おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 03. 16

IRIS7-2外来ケモ

先々週3/4水曜日は、診察日&トポテシン7コース2回目の外来治療日でした。


年明け外来ケモ、無事に3回成功!
治療は隔週で順調に施行。やっと軌道に乗った、調子をつかめた気がする。
何だかいい感じ。


3/4(水)、外来治療当日。
この日もいつもと同じようなペースを保って動きましたが、緊張してたのか?いつもの起床時間、朝6時より10分早く目が覚めました。そのまま起き、朝ご飯を食べ、出掛ける準備をし…、いつもより10分早く家を出ました。
でも実はこの日、旦那さんは仕事が込んでいて早く仕事に戻らねばならず…、朝は付き添ってもらったのですが、病院へ送ってもらっただけでその後の付き添いはなく、自分1人だけで動いてました。
とりあえず、朝一で血液検査~外科外来~10時のおやつ~診察待ち。
10分早いだけで、血液検査の順番待ちがかなりスムーズ。珍しく、9時ちょい過ぎくらいに採血が終わりました。めっちゃ早かったです。
で。
採血終わって外科の受付へ…の移動中、偶然、去年ずっとお世話になってた病棟の師長を見かけました。外来治療が落ち着いて、もう少し暖かくなったら病棟に挨拶しに行こう…と考えていた矢先で…、めちゃめちゃ嬉しくて、すぐに声を掛けました。師長も私を見つけるなり、笑顔で挨拶。ホント、お久し振りです、やっと外来で点滴治療が出来るようになりました、今日もこれから診察と治療なんですよ、と師長に報告する。それは良かった、頑張ってるね、と笑顔の師長。そんな師長と話しをしてるうち…、何だか涙が出てきました(笑)。何で泣くの、と苦笑いな師長に、やっと、良い報告が出来て嬉しいんです、ホントお陰様です、とまた涙(笑)。たははー。いつでも病棟に顔出しに来てね、今日の治療も頑張って、と師長は笑顔で送り出してくれました。
いやあ…去年はずっとお世話になりっ放しで、しかもちょいちょい迷惑掛けてたから…、師長と会って話が出来て、ホントに嬉しかったです。

目元はうるうる(笑)、でもココロはほっこり。胸一杯のまま、外科外来へ。
治療前のバイタルチェック…、泣いたせいもあり、血圧はちょい高めでした(笑)。そして体重は36.3kg。この日も36kgを維持出来てました!いい感じいい感じ!
おやつはまたまた新作アップルパイを美味しくいただきました。
そしてこの日は採血がめちゃ早かったお陰もあり、診察も10時より前と、かなり早めの時間に呼ばれました。

えー、診察。
調子はどう?見た感じ良さそうだけど、と話す主治医に、今は落ち着いてていいんですけど、数日下痢が続いたりして微妙な時がありました…、と、治療の手引を見せながら先週の様子を伝える。すると、前にも言ってあったと思うけど…下痢の症状はもっと注意しないと、と厳しい顔の主治医。こ、こえぇ…と思いつつ(笑)、1日様子を見てたんですけど、次の日にロペミン(下痢止め)飲んだら何とか落ち着きましたよ、とも伝えると、いや、様子なんか見てちゃダメ、すぐにロペミン飲んでキチンと対処するように、下痢の症状にはもっと注意しないとだよ、と。厳しい口調で念を押されました。怒られた…ご、ごめんなさい…気を付けます。今度から、これはヤバイと思ったらすぐロペミン飲むようにします。。。(_ _;)
で、調子が悪かったのは飲み薬のステロイドが切れた点滴治療4日後だったので、これと関係あるかどうか尋ねてみました。しかし、主治医の見解では関係ないとの事。その時吐き気はあったの?と尋ねる主治医。いや、吐き気はなかったですねぇ、と私が言うと、デカドロンは吐き気対策で飲んでる薬だから下痢とは関係ないかな、と主治医。そうなのか~…ううん。結構調子悪かったけど、ステロイドはまた別の話なのねん…。

食欲はどう?今日の体重は?と尋ねる主治医に、ご飯はいつものように食べてますよと伝えつつ、体重測定の結果表を見せると…、身長は?測ってるの?と主治医。入院の時は病棟でいつも測ってましたけど…、外来では測ってないですね、と私。すると、今度から一応身長も一緒に測ろうか…まあ、そんなに変わらないだろうけど、一応、と笑いながら主治医。まあ身長はねぇ…成長期じゃないんだからそうそう変動しないよな(笑)。でも、次回から、バイタルチェック項目に身長測定も加わりました~。

とりあえず、血液検査結果は良好なので今日も点滴治療やりますよ、とにこやかに主治医。
IRIS7-2、今回も無事に治療スタートです。


で。
ステロイドの話が出たのもあり…今がちょうどいいタイミング、と思い…、専用ノートを広げる私。ステロイドの話もしたいんですが、とりあえず、次回治療のジェネリックのカプセルTS-1の処方箋が欲しいんです、でも…、今日だと他の院内処方の薬と被るので別の日じゃなないと無理ですよね、と私。で…、今日実は他にもたくさん相談したい事があって、ちょっと時間かかるので…、今日じゃなくて、来週相談する時間を取ってもらって…、その時に処方箋も出してもらえたら、と考えてるんですけどどうですか、と。
主治医に希望を伝える私。

すると…、いや、来週じゃなくて今全部聞くよ、どんな事?と主治医。

えっ、い、今でもいいんですか?

びっくりしつつ…、こんな感じで…でもホントたくさんあるし、全部今じゃなくてもいいんですけど…と、遠慮がちに言いつつたくさん書いてあるノートを指差すと、いいよいいよ大丈夫、今全部やっちゃおう、ちょっとそのノートよく見せて、と主治医…ノートを奪われました(笑)。メモってある色々たくさんを、上からじっくり読む主治医。

ちょっとびっくりしました。
来週でもいいから、という私に対して、今すぐ、という速攻の対応の主治医にびっくり。混んでる診察、これから点滴治療、と、お互い忙しい水曜日の午前中。ゆっくり話す時間はないから今日全部は解決しないだろう、、、また今度、だな…、と勝手に諦めていた部分もありました。だけど…、主治医はすぐその場で相談する時間を取ってくれました。

…いや、でも。
主治医はそういう人だったよ。
うん。そうだった。
忙しい午前中はちょっと、とか、こっちで勝手に遠慮してたけど…そんな心配、最初から必要なかったんだなぁ。
さすが主治医。いい先生だと改めて実感。。。
ホント、ありがとうございますm(_ _)m


ノートを見つつ、じゃあ上から順番にやっていこう、と主治医。
まずはTS-1の話から。
とにかくカプセルがいいので別の日の処方箋が欲しい、と訴える私。でも、処方箋…そうか、うーん、と考える主治医…。来週の9日月曜日にCT検査で病院来るけどその時に出せませんか、と私が提案すると いや、診察しないと処方箋は出せない、ダメ、と主治医。やっぱダメか~(笑)。まあ抗癌剤だしなぁ。。。で、考えながら…、どうしてもジェネリックじゃないとダメ?お金の問題?と尋ねる主治医。もちろんそれもあります、と苦笑いしながら私が言うと、そうだよね…長く続けるとなると全然違うよね、と主治医。そう、かなり違いますよ~抗癌剤めっちゃ高いですからねぇ。

で。
つまり院内処方のみの薬が無ければ、あとは全部外でもらえるんだよね…、とパソコンを睨みながら主治医。そうですね~院内処方のみのイメンドとデカドロンがネックなんですよね、と私。すると…、じゃあいっそその院内処方を無くそうか…、ちょうどいい機会だから今回から薬を減らしてみよう、吐き気止めを無しにしてみようか、と提案する主治医。

ええっ、無しですか!?

急な減薬の話にびっくり(笑)。
そもそもデカドロン減薬は先週試した結果まだ早い気がしたので、3日間から5日間にまた戻してもらおうかと思ってたのに、全く逆の話に展開するとは。。。で、その旨を伝えると…、いや、もう必要ないでしょう、と主治医。うーん、、、と微妙な反応の私に、もう吐き気も殆ど無いんでしょう、治療も順調、ホントはステロイドとか必要のない程度の点滴だし、大丈夫大丈夫、と笑顔で主治医。ちょっと考え…、じゃあちょっと試しにステロイド止めてみます…、と控え目に承諾する私…。でもさらに主治医は、イメンドはどうする?これも止めてみる?と。えっイメンドもですか!?とさらにびっくりする私(笑)。ちょ、待て待て待て、急過ぎる急過ぎる(笑)(笑)。いきなり全部無しはちょっと…段階的に減らしたいです、と進言すると、それだと院外の処方箋が出せないけど…、でも確かにいきなり全部無しは心配だよね、と主治医。今回はデカドロンだけ無しで、イメンドは今まで通りの処方で、という事になりました。制吐剤全部無し、はとりあえず今回は回避…あ、あぶねー…。。。いきなりは不安すぎるよう。ココロの準備をさせてくれ( ̄▽ ̄;)アブネー
とりあえず、院内処方のみ、の薬が無しになるまで、TS-1も院内で、という事で落ち着きました。しばらく我慢してね、と主治医…うえーん、次回はあの不味いピーチ味が戻ってくる(T△T)でも減薬は減薬で、いい機会だからチャレンジしたいしね…。しばらく我慢します。

次に、CT検査時の話。
前々回の、10月。CT検査終了時、低血糖状態でフラフラになってしまい、ちょっと横になった事があった。でも前回の12月のCT検査時は、たまたまだけど補液の点滴補助があって、脱水にもならず大丈夫だった。なので…、今度のCT検査時、点滴をして検査を受けたい、と。こんな希望を伝えてみました。
すると、点滴ねぇ…そんなの無くても大丈夫だよ、みんな普通に検査受けてるんだから、普通にしたらいい、と苦笑いする主治医。…う~んでもちょっと心配なので…と私がもごもごしながら言うと…、何でそんなに弱気なの、大丈夫、もっと自信持って、と笑いながら…でも、やんわり活を入れる主治医。じゃあ…とりあえず点滴無しで普通に、と私が言うと、ダメだったらまた次回考えるから…でもそんなに心配しなくても大丈夫だから、と励ます主治医…(笑)。

胃カメラ時の話もする。
術前検査で2回、経口の胃カメラをやったけど、とにかくしんどかったので眠くなる薬を使いたい。。。でも、検査しにくくなったりする、とか言われた事があったので…やっぱ今回もダメですか、使えませんか、と希望を伝える私。
するとこの時も…、そんな薬使わなくても…胃カメラもみんながやってるように普通に検査受けたらいいから、心配し過ぎだよ、大丈夫大丈夫、と、苦笑いの主治医。でもめっちゃしんどかったんですよ胃カメラ…憂鬱です、とぼやくと、だから何でそんなに弱気なの、もっと自信持っていいから…大丈夫大丈夫、と。ポンポンと私の肩を叩きながら励ます主治医…。よ、余計な気を使わせて申し訳ないです。。。
…うーん。でも確かに、何でこの時こんなに弱気だったのか…、、、ってまあ、検査はやっぱ嫌なイメージしか残ってないから(笑)念のため念のため…と考え過ぎちゃったんでしょうな…。それにやっぱ調子が悪い時があると不安な気持ちも出てくる、ってね…。。。

まあ。
とにかくそんな訳で、CTも胃カメラも私が提案した内容は全部却下され(笑)、普通に受ける事になりました。もっと前向きに行こうぜ自分(笑)(笑)。

続いて、薬の話を数件相談。
まず、ビタミンB12。
去年12月中旬に注射打ったので、3ヶ月後はちょうど次回ケモ時あたりの日程。で、その旨を伝えると、B12の注射はその日でもすぐに用意できるから次回の診察の時また言って、と主治医。再来週に繰り越されました。まあ、また再来週。ケモ室で治療と同時に出来るのかしらん???

次に、亜鉛。
最近味覚障害が酷い気がするけど、これってやっぱり亜鉛不足ですかね、と話す私。とにかく味の濃いものやしょっぱいものが食べたくて…、しかも最近特に甘いものが常に欲しくて…例えば1日でキャラメル一箱食べたりします、と、味覚の好みの状況も伝えると、そうだね、味覚障害は亜鉛くらいしか対処法がないね…、とりあえず、しばらく亜鉛飲んでみようか、と主治医。カルテに追加されました。まあ、これはしばらく様子見、ですかな…。亜鉛…うーん、そこそこ意識して摂ってるつもりだけどなぁ…全然足りないのかなぁ。。。

次に、半夏瀉心湯。
どうやら私は遅発型の下痢の症状が高確率で出るっぽい。そして下痢の出やすいケモ治療中の患者の多くは、漢方薬「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」を服用して下痢予防に努めてるとの事…。エビデンス的にもトポテシン(CPT-11、イリノテカン)には半夏瀉心湯が有効という報告がされてるようです。ネットで独自に調べました。「半夏瀉心湯 抗癌剤」あたりでググってみてください。
で、その旨を伝えつつ…、今飲んでる食欲増進の漢方薬「六君子湯」と、下痢予防の「半夏瀉心湯」、どっちがいいか、と提案する私。半年以上続けてる六君子湯だけど、副作用で下痢の症状もあるようだし…、今は食欲が出てきて食べられるようになってきたから、現在特に注意しないといけない下痢の症状を予防できそうな漢方に変えるのはどうですか、と。すると、いいよ、半夏瀉心湯にしてみよう、食べられるようになってきたんだったら、治療を優先で…、下痢予防を優先した方がいいね、と、あっさり了承する主治医。じゃあ今日から六君子湯の替わりに出すからしっかり飲んで、と…、その場ですぐカルテにも入力。さすが主治医、話が早いぜ…。そんな訳で漢方薬が替わりました。黄緑色の43番・六君子湯から黄色の14番・半夏瀉心湯にチェンジ!半年間お世話になりました…ありがとうりっくん!そしてようこそ半夏瀉心湯、今後ともよろしく!(^_-)-☆
はんげしゃしんとう…うーん、何かいい略し方ないかなぁ…はんげ?げしゃ?しんとう?(笑)。ううーん(笑)(笑)。

最後に、乳酸菌摂取のタイミングの話。
乳酸菌をもっと積極的に摂りたいけど、今使ってるトポテシンが副作用的に乳酸菌が微妙なので…、点滴治療後どれくらい経ったら摂るのがいいのかそのタイミングをキチンと知りたくて、主治医に相談してみる事にしました。で、主治医に聞いてみた所…、そもそも何で乳酸菌摂りたいの?と…逆に聞かれました(笑)。お腹の調子を整えたいからです…、でもトポテシン的に微妙ですよねやっぱり、と私が言うと、そうだね、乳酸菌はちょっとね…、うーん、別に摂らなくていいんじゃない?と主治医。…手引にも下痢を悪化させる事があるので避けましょう、と書いてあるし…むしろ乳酸菌は摂らない方がいいくらいですか?と尋ねると、そうだね、今はとにかく治療優先で、と話す主治医。
そんな訳で、乳酸菌は極力無しの方向になりました。IRISやってる限り、乳酸菌とは疎遠になる見込みです。
…ううん、ある程度予想はしてたけど、やっぱダメかー(笑)。どうにかしたい悪臭の改善は更に遠くなりました(笑)(笑)。ううん。改善策を見つけたいよう。

ノートを一通り確認し…、相談したい事が全て終了。全て解決。
…この日、全部解決しちゃいました。すげえ。
モヤモヤがすっきり晴れて、気分も爽やか。
ありがとうございます、とお礼を言いつつ…胸一杯な私。とっても満足でした。

えー、後から思いついた事なのですが…、治療を前にモヤモヤしたままだと変に緊張するかもしれないから、という主治医的な配慮もあったのかなぁ、と。…か、考え過ぎかしらん?(笑)ただ単に、性格的に主治医本人が疑問を残したくなかっただけ、なのでしょうけど(笑)。…でも、私は、ホント助かりました…めっちゃめちゃ満足で、ココロが落ち着きました。

じゃあ次回は再来週で…、今日もこれから治療頑張って、と主治医。…頑張ってと言われて、ちょい緊張(笑)。で…、今日もそこそこな感じで頑張ります…でもやっぱ治療は緊張しますね…まあ、緊張しないワケがない、、、…と言いながら苦笑いする私(笑)。そうだね…、でも、徐々にでいいけど、慣れていってね、と主治医。『慣れて』、か~…。。。ちょい引っ掛かったので、主治医のその発言には無言で答えず…(笑)、それでは行きます、今日もよろしくお願いします!と、精一杯明るく主治医に挨拶をし、診察室を出ました。

診察が終わり、10時半過ぎ。おおお~あんなにいろいろ相談したのにめっちゃ早い!すげえ!
やっぱ早起きは三文の得だな~。次回もなるべく早起きして早めに来るようにしよう。。。

えー。
旦那さんはもう仕事に戻ってしまって待ち合いにはいないので、1人でケモ室へと向かう事に…。でも、診察で主治医ときちんと話が出来た満足感のお陰もあり…、あと、通りがかりのがん診療部でたまたまいつもの相談室の担当看護師さんを見かけ、今から治療ですよ~、と、一言だけど挨拶する事が出来たお陰もあり…(久し振りに会えたのでめっちゃ嬉しかったです!)、1人で、だったけど、今回も無事、ケモ室に入る事が出来ました。

そう。
1人で行けたんです、ケモ室。
1人でも大丈夫でした!!いえい!!!


受付を済ませ、看護師さんに治療ベッドまで案内される。ケモ室主任さんは今回見掛けませんでした…残念。
適当に荷物を片付け…待っていると、ルート確保のため医師登場。この日は女医さんでした。ポケットから覗いてるスヌーピーのピッチ用ストラップが可愛くて、処置をしてもらいながらちょびっとお話しちゃいました(笑)。忙しい所スンマセン(笑)。
無事ルート確保が終わり、治療スタート。まずは制吐剤の点滴から~。この時点で11時ちょい過ぎくらいで、ホントに早かったです。

えー、この日もアンケートがあり…、忘れないうちに、すぐに記入。色々と書いてたら確認しに来た看護師さんにちょっと心配されてしまいました(笑)。い、いや…いっつもこんなモンなんです(笑)(笑)。主任さんにも見せたってくださいね。

で…、この日は縫い物&音楽、ではなく、保留も保留、かなり放っておいた友人知人からの手紙の返事を書く。…ずーっと書こうと思ってはいたんですが…なかなか時間が取れなかったり、体調や気持ち的に書けなかったり、と。まあ、言い訳は言い訳なのでアレですが、、、とにかく、今日は絶対書こう!書く!と思って葉書や便箋や切手などを一式持ってきました。あっ音楽はいつもの通り聴きながら、です。ケモ室うるさいので(笑)(笑)。この日はSOPHIA!はい、SOPHIAも大好きなんです。結構ファン歴長いですよ~~(笑)。
で。
トポテシンも無事開始。ノリノリなテンションでSOPHIAを聴きつつ…、お昼をまたいだので、おやつとご飯との間のような食事を取りつつ…、宛先の友人知人の顔を浮かべながら…色々考えながら…、手紙を書く。考えながらボチボチ書くと、すぐに時間が過ぎますねぇ。たくさん書いてこの日の帰りに全部出すつもりだったのに、あんまり書けませんでした(笑)。
で…、トポテシン、無事終了。この時13時半ちょい過ぎ。おおお、早い早い!もう終わったのか~。看護師さんが流す用の生食ボトルに替えてくれたけど…、これはすぐ終わる量。14時前には点滴が全て完了しました。早い~。

外も明るく、いい天気。そして手紙はまだまだ書きかけ。
もう少し経つとおやつの時間…でも、何となく、小腹が空いてきた感じ。

………。
うーん、何だか帰る気になりました(笑)。

急いで片付け、帰る準備。
結局この日は主任さんに会えませんでしたが…(残念ー!!)、看護師さんたちに、主任さんにもよろしく、また再来週来ます、よろしくお願いします、と挨拶をし…、ケモ室を出ました。

で、相談室の担当看護師さんにもう一度会えないかな…と思い、隣のがん診療部へ顔を出しましたが…ちょうど不在、会えませんでした。。。もう数回外来ケモが無事成功したので、その事を話したい…お礼を伝えたいんですけどね~。まあ、がん診療部はいつでも寄れるので、また今度、ゆっくり。

受付で会計を済ませ、薬を受け取り、無事、帰宅の途へ。

この日も何だか元気だったし、まだ明るかったので…、バスに乗リ、自力で家に帰りました。

早く、自宅に戻って来れました。



こんな感じでした。


ありがとうございます。
それなりに順調です。嬉しいです!

…点滴治療後やTS-1服用中などは体調微妙、を繰り返したりもしてますが(笑)、まあ、順調といっていいんではないでしょーか!!

いやー、ホント、皆さんのお陰です。たくさんの人に見守られております。
ありがとうございます!!(^O^)//


って、ああ、もう今週が治療です。隔週はホント早いなぁ~…(笑)。

それから今週はイベント満載(笑)。

今度の診察でCT結果が出ます。
B12注射もあります。
あと、金曜日に胃カメラが控えてます。

…うーん、緊張するぜーー(笑)(笑)。
注射もたくさん控えててちょいブルー。痛いの嫌だよーー。。。(>_<)


まあ。

徐々に暖かくなってきて、春の兆しが見える今日この頃。
桜の開花の話が出てきたりもして、何だか嬉しいですよね。
春よ早く来い!


8-1の治療もぼちぼちいきますよ!
焦らずゆっくりデス☆(>ω・)




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2015. 03. 04

無事帰宅~!



こんばんは。

今回の外来点滴治療も無事終わり、無事帰宅しました。


えー、今日も自力でバスに乗って帰りました。しかも結構早めの、明るいうちに!ササッと帰れました!


いやぁ…
ホント、嬉しいです。

ありがとうございます。


今日は特に、主治医のお陰ですかねぇ…。配慮と優しさにやられました。泣ける(笑)。めちゃめちゃ安心して治療が受けられましたよ…。
ありがとうございます。

やっぱ主治医とのコミュニケーションは大事ですなぁ。。。


あ、そうそう…
相談の末、今日から「六君子湯」に替わって「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」を飲む事になりました。下痢予防のため、です。あと、ついでに?亜鉛の錠剤も。
ちなみにさっき飲んだんですが…、
半夏瀉心湯、めっっちゃ苦い!!!(ノ△T)
苦過ぎてテンション下がりました…うへ~何じゃこりゃ~~(笑)(笑)。りっくんは飲み易かったのねん…。。。うえーん。


…まあ。

晩ご飯、美味しく食べております。
今日はサクッとお風呂入ってサクッとリスミー(眠剤)飲んで寝ます。

ありがとうございます。
ぼちぼちいきます~。


それではまた!




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2015. 03. 04

こんにちは

こんにちは。

トポテシンの点滴治療、無事始まりました。
IRIS療法7-2、スタートです。

えー。
実は主治医に相談したい事が色々たくさんありまして…、ちょっと時間かかるし、午前中の診察で時間取るのもアレかな…、と思ったので、別の日に相談する時間を作ってもらおうと提案したのですが。
別の日を待つ事なく、さっきの診察で、全部解決してしまいました!(笑)
…午前中の忙しい診察なのに、時間かけてしっかり話が出来ましたよ。さすがだぜ主治医…やっぱすごい先生だわ。ホント…、ありがとうございますm(_ _)m


全部解決して、すっきり晴れ晴れ!
今回の治療もぼちぼちいきます。

それではまたノシ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム |  »

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。