おさかな日記

ステージ4の胃癌闘病だらだらブログ

  

 

カウンター

 

プロフィール

雅(みやび)

Author:雅(みやび)



愛知県在住、41歳、女。

38歳で胃癌を罹患。39歳の時、2014/1/17に胃全摘手術を受けました。
病期はステージ4、現在「クルケンベルグ腫瘍」進行中。
「SP療法」3コース、「IRIS療法」14コース、「XELOX療法」7コース、「サイラムザ療法」6コースを受け、標準治療終了。
現在は病院生活で緩和ケアを受けています。
カテゴリ「おおまかな病歴」を参照してください。

自身の記録を兼ねた、胃癌闘病…と呼ぶにはちょっとアレな、胃癌日記です。

ブログタイトルは、水族館が好きという趣味によります。
 

最初から読む

 

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
 

検索フォーム

 

カテゴリ

 

全記事表示リンク

 

最新コメント

 

QRコード

QR
 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 09. 06

親不知の虫歯治療、完了

今日、かかりつけの歯医者へ、例の左下親不知の虫歯治療に行って来ました。


えー、虫歯自体は、削ってセメント詰めて終了。
あっさり終わりました。…ちょびっと痛かったです(笑)。


それよりも、親不知について、歯医者の先生との話し合いの方が重要。

面倒なので(笑)個人的には早く抜きたい、と相談してみる。

先生の意見としては…
せっかく虫歯の治療をしたんだし、しばらくこのままで大丈夫。むしろ抜歯はすごく負担になるので、大丈夫なら急いで無理に抜かない方がいい、と。
胃がないならそんな食べれんでしょう?今すぐ抜かんでも…、と、体調も心配してくれました…。

で…、
抜く時には入院を絡めて抜歯の方がいいですか?とも尋ねる。
すると、私の親不知はまっすぐ生えてるので、抜歯自体は簡単に出来るからわざわざ入院で抜歯なんてしなくても大丈夫、との事。
その時はやってあげるよ、という、とても嬉しい事も言ってもらえました。
わ~やった~。先生にお願いできるのね~~(*^^*)


そんな訳で虫歯も治り、とりあえず親不知の件は終了。
どうにかなるまで、このままにしておく事になりました。

まぁいずれどうにかなって抜歯するにしても、かかりつけの歯医者で抜く事に決めましたよ~。
先生ありがとう~~やっぱり大好きっす(^O^)☆

面倒な話が片付いてスッキリ!
良かった良かった。


…まず、虫歯が進まないように、しっかり歯磨き、だな(笑)。
歯は大事、噛める喜びいつまでも、ってね。

歯を守りつつ、美味しく楽しく食べていきたいです。



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2014. 09. 01

親不知その後

えー、親不知抜歯の件ですが…

最終的に抜歯じゃなく、虫歯の治療をする事になりました。


先週水曜日の点滴治療入院前の診察の時。

左下の親不知が虫歯だから抜きたいんですが、抜いても別に大丈夫ですよね、と、軽~い気持ちで、親不知抜歯の話を主治医に話してみました。
すると、えっ誰に言われたの?と、急に怖い目つきの主治医。…歯の事は歯医者さんに言われたに決まってるってば(笑)。
で…、抜いた後の治りが悪くなる事もあるから、とりあえず明日院内歯科で一度診てもらって、とその場で予約を差し込み…、入院中の歯科口腔外科受診が急遽決定。

ええぇ~ケモ入院中に歯医者行くのかよ~~…( ̄△ ̄;)

…ただ親不知を抜きたいだけなのに…何だか面倒な話になってしまいました。
ううん。


翌日の木曜日午前中、院内歯科受診。
何と担当歯科医は旦那さんの主治医でした!(笑)夫婦揃って受診って…恥ずかし~わ~~。。。。(笑)

診察してもらい、歯科医と相談。
歯科医の見立てでも、親不知は抜歯の方向で大丈夫。
上の親不知がないのでこれは要らない歯。それに親不知は虫歯になりやすいし、治療してもいずれまた虫歯になる。前歯の治療はしっかりしてるので、抜歯で問題ない。むしろ抜いてしまった方が早い、との事。

しかし…抗癌剤治療が絡み、急に厄介な話に。

ただでさえ親不知抜歯は負担が大きいのに、免疫力が低下してる状況で抜くのはリスクが高い、と。この辺の数値的にも抜歯はギリギリだね、と、前日の血液検査の結果をパソコンでチェックしながらそう提言する歯科医。
で。
何かあった場合責任持ってもらえるなら、かかりつけの歯科で抜歯でも構わない、と。でも何があるか分からないので、院内歯科で抜歯の方が後々安心かな、と。
で、もし院内歯科で抜歯なら、日程を次の点滴治療入院に合わせて、抜歯後、もう前日からそのまま入院、とかもアリだね、と。入院云々の話は主治医と相談してみて、という流れに。
そして、どこで抜歯か、前日入院するかどうかはとりあえず置いといて…診察予約が埋まる前に、日程を確保する歯科医。
点滴抗癌剤治療のタイミングで、もうこの日しかないね、と、9/9火曜日16:30~に予約を取ってくれました。

は、話が早いなせんせー(笑)。
一気にこんな話になってしまいましたよ…。。。

歯科の診察は一旦終わり。
ともかく、かかりつけの歯医者の先生ともう一度キチンと相談してから、いろいろ決める事になりました。


個人的には、いつもお世話になってる歯医者の先生にお願いしたい。腕も良いし、面白い先生で大好きなんですわ(笑)。
でも、抜歯後のアフターケアとかを考えると院内歯科で抜歯~そのまま入院という歯科医の判断も意外とアリ…。たぶん抜いた痕が痛くてご飯食べられないから(笑)、最初から点滴で栄養確保、とかも入院ならできちゃうしなぁ。

非常に悩ましい(笑)。

で、とにかくすぐ、かかりつけの歯科先生に相談したかったのですが…あいにく休診日の木曜日…タイミング悪すぎ。。。連絡が取れず、1日1人で悶々としてました(笑)。


翌日金曜日。
朝一番でかかりつけの歯医者さんに連絡し…、先生と電話越しで相談。

すると…抗癌剤治療中だなんて知らなかったから簡単に抜歯だなんて言っちゃったよ…そうだったんだ、と、申し訳なさそうな声の先生。いやぁ、抜歯って言われた時すぐに相談すれば話は早かったんですがね~すんません…。
で。
歯も大事だけど、身体が弱ってる今、そんなに急いで抜かなくてもいいんじゃない?と。この前見た時ちょっと痩せたなって思ってたし…とりあえず虫歯の治療をして、もうちょっと治療が落ち着いて元気になってから抜歯、の方がいいよ、と。虫歯の治療をキチンとやっておけば、いずれ抜くとしてもそれまで大丈夫だから、と。

歯よりもまず、私の身体を第一に気遣う意見を出してくれました。
…ありがたい。泣ける(笑)。
やっぱいい先生だわ~一生ファンでいます(笑)。


そんな訳で。
かかりつけの先生の意見を取り入れ、抜歯でなく虫歯の治療をする事に決めました。


その後の朝の回診で主治医に報告。
すると、じゃあそうして、歯科にも直接連絡してもらった方が早いから後で受付寄ってね、と、あっさりな主治医(笑)。あの目つきは何だったんだ…(笑)まぁ専門は外科だからなぁ。歯の事は歯の専門に任す、で正解だわな確かに(笑)。

この日に退院だったので、帰りにそのまま歯科に寄り…タイミング良く担当歯科医と直接話せ、話の顛末を報告。じゃあそれで、と、歯科医もあっさり(笑)。
その場で予約もキャンセルし、院内歯科での抜歯の件は一旦白紙になりました。


いろいろめんどくさい話でしたよホント…。
抗癌剤云々もあるけど、やっぱり『抜歯』は身体への負担が大きいんですなぁ。まぁ、単純に痛いわな(笑)。
確かに今は、体力維持がやっと、というギリギリな状態。抜歯して食欲落ちたら元も子もなくなるわ。やべえ。

とりあえず、虫歯が進んだら(笑)、どうするかその時また考えますかな~。


個人的には、めんどうやで早よ抜いたって欲しいわ~~(笑)。さっさと片付けたい(笑)。

うーん、いつ頃なら抜けるかなぁ~( ̄_ ̄)。o〇



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



2014. 08. 26

親不知!?

昨日、3ヶ月に一度の歯のおそうじのため、歯医者行ってきました。

実は左下の親不知が虫歯です。
でも、虫歯はいつ見てもらってもさほど進行してなかったので、歯医者さん的にもずっと様子見だったのですが…
最近何となく、しみるようになってきちゃいました。。。
で、しみる事を相談するより先に、おそうじ担当の歯科衛生士さんが、「親不知の虫歯が前回よりも進んでますね~しみるでしょ、ここ」と、ズバリ。さすがプロ(笑)。
その後先生が確認してくれ…「もうこれ、抜いちゃってもいいんじゃない?」と。

うえー、マジで!?親不知抜くんですかー。

先生の説明によると、私は左上の親不知が生えてないので、抜いてしまっても噛み合わせ的に問題ないそうです。で、抜かなくてもいいけど、その場合は虫歯の治療。でもまぁ親不知だし、抜いちゃった方が早いよ、と。

抜歯か治療か、って…うーん、まぁ、抜歯かなここは。
治療だと通わなきゃで面倒だし、この機会にズバッと抜いておきたいかなぁ~。

でも、よくよく考えたら、抗癌剤治療が始まってしまうと、あんまり抜歯の環境的によろしくない状況かも、と…。
素人考えだけど、血小板が少なくなるので抜いてもなかなか血が止まらなかったり、白血球減って免疫下がるので化膿したりしそう…。うーん、考えすぎ???

そんな訳で、念のため明日の診察で主治医に確認してから抜歯を決める事にしました。
念のため、ね。

…ん?
ケモ入院の前日とかに抜歯したら、抜いた痕が痛くてご飯食べられなくても点滴で栄養補給できるし、病室でずっとゴロゴロできるし…逆にちょうどいいかも!?
おー、もし抜歯OKなら、そのように相談してみようかな。なかなかいい考えだ!


しかし、親不知か~。
偶然なんですが、今月初めに旦那さんが親不知を抜いたばかりなんですわ(笑)。
しかも左上下を、その日に2本一気に抜歯。痛い痛い!痛くて一週間ぐらい悶えてましたね…可哀想に。
で、旦那さんに続いて私も親不知って(笑)。続くなぁ(笑)。
人生初の親不知抜歯にめちゃビビってた旦那さんでしたが…私も抜く事になったら人生初だわ(笑)。でも、かなり痛そうだけど…まぁ、開腹手術よりは痛くないだろ(笑)(笑)。

歯は大事!
胃が無くなったので、胃の代わりになった口腔内は特に大事にせねば。
もっとちゃんと歯磨きせねばなぁ…。




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



 | ホーム | 

希望の差し入れ

もちろん 手ぶらで全然構わないのですが、もし何かどうしても、という事であれば
『希望のお見舞いの差し入れ』
があります。参考までにドウゾ。m(_ _)m

希望の差し入れ
 

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

 

『ケモ』とは

ケモ=Chemotherapy(ケモセラピー)

化学療法(がん細胞を殺傷する作用のある薬物を用いる治療法)を指す医療業界用語。
つまり、抗癌剤治療の事です。

ちなみにケモ室=化学療法室の通称。
日帰り(外来)で点滴抗癌剤治療を受ける専用の治療室の事を指します。
『外来化学療法室』『外来化学療法センター』などの名前が一般的ですが、医師や看護師などの医療関係者はほぼ「ケモ室」と呼ぶと思います。
 

社会制度

働けないのに闘病中でお金が掛かる人にとって重要な、社会制度についての記事です。

【その1:傷病手当金】
http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

【その2:障害年金】 http://osakana8989.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

個人の見解たっぷりですが、どなたかの参考になれば幸いです。
質問があれば遠慮無くドウゾ!
 

CNJ

 

吐き気に生姜

抗癌剤の主な副作用である吐き気には生姜が効くそうです。
抗癌剤投与3日前から、1日2回、0.5~1gが適量。
多量な摂取はかえって胸焼けを起こすそうなので、適量を守るのが吉。


 

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。