでいるので…、水分補給だけは意識的に、と思ってます。自分的な目安は1日1,500ml。500mlのステンレスボトル3回分。で…、一応最低でも1,500ml、とは思ってますが…、自分の性格上、あんまり意識し過ぎると水分補給自体もストレスになるので(笑)(笑)、その辺りはまあ、その時の状況で、ほどほどに…です(笑)(笑)。

★治療と副作用。
治療は現在、飲み薬の抗癌剤・TS-1と点滴抗癌剤・トポテシン(イリノテカン)の「IRIS療法」で、どうにか落ち着いております。副作用…、思い当たるフシは遅発型下痢と味覚障害くらいで、他の症状はほぼゼロ。落ち着いております。散々心配してた脱毛も無し。引っ張ってもガバっと抜ける事はないです。
まあ、そうは言っても抗癌剤は抗癌剤なので、寒かったり天気の悪い日などはそれなりに調子が微妙だったりしますが(笑)、シスプラチンの頃のような強烈な副作用に悩まされる事は無くなりました。
いろんな制吐剤の工夫を経て、治療入院を半年繰り返して、点滴治療は入院から外来に移行出来て…、やっと、軌道に乗った感じです。やっと、です。結局これも1年かかりましたね…。安定して治療が出来るよう、色々考えてくれてた主治医には感謝してもしきれないです。そして相談室の看護師さん、ケモ室主任さん、病棟師長、病棟看護師さん、外来看護師さん、処置室看護師さん…、旦那さん、友人知人、みんな、みんな。たくさんのサポートあっての治療です。日々助けられてます。ありがとうございます。

あと…、治療そのものに関しての心配は尽きませんが、とりあえず現時点では安定しているので、今やれる事をやる、というスタンスでいきたいです。新薬とか気になりますが…今後どうなるか正直よく分かりませんし、もし知った所でそれが今の自分に役に立つかどうかも分からないですしね…。まあ、勉強や情報収集は続けていくつもりですが…、たくさんの情報に無闇に引きずり回されないよう、今後も気を引き締めていきたいです。


★メンタル。
去年末の2014年12月、時間を掛けて主治医としっかり話をしたお陰があって…、根本的な…ホントに根っこの部分の、漠然としたココロの不安が無くなりました。…無くなった、と自分では思っています。まあ、抗癌剤治療中はどうしてもメンタル微妙になってしまいますが(笑)、以前よりだいぶ心身共に安定してきてる、と思っております。
何といいますか…定期的な『確認』は必要ですねぇ。…少なくとも、私にはそれが必要のようです。モヤモヤした情報よりもやはり、真実。真実は時に辛い事もあるかもしれないけど…、真実なら、本当の事なら、いつかは納得して受け入れる事ができるはず、向き合えるはず、と。…そんな簡単にはいかないでしょうけど。で、まあ…、体調や治療が安定してきてるとはいえ、何となく不安に思う事もたまにはあるかと思います、やっぱり。まあ…そういう不安は、相談室の看護師さんやケモ室主任さんだけでなく、主治医にも聞いてもらって解決したいですね…。込み入った話をしたい時にはキチンと話が出来るよう、時間を取ってもらうようお願いするつもりです。
…数え切れない程たくさんの患者を抱えて、ほとんど毎日病院に顔を出してて、さらにいつも手術で忙しい外科医の主治医だけど…、これからも遠慮せず、その時その時の疑問や不安は見逃さずキチンと伝えて、主治医と一緒に考えて、今後も最善の道を歩んでいきたいです。

えー、ストレス…は、ご飯が食べられるようになってきて、体調が安定してきてるお陰もあり…一時期のように酷く落ち込んだりしなくなった気がします。…気がするだけかもしれませんが(笑)。心と身体は一体。繋がってます。そのベースが食事。で、その食事へのストレスが少しずつ減ってきてるのは精神的にも大きいかな、と思ってます。人間の三大欲求の一つ、ですからねぇ…食べるの大事です、ホント。
とりあえず…、たまにどん底でグダグダしたり、テンション上がり過ぎてウザかったり、といったような色々アレな感じは、体調が安定してきてるので、もう少し…、もう少しだけ、落ち着いてくれるといいなぁ、と思ってます。
イライラや焦燥感は極力少なめで…、気持ち穏やかに、ゆったりと過ごしていきたいです。

で…、相変わらずこのブログはストレス解消&現実逃避(笑)の一つとしてめちゃめちゃ役に立っております。
頭の中の考えを文章に書き出して、目で見て読んで、整理。それによって記憶を消化?昇華?できてる感じ(笑)。考えてるだけでは見えないし…よく分からないですからねぇ。文字の力を使って再確認、みたいな。そして文章だといつでも再確認出来るので便利です。
…しっかし最近特に日記が長くて…、ホント、面目無いです。携帯でポチポチ書いてると、よくメールの8,000文字制限に引っ掛かります(笑)。どんだけーって(笑)。まあ…色々余分に書き過ぎてるのが原因かなぁ…(笑)。話言葉や形容詞が多めの日記って、日記じゃなくて完全に小説(笑)(笑)。…でも小説書いてる気分でも、誇張表現はあっても一応創作ではないので…ドキュメントストーリー、ですかね(笑)。書かざるを得ない場合もあるし(笑)。長い文章になってしまうのはホント、どうしようもないです(笑)。ごめんなさいー。…まあ…今後とも、懲りずに生暖かい目で(笑)、話半分で、適当にお付き合いくださいm(_ _)m


てな訳で。

いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします!


合言葉はいつもの、『あせらずボチボチ』!
ゆっくり進んでいきましょ~( ̄▽ ̄)ノシ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。