おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 11. 01

トポテシンは延期、TS-1は服用中

10/29水曜日は診察でした。


入院は延期の予定だったけど、一応入院そのものは予定だけは入っていたので、診察もそれに合わせて午前中でした。
入院は、中止にするのは簡単だけど、その日にいきなり入院、という方が病棟での準備が大変なので…、入院の予定は残してあるままだったのでした(外科外来の看護師さんが入院事情を教えてくれました)。まぁ、いわゆる病院都合、ってやつですね。その日に中止、の方が病棟的にも迷惑じゃないみたいです。良くある事だって主治医も言ってましたしね。
ともかく、朝から病院へGO。いつものように…、朝一で採血し、外科外来で受付を済ませ、おやつを食べ(笑)、待ち合いで2、30分ほど待ち…、呼ばれる。今回は電光掲示板の順番通りでした(笑)。良かった良かった(笑)。普通こうだってば(笑)(笑)。

えー診察。

お腹の調子はどう?と主治医。もうかなり落ち着いてきて、ロペミン(頓服の下痢止め)もここ2、3日飲んでないです、と治療の手引を見せながら伝える。落ち着いてるならロペミンももう飲まなくていいね、と主治医。…以前薬剤師さんに、飲み過ぎるとむしろ便秘になるので注意、と言われていたので、落ち着いた時点で飲んでなくて大正解でした。整腸剤のミヤBMはどう?とも聞かれましたが…、正直良くわからない、と伝える。実際下痢がそこそこ続いてた時もあまり変わらなかったし…、てか、1週間位では分からんて(笑)。で、まぁ、良く分からないけど、一応お腹は落ち着いてきてるので、ミヤBMも服用終了となりました。この薬は無味でめっちゃめちゃ飲みやすかった…ありがとうミヤBM、多分助かってた…はずだ(笑)。

で…。
今日の血液検査の結果はかなりいい感じだけど、入院はどうする?と、改めて主治医。確認、ですわな。『良好』と聞いてホッと一安心の私。安心したけど…、気持ちは変わらない。で…、やっぱり今日は延期したいです、と、改めて伝える。すると、じゃあ延期で、と主治医はにこやかに、あっさり了承してくれました。その場ですぐ看護師さんが病棟に連絡し…、延期が確定!!ああ良かった…。ホントに一安心です。

で…、この休薬期間中に何かやりたい事はある?と主治医。

えっ、や、やりたい事ですか?

いきなり言われて、思いつかない私(笑)。
すると、例えばこの前出来なかったインフルエンザの予防接種とか…と提案する主治医。あっそうでした、とあわてて思い出す私(笑)。ちょうどいいので今のうちに打っておきたいです、と伝えると…ちょっと考えこむ主治医。

治療の事だけど…、トポテシンは延期したけど、休薬期間が2週間も空くから、飲み薬のTS-1だけでも続けた方がいいかな…と、提案する主治医。

おおぅ…、TS-1っすかーー。。。そうきたか。
すっかりアウトオブ眼中でしたよ(笑)。

TS-1ですかー…、とあからさまに嫌な雰囲気を出しつつ、ぼやく私(笑)。そんな私を見て?、まぁ今回は飲んでも飲まなくても、どっちでもいいよ、と主治医。え、飲まなくてもいいんですか?と尋ねると、うーん、まぁ、本当は飲んだ方がいいけど…、どちらでも、好きな方でいいよ、と、えらくアバウトな主治医(笑)。どっちでもいいって…ええぇ~…(笑)(笑)。

ちょっと悩む私。
飲み薬でも、減量しても、TS-1はTS-1。抗癌剤。副作用を考えると、ホントは飲みたくない(笑)。ヤツはヤツで、ホント油断がならない。メンタルも襲われる。でも確かに休薬期間長過ぎると、トポテシンも打ってない今、かなり切れ味悪くなる感じ…。先日の、せっかくの良好な検査結果を無駄にしたくない、というのも本音…。。。でも…TS-1…ホントにヤツも油断ならない。。。

悩んだけど…答えが出ない私。ちょっと自分じゃ決めらんないです…でも飲んだ方がいいんですよね…?と尋ねる。すると、うーん、ホントは飲んだ方がいいけど…まぁどちらでも、と苦笑いの主治医。…やっぱ飲んだ方がいいんじゃないかよ~と心の中でツッコミつつ(笑)、じゃあ飲みます…と、控えめに服用決定を伝えるが、じゃあ今日の夕方から飲んでね、とあっさり決定する主治医(笑)。TS-1のみの服薬期間スタートです。

えーと、IRIS療法3.5コース目スタート、みたいな?(笑)
でもTS-1だけなのでホントに3.5って感じです(笑)。
ちなみに、4-1の治療で飲む予定だったTS-1だけ、1週間分先行して服用。他の、イメンドやデカドロンなどの吐き気止めは今回は服用せず。次回11/12の点滴治療まで取って置いてあります。

で…、TS-1を服用するなら来週は他の先生に診てもらった方がいいですか?と主治医に尋ねると…、いや、別に大丈夫でしょ、今回は減量してるし、診てもらうといっても血液検査の結果を確認する程度だろうし…、特に必要ないかな、と主治医。うーん…まぁ主治医がいいって言うんならいいか、と思い…、来週は診察無しにしてもらいました。
…よくよく考えたら、血液検査をやらなくて済むので逆に良かったかなぁと。腕の血管もたまには休ませてあげないとね~もう毎週毎週、血液検査必須になってしまったからね~~。。。

で…、話が戻るけど予防接種はどうする?と主治医。元気なうちに打っておきたいですけど…TS-1が絡むならいつ打つのががいいですか?と、逆に尋ねる私。すると、だからTS-1の事を聞いたんだよ、と苦笑しつつ…、入院の前の日とかじゃなければいつでも大丈夫だけど…、別に無理に打たなくてもいいんじゃない?と主治医。ええ~!?今度はインフルまでアバウトな発言(笑)(笑)。
すると…、予防接種も大事だけど、あれは当たるかどうかは分からないから…、むしろ普段の手洗いうがい、マスク、人混みを避ける、清潔を保つ、の方が重要かな、と主治医。…正論です(笑)。てか…まぁ、私自身も予防接種はあんまり信用してないので(笑)、信用してない旨を伝えると…、それなら別に無理して打たなくてもいいから…体調優先で、と主治医。ああ…何で今日はこんなにアバウトなんだ…どうした主治医(笑)(笑)。
(しかーし診察後、こっそり看護師さんに「先生はああ言ってたけど、絶対打っといた方がいいですよ!」と強く勧められました…なので打ちます。打ちに行きます。予約取ります。たぶん11/10月曜日に行きます…)

他に何かある?と主治医。再来週入院なので話はまたその時にでも…と私。そうだね、入院の時にまたゆっくり話しましょう、と主治医。
でも…、この前のオキサリプラチンの事がちょっと引っかかっていた私。金曜日は何だかオキサリプラチンの事は話せなかったので…、今回ちゃんと聞けるように、主治医もに気付いてもらえるよう、ノートに「オキサリプラチン」としっかりメモしておきました。
で…ノートのメモを指さしながら、思い切って尋ねる。

「今回もし、まだお腹があんまり落ち着いてなくて、それでも治療入院が延期じゃなくて決定だったら、点滴はオキサリプラチンを使ったんですか?」

ハッキリ聞いてみました。
すると…

「…いや、やっぱり延期してたかな」

と主治医。

…えーと。これは喜んでもいいんですよね。つまり、まだオキサリプラチン…SOX療法に移行、は考えてないと。そういう事ですよね。

そうですか…とちょっと考えこむ私に、主治医は…、
今はトポテシンがよく効いてて治療自体も安定しているから、出来るだけ長く使いたい。で、次の薬はオキサリプラチンを考えてる。一応タキソテールもあるけど…、僕は、先にオキサリプラチンを使う事を考えてる、と。タキソテールですか~…とつぶやく私に、タキソテールとオキサリプラチン、どっちが先がいい?と主治医が何気なく聞くので…、いや、オキサリプラチンが先がいいです、私もそう考えてます、と伝える。…キチンと伝えました。そうだね、と主治医はキチンと返事をしてくれたので…伝わった…はずです。
…いずれ、タキソテールへの漠然とした恐怖、の話は主治医に話すつもりです。話しておきたいです。。。ホントに怖いです、タキソテール。

この話をした後…、微妙な様子の私から抗癌剤への不安が伝わってしまったのか?(笑)…、そんなに不安になる事なんて何もないんだから…、と、先日のようにポンポンとまた肩を叩きながら私をなだめる主治医…。今日はえらくまろやか…何があった主治医(笑)。いつものズバズバはどこへやら(笑)(笑)。…いや、まろやかな方が全然いいですよもちろん(笑)(笑)。

あと、この前とても助かったので、今日は今日でまた点滴打って帰りたいんですけど…と希望すると、いいよ、また2パック出しとくからゆっくり寝てって、と主治医。その場ですぐに予約を入れてくれました。めちゃ助かる~…。先日は爆睡しましたよ、と笑いながら伝えると、それは良かった、今日も良く寝てってね、と苦笑する主治医。

とりあえず、診察終了。
再来週は入院だからまた午前中に…、風邪を引かないよう、お腹も冷やさないよう、体調に気を付けて、と主治医。先生もお休みの間はゆっくりしてきてくださいね~、と私が言うと、ありがとう、と笑いながら主治医。
…ああぁ~。来週一週間お休みで、主治医のココロにちょっと余裕が出来ててまろやかだったのね~~なるほどなるほど。きっとそうだ、そうに違いない(笑)。いっつも激務でお疲れだもんな主治医…。外科医はハードだ。


こんな感じでした。


午前中の診察でしたが、今回はいろいろな話がキチンと出来た気がしました。まぁ、来週は休診だしね…。でもホント、キチンと話が出来て良かったです。

治療入院も約束通り無事に延期できて、ホントに良かったです。


そんな訳で…、
現在、TS-1のみ服用中です。1回25mgだけなので、メンタル的にもちょっぴり楽ちんです。マジでマジで。減量するだけでこんなにも違う。ホント、何なんでしょうねぇ抗癌剤って。


まぁ。


とりあえず、今のところ食欲は全然落ちていないので(笑)、この調子を保ちつつ…バリバリ食べていきたいですねぇ。
最近、お鍋とか煮込みうどんとかお粥とか、あったかい食べ物がとても美味しいです。美味しいのですよ~。…私的にはもう冬ですね(笑)。
あったかご飯でお腹もぽっかぽかならいい感じ!のはず!(もちろんアツアツはダメ~でも冷えると美味しくないのだわ~…)

ご飯が美味しい、がこのまま続くといいなぁ~。

まぁ…ご飯も食べられるからといってそんなに欲張らず…焦らずボチボチでね…
ゆっくり行こまい~(=o=)//





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2014. 10. 27

次回治療入院は延期の予定で

えー。
多方面にご心配おかけしております。面目無いです。。。

今の所、下痢の症状など、心身共に、だいぶ落ち着いてきております。
ご心配、本当にありがとうございます~~m(_ _)m 

で、タイトル通り…、
一応、次回の治療入院は、延期の予定になりました。



先週、10/22水曜日…

体調管理不備のせいで酷い下痢の症状が続き、次回の点滴治療からオキサリプラチンに変更するかも、という主治医のいきなりの発言…。。。
治療薬変更という重大な展開について行けず…、ちょっと、いや、かなり落ち込んで、どうにもこうにもメンタルがコントロール出来ない状態になってしまいました。

しかし、家に戻り冷静になって考え…、寝て起きてまた考え、、最終的に、治療入院そのものを来月11/12水曜日に延期してもらう事を決め…
10/24金曜日午前、外科外来診察枠のある主治医に直接、相談しに行きました。


10/24金曜日。
事前に外科外来へ電話をしてあったのですが、主治医の診察が終わる頃のちょうどいい時間に相談できるようにとの受付事務さんの配慮で、朝10時くらいに来てもらえれば大丈夫、という事になってました。
行きは旦那さんにお願いして、仕事の合間に病院へ送ってもらいました(ホントにいつもありがとう~)。
予約外の外来診察だったので、外科受付で、どういった要件で来たのか、などを先生に伝える用紙に一筆書かされました(笑)。まぁ、薬だけもらいに来る患者さんとかもいるしね。
電光掲示板に、主治医の診察待ちの一番最後に自分の受付番号が表示されたのを確認…。安心して隅っこの席でおやつを食べながらしばらく待っていると…、またまた順番を飛ばされ、いきなり診察に呼ばれる(笑)。ちょ、またか主治医ー!(@▽@;)順番関係なさ過ぎるよ最近!頼むから順番守って主治医!!(笑)周りの目が痛いから!!(笑)

この日の診察は、いつもの診察室ではなく隣の診察室で、ちょっぴり新鮮でした。
で、診察室に入ってきた私を見るなり、今日はどうしたの、そんなにまだ下痢が酷いの?と体調を心配する主治医。椅子に座り…改まって、来週の治療入院の事なんですけど…、と話を始め…、やっぱり来週は延期してもらおうと思い相談に来ました、と伝える。
すると、え、何だそんな事か~それ位の内容なら電話でも良かったのに、と、苦笑いしつつ安心した様子の主治医…。えぇーそうなんですか?知らなかった…、とぼやく私(笑)。電話で良かったんかい!スミマセンでした…でも…電話じゃ伝言ゲームになるから絶対きちんと主治医に伝わらないだろうしなぁ…とも思ったしね。直接話をしたかったのです。。。
わざわざ病院に来るのも大変だったろうに、と私の心配をしながら主治医は…、
入院は当然、当日の診察で様子をキチンと見て、血液検査もキチンと結果を見て、その日の体調で決めるから…、その日に調子が悪くていきなり入院中止、も普通に良くある事。病棟でも普通に良くある事。向こうは向こうでそのように対応するだけだから。だから、入院延期の事は来週でも問題ない、そんなに心配しなくても大丈夫だから、と。私をなだめるように(笑)、入院の事をえらく丁寧に説明してくれました。
…うーん…いやぁ、そういう心配をした訳ではないんだけどね…。でもいつもお世話になってる病棟に余計な迷惑かけたくない、というのは事実ですわな(笑)。。。

ちなみにお腹の調子はその後どう?と、体調を尋ねる主治医。まだちょっと微妙だけど、ロペミン(頓服の下痢止め)が効いてるみたいで、一応落ち着いてきてます、と伝える。それは良かった…このまま落ち着くといいね、と主治医。
で…、今日はせっかく病院に来たんだし点滴打ってくといいよ、2パック出しとくからゆっくり寝てって、と、その場で栄養点滴の予約を入れる主治医(笑)。まぁせっかくなので打っていきます…、と苦笑いする私。せっかくだから、と主治医も笑いながら言ってました(笑)。点滴処置を受ける中央処置室の師長さん&看護師さん達とも、すっかり顔馴染みですわ(笑)。

しかし診察中ずっと、微妙に歯切れの悪い返事ばかりする、えらくテンションの低い私(笑)(笑)。それに気付いたのか…?、主治医は…、
この前のCT検査の結果も良かったし、腫瘍マーカーも、若干数値が上がってはいるけど、基準値以下だから問題ない。今の薬が良く効いてて、本人もすごく頑張っていて、こういういい結果が出ているんだから、そんなに色々たくさん心配する事なんて何もないんだから。もし仮に…、仮にだよ、検査結果が悪かったとしても、今と何も変わる事はない。その時、やれる事をやるだけ。何も、変わらない。色々心配する事は、何もないんだから、と…。ポンポン、と、私の肩を叩きながら…懇々と説教…あ、いえ(笑)…、諭す。諭されました(笑)。

でも水曜日の血液検査結果も悪かったし…と、まだウジウジする私に、え、どの結果が悪いの?とちょい怖めの顔で主治医(笑)。こ、こえぇ…とビビりながら(笑)(笑)…、今は休薬期間なのに、例えばこの前錠剤を出されたカリウムとか…、あとは白血球とか、赤血球とかもえらい低いし…、と、モニターに映し出された血液検査結果を指さしながら、控えめに伝える私。
すると…、この位の数値は当然…いや、当然という言い方はちょっとおかしいけど、抗癌剤をやってるんだから、この位の数値になっても仕方がない。気にしてもしょうがない。だから、最初から気にしない。カリウムも数値的には低めだけど、脱水にはなっていないんだから、気にしない。心配する事はない。
ちょいコワい顔でズバズバと正論を説く主治医(笑)(笑)。
さ、さすがです主治医(笑)。真・面・目!!(笑)つーかそんなん最初から分かってるよーーもーーー(笑)。言いたかっただけだよーーーごめんなさいーーーーー(笑)(笑)。うわーん、ホントにコワいよ主治医ー!!・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

…ぐうの音も出なくなった私(笑)。でも、そんな私の肩をポンポンとまた叩きながら…、
そんなに心配する事なんて、ホントに何もないんだから。今はお腹を落ち着かせることが大事だから、お腹は冷やさないよう冷たいものは避けて、良く寝て。あと、感染には気を付けて…手洗いうがいはしっかり、むやみに人混みには行かない、を心掛けて。そして、いつもの様に、無理せず焦らずで。
あと、来週は入院の予定はそのまま入ってるけど、一応、延期のつもりで。その日の朝また診察で様子も見るけど、一応僕は延期のつもりでいるから。だから入院の事も心配いらないから。
…主治医なりの笑顔で(笑)、優しく諭されました(笑)。や、優しいですよ主治医(笑)。優しい時はホント優しいです。

今日はわざわざありがとうございました、と席を立つ私に、処置室でゆっくり寝てってね、また来週…元気な姿を見せてね、と微笑みながら主治医。診察室を出ました。


こんな感じで診察終了…。
ほとんどカウンセリングでしたね~…。。。でも直接希望を伝えられて良かったです。
貴重な時間をありがとうございました主治医。

そして点滴。
中央処置室へ行き、CVポートを使って点滴注入の処置をしてもらい(マジで超!快適!!やっぱ作って良かったCVポート!!)、お腹が空いたので、1人でお昼ご飯を食べに行く。例によって、院内食堂でカキフライ(笑)。またか(笑)。いや、亜鉛亜鉛!亜鉛補給ですよ!(笑)自分ちじゃカキフライほとんどやらないし、ボリューム的にもちょうどいいんですわ。千切りキャベツも付いてるしね。美味しかったです(^_-)-☆
ゆっくり1時間掛けてたくさん食べ、お腹を満たし、処置室へ戻り…寝る。寝たんですが…超絶!爆睡!!!(笑)(笑)完全に寝落ちしてました…横になった瞬間から覚えてない寝っぷり(笑)。点滴が終わって看護師さんに叩き起こされました(笑)(笑)。(←かなり語弊がありますが…叩かれても多分すぐ起きなかったと思われます笑)

疲れてたのもあるだろうけど…、やっぱりこの日、直接主治医と話が出来て、水曜日からのココロのモヤモヤが一気に晴れたんでしょうなぁ(笑)。ああ…ホントにチョロい私(笑)(笑)。でもまぁ、ホントに安心したんだと思います。入院も延期の予定になったしね。

点滴のお陰で病院は1日仕事になってしまいましたが…、スッゴイよく眠れたし、栄養補給&水分補給も出来たし、結果オーライ!!
わざわざ行って良かったです病院。


そして…、主治医とのコミュニケーション、ホントに大事!!
これからも頼りにしてます!!m(_ _)m



そんな訳で。

10/29水曜日の、トポテシン4コース目治療入院は、延期になる予定です。

なので、来月、11/12水曜日がスタート予定に。

それまで休薬期間も延期です。


ああ…良かった。
この長い休薬期間を最大限に活用し…、今よりももっともっと元気を取り戻しておきたいです。

寒さになんか負けないぜ!ご飯もバリバリ食うぜ!
心身共に伸び伸びするぜー!!


…という感じでいきたいのは山々ですが…(笑)、元気になると振り幅大きくなり過ぎるのが私の悪い癖。。。
気持ちは穏やかに、がんばりすぎないように、そこそこで。こだわるのは2割、だ。

合言葉はいつものように、あせらずぼちぼち、でね。
のんびりいきますわ~~( ̄▽ ̄)ノシ




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 10. 23

ついてけん

  

写真1枚目:下痢を緩和する頓服「ロペミンカプセル 1mg」

写真2枚目:腸の働きを整える「ミヤBM細粒」と、カリウムの薬、「ケーサプライ錠 600mg」。デカ過ぎ!半分で4錠にしてくれマジで!

写真3枚目:10/22水曜日の血液検査結果。カリウム再検…。てか、赤血球も白血球も低いなぁ…。


* * *


昨日は水曜日、いつもの診察日でした。


えー……。

昨日、またまた状況が一変しました。
しかもかなり大ごとです。
まいった。やべえ。


えーと。

主治医判断で、今現在の私の状況では、今後の治療方針そのものが変更になります。

具体的には……
IRIS療法からSOX療法へ。
トポテシンからオキサリプラチンへ。

まさかの…まさかの、点滴抗癌剤変更になりそうな勢いです。



実は、10/20月曜日から下痢がかなり酷い状況です。現在進行形、です。

毎日毎日、トイレと格闘。お腹のゴロゴロ音が止まらない。
普段も、食事をする度、すぐに押し出される感じで…参ります。毎回、です。食べたらすぐトイレ直行。しばらく出てこれず、数十分籠もりっ放し。
しかも、寝てる真夜中でもお腹のゴロゴロは止まらなく、何度も何度もトイレに起きる。朝方とかでも全く関係ないです。

下痢自体の原因は不明ですが…、まぁ、多分、ここ最近の寒さでしょうか。月曜日は特に、こたつから出られない程寒かったですねぇ。
なのに、水分は緑茶や麦茶。電解質はほぼゼロ(笑)。さらに刺激物の炭酸や、ちょい冷たい飲み物とかで腸に適度に負担を掛けていた自分…この辺りは自業自得(∋_∈)でも、朝一番は暖かい緑茶とか、おやつに甘酒とか、そこまで冷やしてる感覚はないです。…ない、はず、、。
とにかく、一応、原因は不明。

で、診察時、主治医に現在の下痢の状況を治療の手引きを見せつつ伝えると…かなり厳しい顔になる主治医。
イリノテカンはとにかく下痢の症状を甘く見ないように、と言ってあったけど…まずいね、今もそんなに酷いの?と主治医。診察前におやつ食べたけど、食べたらもう速攻でトイレ行くレベルです…と私。…かなり酷いね、下痢止めのロペミンは飲んでるの?と、以前処方された下痢止めの事を尋ねる主治医。前日から酷い時だけ飲みましたけど…、と、治療の手引きのメモを見せながら答える私。
すると…、厳しい顔をしながら、もっとキチンと薬を飲んで、下痢の症状をしっかり止めないと…、とパソコンでロペミンの詳細ページを開き、薬の再確認をする主治医。で、1日4回まで服用して大丈夫だから、今日から4回、毎日きっちり飲んで、と。4だと、朝昼晩、であとは夜中もアレなので寝る前とかどうですか?と尋ねると、うん、それでいこう、と主治医。それに今もそんなに下痢が酷いなら、この後すぐ1錠飲んだ方がいい、と、提言する主治医(…診察後、すぐ飲みました)。


で……ここからが本題。

今、下痢の症状がこんなに酷いのに、特に下痢の副作用の注意が必要なトポテシンは、来週の治療では使わない、もう使えないね、と主治医。

…えっ、…使えない?

だから次の治療からはSOXだね、と。
あっさり『SOX』のキーワードを出す主治医。

えっ!!SOXですか!!!

びっくりして大声を出してしまう私。

『SOX』とは。
SOX療法(TS-1+オキサリプラチン併用療法)の総称。普通に『ソックス』と読みます。履くと温かい。

すると…、この前キチンと説明したように、下痢の症状は腸に負担が掛かるから…、来週までに症状が落ち着かなかったら、副作用で下痢が出るトポテシンの変更は当然、次の薬を使うしかない、と主治医。

ま、マジか。
確かにそうなんだが。まさかのオキサリプラチンへ変更の話。8月とかに聞いたばかりだし…そもそもトポテシンは、やっと3コース目が終了したばかり。なのにもう変更…!?
いやいや、ちょ、待て待て。早い早い。早過ぎる。早過ぎるよ~~…。

いきなりの点滴抗癌剤変更の話に、頭がついて行かない私は…、この後、トポテシンとオキサリプラチンの事が頭にちらつきながら…、無駄に明るく装ってました。。何でそんなカッコつけてたのか…謎です。うーん。単に混乱してただけ?


とにかくロペミンをしっかり飲んで、この一週間で下痢が落ち着くよう、心掛ける事、と主治医。

で、ふとカレンダーを見た主治医は何か思い付いたようで?…、
何なら来週は延期してもいいけど、それだと再来週は僕がいないから…入院で他の先生には任せたくないから、さらにその次の週、11/12水曜日になるけどどう?と主治医。

えっ3週間後、ですか。

さすがにそんなに間を空けるのはちょっと…、と悩む私。
すると、そうだね、まぁ…じゃあ一応来週治療入院の予定でいいかな、と、そこまで悩む様子もなく、あっさり決める主治医。
…その来週の治療入院での点滴抗癌剤はどっちなんだ…、と、どぎまぎしながら治療計画の写し出されたモニターを主治医と確認する私。
ここから、次回の治療の薬の確認。
次からはトポテシンも減量だから、と主治医。…一応、トポテシンで、でした。とりあえず一安心……。
あと、飲み薬。
いつものイメンドの&デカドロン。そして六君子湯。
足りなくなったら困るので、追加のロペミンも処方され…さらに整腸剤の「ミヤBM細粒」も処方される。
あと…、休薬期間にもかかわらず、この日の血液検査結果が非常に悪く、カリウムの錠剤「ケーサプライ錠」も処方される。そして、カリウムなどの数値を見て、ホントに下痢が酷いね…脱水が怖いな、と主治医。電解質関連がみんな下痢で排出されれば当然、というね…。実際フラフラですわ(笑)。
で、水分は吸収のいいスポーツ飲料をしっかり飲んで、と主治医。冷えたものじゃなくて、なるべく常温に近いものを、キチンと採るように、と。暖かい緑茶や麦茶じゃダメですか?お腹温まるし、と尋ねると…うーん、お茶は水みたいなもんだから…やっぱりスポーツ飲料がいいかな、と主治医。暖かいものは、コーヒーじゃなくてミルクティーとかどうですか?とも尋ねると、うんミルクティーならいいね、と主治医。(そんな訳で、診察の帰りにアクエリアスを大量に&顆粒の便利なミルクティーを買っときました~)

無理せず…、でも薬はしっかり飲んで、脱水にも気をつけて…、また来週ね、と主治医。


…あ。

先週、10/17金曜日実施の、CT造影検査&腫瘍マーカー検査結果。
(ホントは診察の一番最初に説明されました)
主治医から聞いた説明です。

少し腹水がある、との事。目に見えないレベルで何かあるかもしれないけど、それが癌かどうかは分からない。でも、肺や肝臓、腹膜には、目で見えるような、大きな転移&再発は今のところ見当たらない。
腫瘍マーカーも、今のところ基準値以下。

現時点では問題なし。以上。


ああ良かった。

まぁ、まだ1年経ってないのに問題あり、な訳ないよね~なんちて。
…嘘ですごめんなさい。
ホント、問題なしで良かったです。マジでマジで。とりあえず、術後9ヶ月を乗り切りました。暖かく見守ってくれてる皆さんのお陰ですホント。
ありがとうございますm(_ _)m


こんな感じでした。


えーと。

実は、想定外のSOXの話が出てきて…、診察後、涙が出ました。…泣きました。

色んな状況になり、いっぺんにいきなり受け入れられない。
無理無理無理。ついてけん。耐えられん。

でも…甘く見てた自分が悪い…んだよなぁ。やっぱ。
…いやあ、ホントしんどくて、どうにもこうにも無理なんだが。
でも、やっぱり、自分に帰ってきた。うん。自分が悪い…。。。


で。
診察後、待合いの旦那さんに診察内容を報告。下痢のせいでトポテシンの治療計画がヤバい、泣きそう、と。
すると…、薬の変更はなるようにしかならないけど、とりあえず、検査結果が良好だったんだから、体調の悪い今、無理して来週治療入院よりも、主治医が言っていた3週間後に延期もアリだと思う…、と旦那さん。

な、なるほど…。
確かに、この日血液検査結果も考えると…来週抗癌剤治療とかホント大丈夫なのか自分、ってちょっと思っていました。
とにかく、トポテシンだけでなく、TS-1が、ね…。減量だけど、やっぱり心配です。


家に戻り…、また少し泣く。
耐えられないので(笑)、自分以外の原因も考えてみたり(笑)。…一応、自分のお腹の自律神経と寒さ、とか(笑)。

自律神経のせい、っていうのは他人事なのかかなり微妙だけど(笑)、手術で執刀医というか主治医にお腹のリンパ節を神経ごとがっつり切り取られたので、自律神経が乱れるのは当然。私のせいではない…はず(笑)(笑)。

寒さも、季節が移ってそうなっただけ。私は季節を操作できない(笑)(笑)。

悪いのは私ではない…。と思うが、そもそも病気になった時点でアウト、みたいな?(笑)(笑)。

ああ…もうよくわからん。


この日は絶対眠れない!と思い…リスミー(眠剤)を服用して寝る。眠れました。リスミー最強。ここぞという時、頼りになるわ~。


寝て起きて、すっきり。
昨日の事を反芻。色々考えて……、少し、気持ちが落ち着いた気がしました。

来週の治療入院は、延期してもらう事を決めました。

来週延期したら、主治医の休診都合で再来週どころか再々来週…3週間先になる。
でも、それが一番いい気がしてきました。

自分的に…もう少し気持ちの整理がつくまで、治療そのものを来週と急ぐより…メンタル重視でいこうかな、と。
長く安定した治療のための、延期、っすよ、結局。
延ばし延ばしでいいわ。検査結果は良好だったんだから焦る必要なくね?みたいな。

そうしよう~双子葉(アジカン)~~~


という訳で、、、

色々複雑な思いが入り乱れてアレですが、明日、午後中に診察のある主治医に、治療入院の件を直接相談する事にしました。

延期…できるかな。
そしたらお腹が落ち着いた頃、トポテシン4コース目、だよ。


どうなるかな…。。。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム |  »

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。